1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ?

2016年06月14日

激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は呼吸運動の調節に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ?

筋運動によって、筋および関節からの神経反射が起こり、また体温上昇、血液中の酸素(O2)濃度の低下による呼吸中枢の興奮が起こるためです。

 

〈目次〉

 

呼吸を増加させる因子は

安静時の体内酸素消費量は1分間に約300mLですが、運動時にはその10倍以上になります。運動初期には呼吸中枢が強く刺激されないために、他の組織から動員された酸素が補うことになります(酸素負債)。

しかし、筋運動が強くなり、酸素消費量が増加すると、他の組織からの酸素動員が追いつかず、血液中の酸素濃度が低下します。また、筋肉中の乳酸が分解され、血液のpHが増加し、間接的に呼吸中枢を刺激することになります。

そのほか、筋および関節からの神経反射や、体温上昇による呼気からの熱放散の上昇なども呼吸数を増加する因子となります。

これらの呼吸中枢刺激により、呼吸数が増加し、また呼吸の深さも増大します。

 

呼吸運動の調節は

呼吸運動の調節を簡単に説明します。

中枢性化学性調節

呼吸運動の調節は中枢を流れる血液の温度、成分によって影響され、血液の温度上昇、二酸化炭素の増加、pHの減少によって中枢が興奮し、呼吸運動が促進されますが、中枢は二酸化炭素に対する感受性が最も強いと考えられます(図1参照)。

図1主な呼吸の調節

主な呼吸の調節

 

末梢性化学性調節

動脈球など、血液中の二酸化炭素の増加および酸素の減少に対して感受性を有する化学受容体による呼吸運動の調節(図1参照)。

 

肺迷走神経反射〔へーリング・ブロイアー(Hering Breuer)反射〕

肺には伸展あるいは収縮によって興奮する2種の張力受容器があります。1つは、肺がある程度伸展すると興奮する受容器であり、ここからの刺激が呼吸中枢に伝えられると、吸息中枢の興奮を中止させて呼息を起こさせます。もう1つは、肺が安静吸息時よりも2倍以上拡容したとき、および過度に収縮したときに興奮する受容器で、ここからの刺激は吸息中枢の興奮性を高めるように働きます。

 

頚動脈洞および大動脈弓反射

頚動脈洞および大動脈弓には血圧に対する圧受容体があります。血圧が上昇すると呼吸運動は抑制され、下降すると呼吸運動は促進されますが、生理的範囲の血圧変動では効果は少なく、主として循環系の調節を行なっています。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 末梢循環不全のある部位でSpO2測定を避けるのはなぜ? [06/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はパルスオキシメータの測定に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   末梢循環不全のある部位でSpO2測定を避けるのはなぜ? 末梢循... [ 記事を読む ]

  • SpO2が90%以下のときに、早急な対応が必要なのはなぜ? [06/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はSpO2に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   SpO2が90%以下のときに、早急な対応が必要なのはなぜ? SpO2が90%と... [ 記事を読む ]

  • 激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ? [06/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸運動の調節に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ? 筋運動によって、筋お...

  • 年齢により呼吸数が異なるのはなぜ? [06/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は年齢による呼吸数の変化に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   年齢により呼吸数が異なるのはなぜ? 新生児から学童期までは肺の発... [ 記事を読む ]

  • 呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ? [06/07up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸のメカニズムに関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ? 呼吸の周期... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • シスプラチン+ペメトレキセド療法(看護・ケアのポイント)/肺がん [06/05up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「シスプラチン+ペメトレキセド療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『シスプラチン+... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 胸腔ドレナージ | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [07/16up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は胸腔ドレナージについて説明します。 中島 淳 東京大学大学院医学系研究科呼吸器外科学教授 宇野光子 東京大学医学部付属病院看護部副看護部長、皮膚... [ 記事を読む ]

  • NPPV使用中の観察項目は? [12/09up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NPPV使用中の観察項目」に関するQ&Aです。 NPPV使用中の観察項目は? 設定、アラーム、リークや換気量などの患者データ、合併症や自覚症状などを... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔) [10/26up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1306
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1183
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1107
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1079
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
980
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
824
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4315

ペースメーカーのペーシングモードが「VDD」の場合、センシング部位は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.心房
  • 2.心室
  • 3.心房と心室の両方
  • 4.センシング機能なし
今日のクイズに挑戦!