1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 熱があると心拍動数が増えるのはなぜ?

2016年04月22日

熱があると心拍動数が増えるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は発熱時の心拍動数増加に関するQ&Aです。

熱があると心拍動数が増えるのはなぜ?

心筋自体の興奮性が亢進され、また心筋代謝も増加するためです。

 

〈目次〉

 

心拍動数の増加をきたす要因は

心拍動数(以下心拍数)の増加をきたす要因としては、

  1. 交感神経系の興奮
  2. 甲状腺機能亢進
  3. 体温の上昇

などがあげられます。

これは主に洞結節という心臓の刺激伝導系で、最も早く刺激が発生する部位での興奮性の亢進によるもので、洞性頻脈とよばれています。そのほかに、種々の不整脈で心拍数の増加が出現することもあります。

 

体温の上昇で心拍数が増加するのは

体温の上昇の場合、心筋の代謝が亢進されるだけでなく、心筋自体も興奮性が亢進するため、心拍数が増加するといわれています。おおよそ体温が40℃くらいまでは、体温が0.5℃上昇するごとに、心拍数は1分間に10回程度の割合で上昇します。

40℃を超えると、熱のために心筋自体の機能が低下し、心拍数は逆に減少することがあります。さらに、心拍数の増加によって皮膚の血流量が増加するので、体熱放散を亢進し、体温の低下と体温の恒常性を保つことができます。

これも体温の上昇による心拍数増加に関係しています。

一般的に体温の高いときは、交感神経の興奮やアドレナリン分泌は減少し、体熱の産生が抑制されるため、心拍数自体は減少します。しかし、実際には心筋の興奮性亢進による心拍数増加のほうが目立つようです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 保温をする際、1時間に1度程度、体温が上昇するように行うのはなぜ? [05/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は保温に関するQ&Aです。 保温をする際、1時間に1度程度、体温が上昇するように行うのはなぜ? 低体温状態から急激に体温を上げると、末梢血管の拡張による血圧低下に... [ 記事を読む ]

  • 熱があると呼吸数が増えるのはなぜ? [04/26up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時の呼吸数増加に関するQ&Aです。 熱があると呼吸数が増えるのはなぜ? 呼吸数の増加により、水分蒸発や伝導による体熱放散を増大させ、体温の低下をはかるためで... [ 記事を読む ]

  • 熱があると心拍動数が増えるのはなぜ? [04/22up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時の心拍動数増加に関するQ&Aです。 熱があると心拍動数が増えるのはなぜ? 心筋自体の興奮性が亢進され、また心筋代謝も増加するためです。   ...

  • 熱が下がるとき、汗が出るのはなぜ? [04/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は解熱時の発汗に関するQ&Aです。 熱が下がるとき、汗が出るのはなぜ? 体温調節中枢の調節レベルが、正常状態に戻ろうとして体温を下げるために、体熱の放射を促し発汗... [ 記事を読む ]

  • 体温が急激に上がるとき、汗が出るのはなぜ? [04/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱による発汗に関するQ&Aです。 体温が急激に上がるとき、汗が出るのはなぜ? 水分の蒸発による体熱の放散を促し、体温の恒常性を維持するためです。  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • めまいに関するQ&A [01/15up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「めまい」に関するQ&Aです。 めまいの患者からの訴え 「めまいがします」 「くらくらします」 「目が回ります」 「ふわふわします」 ... [ 記事を読む ]

  • その症状、もしかしたらマムシ咬傷かも?!|キケンな動植物による患者の症状【9】 [08/22up]

    嘔吐や気分不良など、中毒症状を訴えて来院する患者の中には、まれに「え?これが?」と驚くようなものが原因の場合があります。 この連載では、外来などで比較的遭遇する確率の高い意外な原因について、特徴的な症状や気を付けておきたいポイント... [ 記事を読む ]

  • 平均皮膚温と平均体温|体温とその調節 [11/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 発汗|体温とその調節 今回は、平均皮膚温と平均体温について解説します。 〈目次〉 核心温と外層温 サーカディアン・... [ 記事を読む ]

  • 認知症に関するQ&A [01/01up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「認知症」に関するQ&Aです。 認知症の患者からの訴え 「もの忘れが激しくなりました」 「家に戻る道が分からなくて迷いました」  ... [ 記事を読む ]

  • 動悸に関するQ&A [09/04up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「動悸」に関するQ&Aです。 動悸を感じる患者からの訴え 「心臓がドキドキします」 「胸に違和感があります」 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
689
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2386

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!