1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ?

2016年03月28日

成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は正常体温に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃と決まっているのはなぜ?

生命維持をしていくための新陳代謝にとって、37℃前後が適温であるためです。

 

〈目次〉

 

身体の新陳代謝と体温の関係

身体は、生命を維持するために絶えず新陳代謝を行なっています。その新陳代謝は酵素の作用によって調整されており、この酵素の働きを一定に保持し、化学反応を一定に保つには、一定の温度が必要となります。

一般に、温度が10℃上昇すると化学反応の速度は2倍になるといわれるように、体温が変われば、体内の化学反応のスピードも大きな影響を受けることがわかります。

 

一定の体温を維持するには

身体の細胞は、34℃以下または40℃以上になると機能に重大な変化をきたし、40~42℃が数時間続くと死に至ることもあります。とくに中枢神経系の細胞は、40℃を超えると正常に機能できないといわれています。

したがって、体温を外界気温より高い状態におき、かつ、できるだけ一定の体温を維持することが、細胞活動、酵素活動を能率よくし、生命を維持していくうえで不可欠です。

また、ヒトの体温は、たとえ環境条件や生体の活動が著しく変化しても、狭い一定の範囲でしか変動を示しません。その理由は、視床下部にある体温調節中枢が、常に化学的な熱産生量と物理的な熱放散量とのバランスを保つようにして、生体の体温を37℃ぐらいに調節しているわけです。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 正常な体温でも、1日のうちで体温に差があるのはなぜ? [04/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の日内変動に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   正常な体温でも、1日のうちで体温に差があるのはなぜ? 基礎代謝以外に、運... [ 記事を読む ]

  • 側臥位では上側の腋窩温のほうが高いのはなぜ? [03/31up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は側臥位の腋窩温に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   側臥位では上側の腋窩温のほうが高いのはなぜ? 側臥位をとると圧反射が起こ... [ 記事を読む ]

  • 成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ? [03/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は正常体温に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃と決まっているのはなぜ? 生命維持をして...

  • 腋窩温は10分間、口腔温は5分間、直腸温は3分間測定するのはなぜ? [03/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の測定時間に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   腋窩温は10分間、口腔温は5分間、直腸温は3分間測定するのはなぜ? 各測... [ 記事を読む ]

  • 体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? [03/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の測定部位による温度差に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? 測定部位によっ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 副腎髄質ホルモン|内分泌 [02/17up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 副腎... [ 記事を読む ]

  • 異化作用って具体的にはどういうこと? [01/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「異化作用」に関するQ&Aです。 異化作用って具体的にはどういうこと? 同化作用とは同化作用とは逆に、自分の体の成分を分解して異なる物質に変える過程を異化作用といいま... [ 記事を読む ]

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊さ... [ 記事を読む ]

  • 糖質はどのような形で吸収されるの? [02/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の吸収に関するQ&Aです。 糖質はどのような形で吸収されるの? 糖質は炭水化物とも呼ばれ、単糖(たんとう)、少糖(しょとう)、多糖(たとう)に分けられます。 ... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? [09/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? 甲状腺機能が亢進すると物質代謝や基礎代謝量が増大するため、心拍... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

【音声あり】気管支喘息の聴診音って?

気管支喘息の特徴「笛音」を実際に聞いて確かめてみてね! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1203
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
851
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1093
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
1077
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
916
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日

あなたの施設で退職時期、決められてますか?

投票数:
760
実施期間:
2019年05月24日 2019年06月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3157

蘇生や呼吸補助が必要な新生児にパルスオキシメータを装着する四肢はどれでしょうか?

  • 1.左手
  • 2.右手
  • 3.左足
  • 4.右足
今日のクイズに挑戦!