1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ?

2016年03月28日

成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は正常体温に関するQ&Aです。

成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃と決まっているのはなぜ?

生命維持をしていくための新陳代謝にとって、37℃前後が適温であるためです。

 

〈目次〉

 

身体の新陳代謝と体温の関係

身体は、生命を維持するために絶えず新陳代謝を行なっています。その新陳代謝は酵素の作用によって調整されており、この酵素の働きを一定に保持し、化学反応を一定に保つには、一定の温度が必要となります。

一般に、温度が10℃上昇すると化学反応の速度は2倍になるといわれるように、体温が変われば、体内の化学反応のスピードも大きな影響を受けることがわかります。

 

一定の体温を維持するには

身体の細胞は、34℃以下または40℃以上になると機能に重大な変化をきたし、40~42℃が数時間続くと死に至ることもあります。とくに中枢神経系の細胞は、40℃を超えると正常に機能できないといわれています。

したがって、体温を外界気温より高い状態におき、かつ、できるだけ一定の体温を維持することが、細胞活動、酵素活動を能率よくし、生命を維持していくうえで不可欠です。

また、ヒトの体温は、たとえ環境条件や生体の活動が著しく変化しても、狭い一定の範囲でしか変動を示しません。その理由は、視床下部にある体温調節中枢が、常に化学的な熱産生量と物理的な熱放散量とのバランスを保つようにして、生体の体温を37℃ぐらいに調節しているわけです。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 正常な体温でも、1日のうちで体温に差があるのはなぜ? [04/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の日内変動に関するQ&Aです。 正常な体温でも、1日のうちで体温に差があるのはなぜ? 基礎代謝以外に、運動、食事、精神活動などの影響や外界の気温の変化による... [ 記事を読む ]

  • 側臥位では上側の腋窩温のほうが高いのはなぜ? [03/31up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は側臥位の腋窩温に関するQ&Aです。 側臥位では上側の腋窩温のほうが高いのはなぜ? 側臥位をとると圧反射が起こり、身体の上方の働きが促進されたり、腋窩動脈の直径が... [ 記事を読む ]

  • 成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃ と決まっているのはなぜ? [03/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は正常体温に関するQ&Aです。 成人の正常体温が、腋窩温で36~37℃と決まっているのはなぜ? 生命維持をしていくための新陳代謝にとって、37℃前後が適温であるた...

  • 腋窩温は10分間、口腔温は5分間、直腸温は3分間測定するのはなぜ? [03/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の測定時間に関するQ&Aです。 腋窩温は10分間、口腔温は5分間、直腸温は3分間測定するのはなぜ? 各測定部位によって飽和に達するまでの温度の上昇時間が異な... [ 記事を読む ]

  • 体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? [03/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温の測定部位による温度差に関するQ&Aです。 体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? 測定部位によって熱の産生や放熱の程度が異なるためです。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 異化作用って具体的にはどういうこと? [01/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「異化作用」に関するQ&Aです。 異化作用って具体的にはどういうこと? 同化作用とは同化作用とは逆に、自分の体の成分を分解して異なる物質に変える過程を異化作用といいま... [ 記事を読む ]

  • 副腎髄質ホルモン|内分泌 [02/17up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。 〈目次〉 副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕 カテコールアミン... [ 記事を読む ]

  • ホルモンはどのような働きをするの? [07/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの働き」に関するQ&Aです。 ホルモンはどのような働きをするの? ホルモンの作用は、そのホルモンが結合する受容体を持つ標的細胞に作用し、特定の酵素の合成を盛... [ 記事を読む ]

  • 内分泌機能検査|検体検査(血液検査) [06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、内分泌機能検査について解説します。 〈目次〉 内分泌機能検査とはどんな検査か 下垂体機能検査 ・成長ホルモン(GH) ・プロラクチン(PRL) ・... [ 記事を読む ]

  • 成長ホルモン(GH:growth hormone)|ホルモン | 検査値早わかりガイド [09/16up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、成長ホルモン(GH:growth hormone)について解説します。   成長ホルモン(GH:growth hormone)の基準値 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1313
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1307
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1234
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1120
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
977
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
933
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
346
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3334

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!