1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 腋窩、口腔、直腸のそれぞれに測定する部位が決まっているのはなぜ?

2016年03月14日

腋窩、口腔、直腸のそれぞれに測定する部位が決まっているのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は体温に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

腋窩、口腔直腸のそれぞれに測定する部位が決まっているのはなぜ?

同じ測定部位でも温度差があるためです。

 

〈目次〉

 

測定部位が決まっているのは

体温の測定の原則は、なるべく高温部位で測定することです。そのため、同じ測定部位においても温度分布を知り、温度の高い部位で測定しなければなりません(図1参照)。

図1部位による温度分布

部位による温度分布

 

腋窩検温の測定部位は

腋窩の皮膚温の分布は、腋窩の深部が最も高く、次に上腕二頭筋および大胸筋で、最も低いのは、上腕三頭筋および広背筋です。

したがって、体温計の先端部の金属キャップを、腋窩の真ん中よりもむしろ心持ち前のほうに当てることが必要です。挿入方向は、前下方から後上方に向かって、なるべく腕の長軸に平行に近いように挿入し、体温計の先が後ろに突き出ないように注意します。

 

口腔検温の測定部位は

口腔も腋窩と同様、場所によって温度差があります。最も高いのは舌下であり、体温計を挿入する際、先端部をやや奥のほうに当てるようにして斜めに挿入します。

 

直腸検温の測定部位は

直腸の検温で最も大切なことは、挿入の深さです。浅く挿入するよりは、深く挿入するほうが高温を得られるわけですが、普通、成人では5cm、乳児では2~3cmといわれています。

それ以上深く挿入すると直腸を傷つけてしまうため注意が必要です。そのため体温計に目印をつけておくと、いつも一定の深さで測定することができます。

 

鼓膜検温の測定部位は

鼓膜から放射されている赤外線をセンサーが瞬時に検出し、鼓膜温を測定しています。

じっとしていることが難しい乳幼児では、短時間(約1~3秒)で測定できること、外耳道が短く太いため鼓膜を捉えやすいといった理由から利用されています。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

【音声あり】気管支喘息の聴診音って?

気管支喘息の特徴「笛音」を実際に聞いて確かめてみてね! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1203
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
851
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1093
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
1077
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
916
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日

あなたの施設で退職時期、決められてますか?

投票数:
759
実施期間:
2019年05月24日 2019年06月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2924

蘇生や呼吸補助が必要な新生児にパルスオキシメータを装着する四肢はどれでしょうか?

  • 1.左手
  • 2.右手
  • 3.左足
  • 4.右足
今日のクイズに挑戦!