1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 嗅覚、味覚|感覚

2017年05月19日

嗅覚、味覚|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、嗅覚、味覚について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 嗅覚は、におい分子をの嗅覚受容器で感じる。
  • 味覚は、味分子(イオン)を舌の味蕾で感じる。

 

はじめに

嗅覚は、他の特殊感覚と異なり、気体分子が刺激になる。

嗅覚の受容器は嗅覚専用としてあるのではなく、鼻腔粘膜上部に嗅部として存在する。この嗅部の上皮細胞に嗅細胞がある。この嗅細胞は双極細胞で、細胞体から両方向に軸索が伸びている。片方の神経線維の先端には嗅毛があり、におい分子を感知する(図1)。

もう一方の神経線維の先端は大脳皮質前頭葉下面にある嗅球(きゅうきゅう)を通り、大脳皮質の嗅覚野に達する。

図1嗅細胞

嗅細胞

(増田敦子:身体のしくみとはたらき.p.154、サイオ出版、2015)

 

嗅覚受容器がGタンパク質共役型(代謝調節型)受容体の一種であることを明らかにし、その遺伝子を同定したリチャード・アクセル(アメリカ1946~)とリンダ・バック(アメリカ1947~)は2004年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

味覚の受容器は、嗅覚の場合と同様、味覚専用としてあるのではなく、舌にある。

舌の表面には舌乳頭とよばれる構造があり、味覚の受容器である味蕾(みらい)がある。味蕾も双極細胞の形をしていて、片方の神経線維の先端には味毛があり、味分子(イオンもある)を感知する。もう一方の神経線維の先端は味覚神経線維として大脳皮質の味覚野に達する。舌には、味蕾が多数存在する部位があり、いずれの味に対しても感受性が高い(図2)。

図2味蕾の構造

味蕾の構造

 

 

においと記憶

においをかいだとき連想して何か思い出すことがある。これは嗅球が記憶に関係する海馬の近くにあるからである。

 

アロマセラピー

グレープフルーツなどの香りには、脂肪分解、熱産生および異化の亢進を起こすなどの交感神経興奮作用がある。ラベンダーなどの香りには、消化作用の促進および同化の亢進を起こすなどの副交感神経興奮作用があることが知られている。

香りを用いてストレスを解消したり心身をリラックスさせたりすることをアロマセラピー aromatherapy という。

 

味覚と亜鉛

高齢になると味が分かりにくくなるということがある。その原因のなかに亜鉛の欠乏によるものがある。亜鉛が欠乏すると味蕾の細胞が減少すると考えられている。

亜鉛は緑茶、抹茶、ごま、魚介類、海草、豆類など高齢者が好む食品に多いのでバランスのよい食事をしていれば、特に欠乏することはない。味覚の減退には、高齢に伴う唾液の分泌低下も関係している。

 

NursingEye

アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患、脳腫瘍、アルコール中毒、てんかん統合失調症などで嗅覚情報の処理が正常に行えず、嗅覚減退、嗅覚過敏、嗅覚錯誤などを起こすことがある。

上記の疾患で同様に、味覚減退、味覚過敏、味覚錯誤などを起こすことがある。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

関連記事

  • 自律神経の自律とはどういう意味? [01/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     自律神経の自律とはどういう意味? 自律というのは、哲学では理性... [ 記事を読む ]

  • 脳槽ドレーン | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [05/28up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は脳槽ドレーンについて説明します。   藤巻高光 埼玉医科大学医学部脳神経外科教授 大内道晴 埼玉医科大学国際医療センター看護部(CICU)看護師長... [ 記事を読む ]

  • アドソン鑷子|鑷子(2) [06/22up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『アドソン鑷子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)|脳神経外科手術器械(1) [06/29up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1299
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1315
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1193
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
929
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
600
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者268

◆消化器の問題◆ドレーン挿入中の観察とアセスメントとして適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.ドレーン挿入部の皮膚周囲に発赤や熱感を認めたら、感染ではなく縫合不全を疑う。
  • 2.直腸切除後のダグラス窩ドレーンから膿汁の排液を認めたら、腹腔内感染を疑う。
  • 3.術直後の観察でドレーンから100mL/時以上の血性排液を認めたら、術後出血を疑う。
  • 4.胸腔ドレナージ中に水封室の呼吸性移動が見られない場合は、ドレーンの閉塞を疑う。
今日のクイズに挑戦!