1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 嗅覚、味覚|感覚

2017年05月19日

嗅覚、味覚|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、嗅覚、味覚について解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 嗅覚は、におい分子を鼻の嗅覚受容器で感じる。
  • 味覚は、味分子(イオン)を舌の味蕾で感じる。

 

はじめに

嗅覚は、他の特殊感覚と異なり、気体分子が刺激になる。

嗅覚の受容器は嗅覚専用としてあるのではなく、鼻腔粘膜上部に嗅部として存在する。この嗅部の上皮細胞に嗅細胞がある。この嗅細胞は双極細胞で、細胞体から両方向に軸索が伸びている。片方の神経線維の先端には嗅毛があり、におい分子を感知する(図1)。

もう一方の神経線維の先端は大脳皮質前頭葉下面にある嗅球(きゅうきゅう)を通り、大脳皮質の嗅覚野に達する。

図1嗅細胞

嗅細胞

(増田敦子:身体のしくみとはたらき.p.154、サイオ出版、2015)

 

嗅覚受容器がGタンパク質共役型(代謝調節型)受容体の一種であることを明らかにし、その遺伝子を同定したリチャード・アクセル(アメリカ1946~)とリンダ・バック(アメリカ1947~)は2004年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

味覚の受容器は、嗅覚の場合と同様、味覚専用としてあるのではなく、舌にある。

舌の表面には舌乳頭とよばれる構造があり、味覚の受容器である味蕾(みらい)がある。味蕾も双極細胞の形をしていて、片方の神経線維の先端には味毛があり、味分子(イオンもある)を感知する。もう一方の神経線維の先端は味覚神経線維として大脳皮質の味覚野に達する。舌には、味蕾が多数存在する部位があり、いずれの味に対しても感受性が高い(図2)。

図2味蕾の構造

味蕾の構造

 

 

においと記憶

においをかいだとき連想して何か思い出すことがある。これは嗅球が記憶に関係する海馬の近くにあるからである。

 

アロマセラピー

グレープフルーツなどの香りには、脂肪分解、熱産生および異化亢進を起こすなどの交感神経興奮作用がある。ラベンダーなどの香りには、消化作用の促進および同化の亢進を起こすなどの副交感神経興奮作用があることが知られている。

香りを用いてストレスを解消したり心身をリラックスさせたりすることをアロマセラピー aromatherapy という。

 

味覚と亜鉛

高齢になると味が分かりにくくなるということがある。その原因のなかに亜鉛の欠乏によるものがある。亜鉛が欠乏すると味蕾の細胞が減少すると考えられている。

亜鉛は緑茶、抹茶、ごま、魚介類、海草、豆類など高齢者が好む食品に多いのでバランスのよい食事をしていれば、特に欠乏することはない。味覚の減退には、高齢に伴う唾液の分泌低下も関係している。

 

NursingEye

アルツハイマー病パーキンソン病などの神経変性疾患、脳腫瘍、アルコール中毒、てんかん、統合失調症などで嗅覚情報の処理が正常に行えず、嗅覚減退、嗅覚過敏、嗅覚錯誤などを起こすことがある。

上記の疾患で同様に、味覚減退、味覚過敏、味覚錯誤などを起こすことがある。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

関連記事

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

  • 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する恒常性のはたらき(2) [12/17up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経とホルモンによる調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 神経の構造 [09/14up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は神経の構造について解説します。 〈目次〉 1.神経の構造 2.神経細胞(ニューロン) 3.神経膠細胞(グリア細胞) 4.末梢神経 ... [ 記事を読む ]

  • 腰椎穿刺(脳脊髄液検査)|脳・神経系の検査 [08/25up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、腰椎穿刺(脳脊髄液検査)について解説します。   〈目次〉 腰椎穿刺とはどんな検査か 腰椎穿刺の目的 腰椎穿刺の実際 腰椎穿刺前... [ 記事を読む ]

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
830
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
450
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
406
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
521
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2217

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!