1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 嗅覚、味覚|感覚

2017年05月19日

嗅覚、味覚|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、嗅覚、味覚について解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 嗅覚は、におい分子を鼻の嗅覚受容器で感じる。
  • 味覚は、味分子(イオン)を舌の味蕾で感じる。

 

はじめに

嗅覚は、他の特殊感覚と異なり、気体分子が刺激になる。

嗅覚の受容器は嗅覚専用としてあるのではなく、鼻腔粘膜上部に嗅部として存在する。この嗅部の上皮細胞に嗅細胞がある。この嗅細胞は双極細胞で、細胞体から両方向に軸索が伸びている。片方の神経線維の先端には嗅毛があり、におい分子を感知する(図1)。

もう一方の神経線維の先端は大脳皮質前頭葉下面にある嗅球(きゅうきゅう)を通り、大脳皮質の嗅覚野に達する。

図1嗅細胞

嗅細胞

(増田敦子:身体のしくみとはたらき.p.154、サイオ出版、2015)

 

嗅覚受容器がGタンパク質共役型(代謝調節型)受容体の一種であることを明らかにし、その遺伝子を同定したリチャード・アクセル(アメリカ1946~)とリンダ・バック(アメリカ1947~)は2004年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

味覚の受容器は、嗅覚の場合と同様、味覚専用としてあるのではなく、舌にある。

舌の表面には舌乳頭とよばれる構造があり、味覚の受容器である味蕾(みらい)がある。味蕾も双極細胞の形をしていて、片方の神経線維の先端には味毛があり、味分子(イオンもある)を感知する。もう一方の神経線維の先端は味覚神経線維として大脳皮質の味覚野に達する。舌には、味蕾が多数存在する部位があり、いずれの味に対しても感受性が高い(図2)。

図2味蕾の構造

味蕾の構造

 

 

においと記憶

においをかいだとき連想して何か思い出すことがある。これは嗅球が記憶に関係する海馬の近くにあるからである。

 

アロマセラピー

グレープフルーツなどの香りには、脂肪分解、熱産生および異化の亢進を起こすなどの交感神経興奮作用がある。ラベンダーなどの香りには、消化作用の促進および同化の亢進を起こすなどの副交感神経興奮作用があることが知られている。

香りを用いてストレスを解消したり心身をリラックスさせたりすることをアロマセラピー aromatherapy という。

 

味覚と亜鉛

高齢になると味が分かりにくくなるということがある。その原因のなかに亜鉛の欠乏によるものがある。亜鉛が欠乏すると味蕾の細胞が減少すると考えられている。

亜鉛は緑茶、抹茶、ごま、魚介類、海草、豆類など高齢者が好む食品に多いのでバランスのよい食事をしていれば、特に欠乏することはない。味覚の減退には、高齢に伴う唾液の分泌低下も関係している。

 

NursingEye

アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患、脳腫瘍、アルコール中毒、てんかん統合失調症などで嗅覚情報の処理が正常に行えず、嗅覚減退、嗅覚過敏、嗅覚錯誤などを起こすことがある。

上記の疾患で同様に、味覚減退、味覚過敏、味覚錯誤などを起こすことがある。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

関連記事

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 頭痛に関するQ&A [12/11up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「頭痛」に関するQ&Aです。 頭痛の患者からの訴え 「頭痛がします」   〈頭痛に関連する症状〉   〈目次... [ 記事を読む ]

  • 高次機能(失語,失行,失認 )の診察 [03/29up]

    脳神経外科看護の専門誌『BRAIN』2012年6月号<“なんとなく”はもう卒業! 今日からわかる神経所見のとり方 >より抜粋。 高次機能(失語,失行,失認 )の診察について解説します。 Point 「失語」と... [ 記事を読む ]

  • 感覚障害の診察 [12/08up]

    『BRAIN』2012年6月号<今日からわかる神経所見のとり方>より抜粋。 感覚障害の診察について解説します。   Point 感覚障害を診察する場合,①左右差,②上肢と下肢の差,③近位部と遠位部の差に... [ 記事を読む ]

  • 聴覚と嗅覚のメカニズム――耳と鼻|感じる・考える(4) [09/12up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) 解剖生理学の面白さを知るため、視覚(... [ 記事を読む ]

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
923
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
621
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
536
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
648
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
390
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1751

以下の二次救命処置についての説明で、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.末梢からの静脈路が確保できない場合は、医師に中心静脈路の確保を依頼する。
  • 2.アドレナリンは 1 回0.5mgを静脈内投与し、3~5分間隔で追加投与する。
  • 3.心肺蘇生中の気管チューブの位置確認には、呼気CO2モニターは必要がない。
  • 4.気管挿管後は、胸骨圧迫と人工呼吸は非同期とし、連続した胸骨圧迫を行う。
今日のクイズに挑戦!