1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 感覚の種類|感覚

2017年04月21日

感覚の種類|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、感覚の種類について解説します。

 

〈目次〉

 

Summary

  • 感覚は生体の恒常性を保つために必要な機能である。
  • 感覚は、特殊感覚、体性感覚および内臓感覚に大別される。
  • 特殊感覚には視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚および味覚があり、受容器がそれぞれの特定部位に限局している。
  • 体性感覚には皮膚感覚と筋感覚があり、受容器が体全体に分布している。
  • 内臓感覚には内臓痛覚と臓器感覚があり、受容器が内臓に分布している。
  • 受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路とよぶ。
  • 感覚伝導路には、3つの求心性ニューロンからなる、視床を経由するという共通した特徴がある。

 

感覚とは

感覚は、生体内の変化あるいは生体に対する刺激に反応して生体の恒常性を保つために必要な機能である。その変化や刺激を感知するのが感覚受容器である。

刺激や変化を感知するのは受容器であるが、感じるのは脳(大脳皮質)にある感覚中枢 sensory center である。感覚受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路 sensory tract という。感覚伝導路には、感覚の種類によらず以下の共通性がある。

  1. 3つの求心性ニューロンから構成される。
  2. 視床を経由する。

 

恒常性

生体の血液ガス、体温、血圧、体液量、電解質濃度などが一定に保たれることを恒常性ホメオスタシス homeostasis)という。ホメオスタシスという言葉は、キャノン(Walter Bradford Cannon 、1871~1945)の著書『からだの知恵(Wisdom of the Body)』(舘 鄰、舘 澄江訳、講談社学術文庫)でよく知られている。この著書のなかでキャノンは、1923年のハーヴェイ(William Harvey、1578~1657)追悼記念講演会で聴いたスターリング(Ernest Henry Starling、1866~1927)の「からだの知恵」と題した講演に感銘し、著書の題名にしたと書いている。

このホメオスタシスを維持するために必要な機能が感覚である。生体内の変化あるいは生体に迫る危険を感知して、ホメオスタシスを維持するように反応しないと生命を維持できない。

感覚には、表1のような種類がある。

表1感覚の分類

感覚の分類

 

感覚神経

神経線維をガッサー Gasser の分類およびロイド Lloyd の分類で整理すると表2になる。

表2神経線維の分類

 

このなかで感覚受容器で感知した刺激を感覚中枢に伝えるのが感覚神経で、ロイドの分類ではローマ数字で標記される。

 

五感

視覚、聴覚、嗅覚、味覚および触覚の5つの感覚を五感 five senses という。触覚以外は特殊感覚である。特殊感覚というが、これらの感覚は最も身近な感覚であり、この特殊という言葉は、それらの感覚受容器が特殊な部位に局在しているという意味である。

 

NursingEye

視床出血は高血圧で起こりやすい脳出血である。視床が感覚伝導路の中継であるため、視床出血の結果、感覚障害が起こる。感覚情報は主として反対側の大脳皮質に伝わるので、対側半身の感覚障害が起こる。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

関連記事

  • 脳波って何? [11/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳波」に関するQ&Aです。 脳波って何? 大脳皮質からは常に微弱な電気信号が出されており、大脳の働きや精神状態によってその周波数が微妙に変化しています。この電気信号... [ 記事を読む ]

  • 腰椎穿刺(脳脊髄液検査)|脳・神経系の検査 [08/25up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、腰椎穿刺(脳脊髄液検査)について解説します。   〈目次〉 腰椎穿刺とはどんな検査か 腰椎穿刺の目的 腰椎穿刺の実際 腰椎穿刺前... [ 記事を読む ]

  • 大脳半球って何? [10/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「大脳半球」に関するQ&Aです。 大脳半球って何? 脳のなかで最も大きなスペースを占めるのが大脳半球です。 大脳半球は、脳を覆っている頭蓋骨のそれぞれの名前をと... [ 記事を読む ]

  • 重症筋無力症に関するQ&A [10/19up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「重症筋無力症」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.重症筋無力症ってどんな病気? 2.重症筋無力症って何が原因なの? 3.重症筋無力症ってどん... [ 記事を読む ]

  • 間脳はどんな役割を果たしているの? [11/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「間脳」に関するQ&Aです。 間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの? 大脳の深部に位置しているのが間脳です。間脳は、視床、視床下部などから成り立っています。左... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴ルート固定「どうしても落ちないとき」の工夫

「どうしても落ちないときのちょっとしたコツ」を伝授します! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

勤務中によくなくすものは?

投票数:
1007
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
886
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
556
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
413
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
607
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2107

87歳女性のAさんは、5年前からアルツハイマー型認知症があり、現在FAST stage6です。食欲不振にて入院となりました。時々、昼夜問わず病室の前をうろうろしており、トイレの場所が分からないのかと思い、トイレに誘導しましたが、便器の前で立ったままそわそわしています。「ズボンを下ろしましょう」と次の動作を伝えると排泄動作を行うことができました。 下線の状況から最も考えられる認知症の中核症状は、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

  • 1.記憶障害
  • 2.失行
  • 3.実行機能障害
  • 4.失認
今日のクイズに挑戦!