1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 感覚の種類|感覚

2017年04月21日

感覚の種類|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、感覚の種類について解説します。

 

〈目次〉

 

Summary

  • 感覚は生体の恒常性を保つために必要な機能である。
  • 感覚は、特殊感覚、体性感覚および内臓感覚に大別される。
  • 特殊感覚には視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚および味覚があり、受容器がそれぞれの特定部位に限局している。
  • 体性感覚には皮膚感覚と筋感覚があり、受容器が体全体に分布している。
  • 内臓感覚には内臓痛覚と臓器感覚があり、受容器が内臓に分布している。
  • 受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路とよぶ。
  • 感覚伝導路には、3つの求心性ニューロンからなる、視床を経由するという共通した特徴がある。

 

感覚とは

感覚は、生体内の変化あるいは生体に対する刺激に反応して生体の恒常性を保つために必要な機能である。その変化や刺激を感知するのが感覚受容器である。

刺激や変化を感知するのは受容器であるが、感じるのは脳(大脳皮質)にある感覚中枢 sensory center である。感覚受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路 sensory tract という。感覚伝導路には、感覚の種類によらず以下の共通性がある。

  1. 3つの求心性ニューロンから構成される。
  2. 視床を経由する。

 

恒常性

生体の血液ガス、体温、血圧、体液量、電解質濃度などが一定に保たれることを恒常性ホメオスタシス homeostasis)という。ホメオスタシスという言葉は、キャノン(Walter Bradford Cannon 、1871~1945)の著書『からだの知恵(Wisdom of the Body)』(舘 鄰、舘 澄江訳、講談社学術文庫)でよく知られている。この著書のなかでキャノンは、1923年のハーヴェイ(William Harvey、1578~1657)追悼記念講演会で聴いたスターリング(Ernest Henry Starling、1866~1927)の「からだの知恵」と題した講演に感銘し、著書の題名にしたと書いている。

このホメオスタシスを維持するために必要な機能が感覚である。生体内の変化あるいは生体に迫る危険を感知して、ホメオスタシスを維持するように反応しないと生命を維持できない。

感覚には、表1のような種類がある。

表1感覚の分類

感覚の分類

 

感覚神経

神経線維をガッサー Gasser の分類およびロイド Lloyd の分類で整理すると表2になる。

表2神経線維の分類

 

このなかで感覚受容器で感知した刺激を感覚中枢に伝えるのが感覚神経で、ロイドの分類ではローマ数字で標記される。

 

五感

視覚、聴覚、嗅覚、味覚および触覚の5つの感覚を五感 five senses という。触覚以外は特殊感覚である。特殊感覚というが、これらの感覚は最も身近な感覚であり、この特殊という言葉は、それらの感覚受容器が特殊な部位に局在しているという意味である。

 

NursingEye

視床出血は高血圧で起こりやすい脳出血である。視床が感覚伝導路の中継であるため、視床出血の結果、感覚障害が起こる。感覚情報は主として反対側の大脳皮質に伝わるので、対側半身の感覚障害が起こる。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

関連記事

  • 脳神経外科領域のドレナージ [05/14up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は脳神経外科領域のドレナージについて説明します。   〈目次〉 はじめに 髄液循環 脳神経外科領域のドレーン一般に注意すべきこと ... [ 記事を読む ]

  • パーキンソン病に関するQ&A [10/05up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「パーキンソン病」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.パーキンソン病ってどんな病気? 2.パーキンソン病って何が原因なの? 3.パーキンソン病... [ 記事を読む ]

  • アドソン鑷子|鑷子(2) [06/22up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『アドソン鑷子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • 脳神経外科術後の「摂食嚥下障害看護」のポイント [09/11up]

    脳神経外科看護の専門誌『BRAIN』2013年第1号<疾患・手術方法から理解をつなげる! 脳神経外科手術の合併症と術後ケア>より抜粋。 脳神経外科術後の「摂食嚥下障害看護」のポイントについて解説します。   Poi... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

どうなる?看護師と医師の恋愛

11/22、いよいよ最終回!まどかは?中村先生は?どうなる!? [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
642
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
820
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
591
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
470
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
745
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
198
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2083

胃がん検診で精密検査が必要と診断され検査入院してきた患者さん。既往に前立腺肥大と右内頸動脈に高度狭窄があり、持参薬としてユリーフ®とバイアスピリン®を内服しています。あなたは受け持ちとなり、本日13時からの内視鏡検査の準備、搬送、迎えまで行います。当日の内視鏡検査がある患者さんの受け持ちとして最も正しい対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.医師より持参薬であるバイアスピリン®の内服許可があり、9時に内服させた。
  • 2.搬送直前にブスコパン®の筋肉注射指示があり、いつも通り行った。
  • 3.車いすで迎えに行くと本人より「歩いて帰るから大丈夫」と返答された。意識もしっかりしており、起立時にふらつきもなかったため、本人の意思を尊重し徒歩で病室に戻った。
  • 4.検査40分後、患者さんより飲水希望の訴えがあった。発声できており、唾液の飲み込みもできているようだったので少量の飲水なら可能であると答えた。
今日のクイズに挑戦!