1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 感覚の種類|感覚

2017年04月21日

感覚の種類|感覚

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、感覚の種類について解説します。

 

〈目次〉

 

Summary

  • 感覚は生体の恒常性を保つために必要な機能である。
  • 感覚は、特殊感覚、体性感覚および内臓感覚に大別される。
  • 特殊感覚には視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚および味覚があり、受容器がそれぞれの特定部位に限局している。
  • 体性感覚には皮膚感覚と筋感覚があり、受容器が体全体に分布している。
  • 内臓感覚には内臓痛覚と臓器感覚があり、受容器が内臓に分布している。
  • 受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路とよぶ。
  • 感覚伝導路には、3つの求心性ニューロンからなる、視床を経由するという共通した特徴がある。

 

感覚とは

感覚は、生体内の変化あるいは生体に対する刺激に反応して生体の恒常性を保つために必要な機能である。その変化や刺激を感知するのが感覚受容器である。

刺激や変化を感知するのは受容器であるが、感じるのは脳(大脳皮質)にある感覚中枢 sensory center である。感覚受容器から脳までの神経伝達の経路を感覚伝導路 sensory tract という。感覚伝導路には、感覚の種類によらず以下の共通性がある。

  1. 3つの求心性ニューロンから構成される。
  2. 視床を経由する。

 

恒常性

生体の血液ガス、体温、血圧、体液量、電解質濃度などが一定に保たれることを恒常性ホメオスタシス homeostasis)という。ホメオスタシスという言葉は、キャノン(Walter Bradford Cannon 、1871~1945)の著書『からだの知恵(Wisdom of the Body)』(舘 鄰、舘 澄江訳、講談社学術文庫)でよく知られている。この著書のなかでキャノンは、1923年のハーヴェイ(William Harvey、1578~1657)追悼記念講演会で聴いたスターリング(Ernest Henry Starling、1866~1927)の「からだの知恵」と題した講演に感銘し、著書の題名にしたと書いている。

このホメオスタシスを維持するために必要な機能が感覚である。生体内の変化あるいは生体に迫る危険を感知して、ホメオスタシスを維持するように反応しないと生命を維持できない。

感覚には、表1のような種類がある。

表1感覚の分類

感覚の分類

 

感覚神経

神経線維をガッサー Gasser の分類およびロイド Lloyd の分類で整理すると表2になる。

表2神経線維の分類

 

このなかで感覚受容器で感知した刺激を感覚中枢に伝えるのが感覚神経で、ロイドの分類ではローマ数字で標記される。

 

五感

視覚、聴覚、嗅覚、味覚および触覚の5つの感覚を五感 five senses という。触覚以外は特殊感覚である。特殊感覚というが、これらの感覚は最も身近な感覚であり、この特殊という言葉は、それらの感覚受容器が特殊な部位に局在しているという意味である。

 

NursingEye

視床出血は高血圧で起こりやすい脳出血である。視床が感覚伝導路の中継であるため、視床出血の結果、感覚障害が起こる。感覚情報は主として反対側の大脳皮質に伝わるので、対側半身の感覚障害が起こる。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

関連記事

  • 脳神経外科領域のドレナージ [05/14up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は脳神経外科領域のドレナージについて説明します。   〈目次〉 はじめに 髄液循環 脳神経外科領域のドレーン一般に注意すべきこと ... [ 記事を読む ]

  • 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) [09/08up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) 解剖生理学の面白さを知るため、感覚がと... [ 記事を読む ]

  • 脳卒中急性期の病態|脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 [11/16up]

    脳神経外科看護の専門誌『BRAIN』2012年5月号<脳卒中急性期のケア>より抜粋。 脳卒中急性期の病態について解説します。   Point 脳卒中急性期の疾患には,①脳梗塞,②脳出血,③くも膜下出血が... [ 記事を読む ]

  • くも膜下出血に関するQ&A [09/28up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「くも膜下出血」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.くも膜下出血ってどんな病気? 2.くも膜下出血って何が原因なの? 3.くも膜下出血ではどん... [ 記事を読む ]

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

いちおし記事

リアル・コードブルーを直撃取材!

フライトナースは「診断なし、情報なし」の現場で処置を行うプロ。 [ 記事を読む ]

ヒアリに刺されたらどうなる!?

何かと話題のヒアリ。医療者が知っておきたいポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

出勤前のメイクにどのくらい時間かける?

投票数:
653
実施期間:
2017年07月04日 2017年07月25日

どの職種の制服が好き?

投票数:
742
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
614
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
597
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
453
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
426
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者206

70代男性。呼吸苦が強く、酸素投与され、1日の大半は患者さんの希望により、座位で過ごしています。食事もあまり摂取できず、痩せており、仙骨・尾骨に骨突出があります。この患者さんへのケアとして正しいものはどれでしょうか?

  • 1.呼吸苦が強いため、患者さんが希望しなければ姿勢を変えない。 
  • 2.骨突出があるため褥瘡予防の必要性を説明し、側臥位の体位変換を優先する。
  • 3.エアマットレスを使用する。
  • 4.体がずれないように足側も高く上げておく。
今日のクイズに挑戦!