1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 膵臓ホルモン|内分泌

2017年02月24日

膵臓ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、膵臓ホルモンについて解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 膵臓ホルモンにはインスリン、グルカゴンおよびソマトスタチンがある。
  • インスリンには血糖低下、グルカゴンには血糖上昇がある。
  • ソマトスタチンは、インスリンおよびグルカゴンの分泌を抑制する。

 

3つの膵臓ホルモン

膵臓のランゲルハンス島からは、インスリン insulin、グルカゴン glucagon およびソマトスタチン somatostatin が分泌される(表1)。

表1膵臓ホルモン

膵臓ホルモン

 

ソマトスタチンは、膵臓の他に視床下部でも分泌され、脳腸ホルモンの一種である。

ギリシャ語で somatostatin の somato は身体、stat は一定を意味し、in は促進させる物質の意味なので、 somatostatin は成長を停止させる物質ということになる。実際、ソマトスタチンは成長ホルモンの分泌を抑制するが、その他あらゆるホルモンの分泌を抑制するといってもよい。

 

インスリンの分泌

血糖が上昇するとランゲルハンス島B細胞の細胞膜にあるグルコース・トランスポーター GLUT2 によりグルコースが細胞内に入る。解糖系、TCA回路、電子伝達系でATPが産生されるとATP感受性Kチャネルを閉じる。その結果、Kの流出が阻害されるので脱分極が起こり、電位依存性Ca2+チャネルが開く。流入したCa2+によりインスリンが分泌される(図1)。

図1膵臓ランゲルハンス島B細胞におけるインスリンの分泌

膵臓ランゲルハンス島B細胞におけるインスリンの分泌

 

経口糖尿病薬のスルホニル尿素剤SU剤)もATP感受性Kチャネルを閉じるのでインスリンの分泌を促進させる。SU剤としては、グリベンクラミド glibenclamide などがある。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

関連記事

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のな... [ 記事を読む ]

  • 食事はどうやってエネルギーになるの? [01/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は食事とエネルギーに関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   食事はどうやってエネルギーになるの? 車にガソリンが必要なように... [ 記事を読む ]

  • 基礎代謝って何? [02/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は基礎代謝に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   基礎代謝って何? 私たちは心身ともに安静な状態でも、心臓の拍動や呼吸、腎機能... [ 記事を読む ]

  • 男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? [10/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「男性ホルモンと女性ホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? 男性ホルモン... [ 記事を読む ]

  • 副腎髄質から分泌されるホルモンは何? [10/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「アドレナリンとノルアドレナリン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副腎髄質から分泌されるホルモンは何? 副腎髄質は副... [ 記事を読む ]

いちおし記事

離婚話は泥沼!?向き合えないふたり|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(112)

話し合おうとしても、夫婦の溝は深まるばかり。しかも夫に嘘をふきこんでいたのは… [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1436
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1248
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1179
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1034
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
570
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6047

◆小児看護の問題◆1歳6カ月の女児Aちゃん。母親に抱きかかえられ、発熱と嘔吐を主訴に外来を受診しました。脱水が疑われ、末梢静脈路を確保し、点滴を投与することになりました。以下のうち、Aちゃんの末梢静脈路確保について間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.母親に付き添ってもらい恐怖心の軽減に努める。
  • 2.背静脈網は、穿刺部位としてよく選択される。
  • 3.血管の走行が分かりにくければ、血管確保用のライトを手掌から当てる方法がある。
  • 4.静脈留置針は20Gが選択される。
今日のクイズに挑戦!