1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 視床下部ホルモン|内分泌

2017年01月29日

視床下部ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

今回は、視床下部ホルモンについて解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

視床下部ホルモン

Summary

  • 視床下部ホルモンは、下垂体前葉に作用する放出ホルモンあるいは放出抑制ホルモンである。
  • 視床下部ホルモンは、すべてペプチドホルモンである。
  • 視床下部ホルモンは、視床下部の神経核でつくられ軸索を介して下垂体前葉に運ばれる。
NursingEye

グレリン ghrelin は胃から分泌されるペプチド(28個のアミノ酸からなる)で、成長ホルモンの分泌促進、摂食促進などの生理作用がある。グレリンは末梢から中枢に空腹を伝える現在知られている唯一の物質で、空腹時に増加し摂食とともに低下する(脂肪細胞から分泌されるレプチンは食欲を抑制させる。『内分泌様器官』表1参照)。グレリンは、1999年に寒川賢治氏(現国立循環器病センター研究所所長)らによって発見された。 ghre には、 grow の意味があるのでghrelin は成長を促進させる物質という意味になる。

 

放出ホルモン

表1放出ホルモン

放出ホルモン

 

視床下部ホルモン hypothalamic hormone のうち放出ホルモン(RH)は、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)、成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)、プロラクチン放出ホルモン(PRH)およびメラニン細胞刺激ホルモン放出ホルモンである。視床下部ホルモンは視床下部の神経核でつくられて軸索を介して運ばれ、下垂体前葉に作用して刺激ホルモン(SH)を放出させる。

放出ホルモンはすべてペプチドホルモンである。TRHはわずか3個のアミノ酸からなるトリペプチドで、現在知られているホルモンのなかで最も小さい。一方、CRHは41個のアミノ酸、GHRHは44個のアミノ酸からなるポリペプチドで、タンパク質といってよいほどの高分子化合物である。

また、視床下部ホルモンには表2のような抑制ホルモンもある。

表2抑制ホルモン

抑制ホルモン

 

NursingEye

プロラクチン抑制ホルモン(PIH)の実体はドーパミンである。γ-アミノ酪酸  γ- aminobutyric acid (GABA)にも、プロラクチンの分泌を抑制する作用がある。

 

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 下垂体前葉ホルモン|内分泌 [02/03up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、下垂体前葉ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 発熱|体温とその調節 [11/20up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 発熱物質|体温とその調節 今回は、発熱について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学... [ 記事を読む ]

  • 視床下部ホルモン|内分泌 [01/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、視床下部ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ...

  • 内分泌の階層的調節|内分泌 [01/27up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 ホルモンの化学構造|内分泌 今回は、内分泌の階層的調節について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形... [ 記事を読む ]

  • ホルモンの化学構造|内分泌 [01/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 内分泌の特徴|内分泌 今回は、ホルモンの化学構造について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形を... [ 記事を読む ]

  • ホルモンはどこから分泌されるの? [06/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの作用」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ホルモンはどこから分泌されるの? ホルモンを分泌する器官を内分泌腺... [ 記事を読む ]

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のな... [ 記事を読む ]

  • 余ったタンパク質はどうなるの? [04/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「余ったタンパク質」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   余ったタンパク質はどうなるの? タンパク質は、炭水化物や脂質のよ... [ 記事を読む ]

  • 糖尿病はどうして起きるの? [03/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「糖尿病」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖尿病はどうして起きるの? 糖尿病(diabetes mellitus;D... [ 記事を読む ]

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1406
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1289
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1163
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1081
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
197
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
822
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者972

Mallampati分類では、どのクラスから挿管困難と予想されるでしょうか?

  • 1.クラスI
  • 2.クラスII
  • 3.クラスIII
  • 4.クラスIV
今日のクイズに挑戦!