1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 腎不全|尿の生成と排泄

2017年01月06日

腎不全|尿の生成と排泄

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

排尿の神経支配|尿の生成と排泄

今回は、腎不全について解説します。

Summary

  • 腎不全には、急性腎不全慢性腎不全がある。
  • 急性腎不全はネフロンの働きが全体的に悪くなった状態である。
  • 慢性腎不全はネフロンの一部が壊死した状態である。
  • 乏尿を伴う急性腎不全で頻度も高く重症なものは急性尿細管壊死が原因である。
  • 慢性腎不全が進行すると尿毒症になる。
  • 慢性腎不全が進行すると腎性貧血になる。

〈目次〉

 

腎不全の分類

腎不全には、急性腎不全 acute renal failure と慢性腎不全 chronic renal failure がある(表1)。

表1腎不全の分類

腎不全の分類

 

血漿クレアチニン値

血漿クレアチニン plasma creatinine の主な由来は、骨格筋中のクレアチン creatine およびクレアチンリン酸 phosphocreatine からの産生である。

筋量が男女で異なるので、血漿クレアチニン値の基準値は、男性は0.8~1.2mg/dL、女性は0.5~0.9mg/dLと異なる。血漿クレアチニン値が持続的に2mg/dL以上に上昇すると慢性腎不全と診断される。

 

BUN

血漿クレアチニン値とならんで腎機能の評価によく用いられるのがBUN(blood urea nitrogen、 血清尿素窒素)である。

BUNの基準値は、9~20mg/dLである。BUNは、血中の尿素ureaに含まれる窒素分を指す。

尿素はタンパク質(アミノ酸)やピリミジン塩基 pyrimidine base (DNAのシトシン cytosine およびチミン thymine、RNAのウラシル uracil)の代謝産物であるアンモニア肝臓尿素回路 urea cycle で処理するときに産生される。

尿素は糸球体で濾過された後、尿細管で一部再吸収されるので、尿素の産生が増えればBUNも上昇する。

 

BUN/クレアチニン比 〔 blood urea nitrogen/creatinine ratio 〕

BUN/クレアチニン比の基準値は約10である。

BUNとクレアチニンはGFRの低下で上昇することは共通しているが、尿素が尿細管で一部再吸収されるのに対し、クレアチニンはほとんど再吸収されない。このためBUN/クレアチニン比から体内での病態を推測できる。

BUNおよび血漿クレアチニンがともに上昇し、BUN/クレアチニン比が20以上の場合は、GFR低下(乏尿を伴う急性腎不全のなかの腎前性腎不全)が疑われる。

一方、尿細管機能低下では、尿素の再吸収が減少するがクレアチニンは影響されないので、BUN/クレアチニン比が10以下に低下する。

 

NursingEye

慢性腎不全
糸球体濾過(原尿)の1%しか尿にならないのであるから、慢性腎不全でネフロンの一部が壊死して濾過量が減少しても、尿量がただちに減少することはない。そこで慢性腎不全の進行を見落とさないように血漿クレアチニン値 plasma creatinine や血清尿素窒素 blood urea nitrogen (BUN)の上昇に注意する必要がある。

慢性腎不全が進行すると尿毒症 uremia になる。慢性腎不全の治療には透析 dialysis が行われる。

 

乏尿とタンパク質制限
乏尿の場合は、タンパク質の代謝産物である尿素が排泄できなくなるので、タンパク質の摂取を1日25g程度(体重1kgあたり1日0.5g程度)に制限する。動物性タンパク質はもちろん植物性タンパク質も含めた総量に注意する。塩分も、1日3g程度に制限する。

 

CKD
慢性腎疾患( Chronic Kidney Disease:CKD)の患者は国内に1300万人以上といわれ、糖尿病の増加とともに増えている。

以下の2つの条件の片方または両方が3カ月以上続いているとCKDと診断される。
①タンパク尿など腎障害を示唆する所見
②体表面積あたりのeGFRが60mL/分/1.73m2未満(1.73m2は日本人成人の標準体表面積で、それで割った値ということを示している)。
eGFR(mL/分/1.73m2)は、実測の血漿クレアチニン濃度(Cr)を用いて次の式で推定(estimated)される。eGFR=194×Cr-1.094×年齢-0.287(女性は、この値×0.739)。

 

〈次回〉

利尿薬|尿の生成と排泄

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • 内分泌の特徴|内分泌 [01/20up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 利尿薬|尿の生成と排泄 今回は、内分泌の特徴について解説します。 〈目次〉 はじめに 内分泌 ホルモンの発見 ... [ 記事を読む ]

  • 利尿薬|尿の生成と排泄 [01/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 腎不全|尿の生成と排泄 今回は、利尿薬について解説します。 Summary 水は必ず浸透圧が高いほうに移動する。 ... [ 記事を読む ]

  • 腎不全|尿の生成と排泄 [01/06up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 排尿の神経支配|尿の生成と排泄 今回は、腎不全について解説します。 Summary 腎不全には、急性腎不全と慢性腎...

  • 排尿の神経支配|尿の生成と排泄 [12/30up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 腎臓の酸分泌機構|尿の生成と排泄 今回は、排尿の神経支配について解説します。 Summary 蓄尿時には下腹神経(... [ 記事を読む ]

  • 腎臓の酸分泌機構|尿の生成と排泄 [12/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 クリアランス|尿の生成と排泄   今回は、腎臓の酸分泌機構。について解説します。 Summary 生体は、A... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 排尿障害に関するQ&A [11/27up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「排尿障害」に関するQ&Aです。 排尿障害の患者からの訴え 「頻繁にトイレに行きたくなります」 「おしっこを出す時に痛みます」 「おしっこが... [ 記事を読む ]

  • 逆行性腎盂造影(RP)|腎・泌尿器系の検査 [11/18up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、逆行性腎盂造影(RP)について解説します。   〈目次〉 逆行性腎盂造影(RP)検査とはどんな検査か 逆行性腎盂造影(RP)検査の目的 ... [ 記事を読む ]

  • 血液を浄化する腎臓のはたらき|体液の調節から理解する(1) [11/21up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、体液の調節から解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) 前回は、呼吸... [ 記事を読む ]

  • 総目次:抗がん剤A・B・C [05/24up]

    はじめに 連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。 特に、抗がん剤による副作用のマネジメン... [ 記事を読む ]

  • 腎臓の果たす役割は排泄だけなの?|腎臓の形と役割 [11/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排泄とは何だろう? 今回は「腎臓」に関するQ&Aです。   腎臓はどんな形をしているの? 腎臓の中はどうなっているの? 腎臓の果たす... [ 記事を読む ]

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
528
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
486
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
848
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
464
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
431
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
583
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日

お給料に対して、何を不満に思う?

投票数:
92
実施期間:
2017年05月30日 2017年06月20日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1010

侵襲時は、生体が恒常性を維持するために、内分泌系、神経系、免疫系がバランスを保とうと働きます。内分泌系では、エネルギー亢進が起こるため、すべての代謝が、グルコースの供給を行うために働きますが、逆に分泌が抑えられるようなホルモンはどれですか

  • 1.インスリン
  • 2.成長ホルモン
  • 3.ADH
  • 4.グルカゴン
今日のクイズに挑戦!