1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 異化と同化|栄養と代謝

2016年10月21日

異化と同化|栄養と代謝

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝

今回は、異化と同化について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 栄養素(高分子化合物)は、分子内に多数の化学結合、すなわち化学エネルギーをもつ高エネルギー化合物である。
  • 栄養素は還元状態にある。
  • 栄養素をCO2、H2Oなどの低分子化合物に分解する反応を異化反応といい、これは酸化反応である。
  • 生体は、異化反応の過程で栄養素の化学エネルギーをATPに変換して獲得する。
  • CO2やH2Oから栄養素を生合成する反応を同化反応という。

 

異化と同化

栄養素(高分子化合物)を消化・代謝してCO2やH2Oなど(低分子化合物)に分解する反応を異化反応(anabolic reaction)、低分子化合物から高分子化合物を合成する反応を同化反応(catabolic reaction)という。

栄養素は高い還元状態、CO2、H2Oなどは高い酸化状態にあるので、異化反応は酸化反応、同化反応は還元反応とみることもできる。

図1異化と同化

異化と同化

 

異化反応(代謝)とは

生体が高分子化合物を低分子化合物に分解する反応が異化反応、すなわち代謝(metabolism)である。

通常、ヒトが摂取する栄養素は、デンプン中性脂肪タンパク質など、分子内に多数の化学結合をもつ高分子化合物である。これらの化合結合の大部分はC-H、C-N結合で、栄養素は還元状態が高い化合物ともいえる。

代謝(異化反応)とは、還元状態にある栄養素を酸化・分解することにより、結合エネルギーをATP(adenosine triphosphate)に変換する(=生命維持・活動に必要なエネルギーを得る)ことである。

 

同化反応(生合成)とは

生体が低分子化合物から高分子化合物を合成する反応が同化反応、すなわち生合成(biosynthsis)である。

同化作用としては、植物が太陽光のエネルギーでCO2とH2Oからデンプンを合成する炭酸同化作用(carbon dioxide assimilation reaction)がよく知られている。

動物は葉緑体(choloroplast)をもたないのでCO2とH2Oからデンプンを合成することはできないが、グルコースからグリコーゲンを合成できる。アミノ酸からタンパク質を生合成する反応も同化反応である。

 

 

〈次回〉

解糖系と糖新生|栄養と代謝

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • TCA回路|栄養と代謝 [10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 解糖系と糖新生|栄養と代謝 [10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 異化と同化|栄養と代謝 今回は、解糖系と糖新生について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 異化と同化|栄養と代謝 [10/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 今回は、異化と同化について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形...

  • 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 [10/16up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 大腸の働き|消化吸収 今回は、三大栄養素の基本的構造について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県... [ 記事を読む ]

  • 大腸の働きと排便・便秘 [10/14up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 黄 疸|消化吸収 今回は、大腸の働きについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1275
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1287
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1167
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1021
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
875
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
421
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1533

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!