1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 呼吸機能を表す記号|呼吸

2016年08月23日

呼吸機能を表す記号|呼吸

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

呼吸筋の働き

今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。

 

Summary

  • 呼吸機能を表す記号は、1次記号と2次記号に大別される。
  • 1次記号は分圧など機能に関する量を示し、大文字のイタリック体で書く。
  • 2次記号は1次記号に付随して気体あるいは液体の状態を示し、ローマン体で1次記号の(下付)として書く。
  • 2次記号は、1次記号の内容が気体に関する場合は大文字、液体(血液)に関する場合は小文字という約束がある。

 

〈目次〉

 

呼吸機能に関する物理学的・化学的解析

呼吸機能の検査では、呼吸器系の働きを調べる物理学(力学)的解析および、呼吸に関係する気体および液体の状態を調べるための化学的解析が行われる。このため、呼吸機能検査に関する数値では、体積・容積、圧力、濃度などの単位がよく用いられる。

 

 表1呼吸機能を表す1次記号

呼吸機能を表す1次記号

 

表2呼吸機能を表す2次記号

呼吸機能を表す2次記号

(吉岡利忠、内田勝雄編著:生体機能学テキスト.第2版、中央法規出版、2007より改変)

 

濃度と含量の違い

溶質が液体または固体の場合、一定量の溶液中の溶質の物質量を濃度 concentration といい、通常、溶液1L中のモル mol (あるいは mole )で示したモル濃度 molarity で表す。モル濃度の単位は、mol/Lで、これをMと書くこともある(M/Lと書くのは間違い)。

なお、溶質1kg中のモル濃度(質量モル濃度molality、単位はmol/kg)で示すと、温度および圧力に依存しないという便利さがあり、浸透圧など溶液の物理化学的性質を表すときに使われる。

一方、溶質が気体のときは、濃度でなく含量 content という。通常、溶液100mL中の気体の量(mL)で示し、単位はvol%である。例えば、血液100mL中に存在するO2の量は約21mLであり、この場合、O2含量(酸素容量 oxygen capacity )は約21vol%と表す。

 

STPDとBTPS

標準状態(0℃、1気圧)での乾燥気体 standard temperature and pressure, dry の体積をSTPDという。酸素摂取量(Vドットo2)、二酸化炭素排出量(Vドットco2)をSTPDで表す。(

肺活量などの肺気量は、体温(37℃)、測定時の大気圧および37℃における水蒸気飽和状態 body temperature, ambient pressure, saturated with water vapor (BTPS)で表す。

 

1次記号に付くドット

Qドットなどに付く傍点(ドット)は単位時間(呼吸機能に関しては1分間)あたりの量であることを示す。分時換気量(VドットE)、Vドットo2、Vドットco2なども同様である。(

 

2次記号の大文字と小文字

肺胞気など気体に関する量であることを示すときは2次記号を大文字で書き、動脈血など液体に関する量であることを示すときは小文字で書く。例えば、PAO2は肺胞気O2分圧であり、PaO2は動脈血O2分圧なので、同じAでも大文字と小文字を区別しなければならない。

 

2次記号に付くバー

生体内の組織は代謝のレベルが異なるので、静脈血のO2やCO2分圧が異なっている。

各組織からの静脈血が右心房に集まって混合され、平均化されたものが混合静脈血で、2次記号のvに付くバー(vバー)がそれを示している。(

なお、血管内でO2やCO2分圧が変化することはないので、動脈血は左心室での値と各組織での値を区別する必要はない。

 

※ドットとバーの表記(本文中の表記、正しくは下記のとおり)

 

〈次回〉

圧力に関係する単位

 

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 圧力に関係する単位|呼吸 [08/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸機能を表す記号 今回は、圧力に関係する単位について解説します。   Summary 呼吸機能に関して最も... [ 記事を読む ]

  • 咀嚼と嚥下|消化吸収 [09/25up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 消化管の構造と機能|消化吸収 今回は、咀嚼と嚥下について解説します。   〈目次〉 咀嚼と嚥下とは 嚥下困難... [ 記事を読む ]

  • 呼吸機能を表す記号|呼吸 [08/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸筋の働き 今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。   Summary 呼吸機能を表す記号は、1次...

  • 消化管の構造と機能|消化吸収 [09/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸不全の状態|呼吸 今回は、消化管の構造と機能について解説します。   〈目次〉 消化管とは 内在神経系と... [ 記事を読む ]

  • 呼吸筋の働き|呼吸 [08/21up]

     看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸器系の構造 今回は、呼吸筋の働きについて解説します。   Summary 呼吸筋(横隔膜および外肋間筋... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 気管支拡張症患者さんの聴診音 [06/07up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 酸素療法中の食事はどうするの? [01/31up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「酸素療法中の食事」に関するQ&Aです。 酸素療法中の食事はどうするの? 鼻カニューラの場合は、そのまま食事を摂ることができます。酸素マスクの場合は、... [ 記事を読む ]

  • 喘息【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【6】 [04/21up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 喫煙によるDNAの変異は、一生元に戻らないことが明らかに [02/18up]

    喫煙によるさまざまな悪影響はすでに長年にわたり指摘されており、現在では、健康保険を使った禁煙治療も行われるようになりました。では、禁煙すれば喫煙の悪影響を完全に断てるのでしょうか? 実は、たとえ禁煙したとしても喫煙の影響がDNAに突... [ 記事を読む ]

  • 気管チューブの挿入経路と適応は? [03/07up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管チューブの挿入経路と適応」に関するQ&Aです。 気管チューブの挿入経路と適応は? 挿入経路は、経口挿管、経鼻挿管、気管切開の3種類です。緊急時の... [ 記事を読む ]

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

破傷風|災害時に起こりやすい感染症

小さな傷からも感染する可能性があるのが破傷風。治療法・予防など改めて確認しておきましょう。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
847
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
780
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
763
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
704
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
557
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
324
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
545
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者199

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!