1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 呼吸機能を表す記号|呼吸

2016年08月23日

呼吸機能を表す記号|呼吸

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

呼吸筋の働き

今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。

 

Summary

  • 呼吸機能を表す記号は、1次記号と2次記号に大別される。
  • 1次記号は分圧など機能に関する量を示し、大文字のイタリック体で書く。
  • 2次記号は1次記号に付随して気体あるいは液体の状態を示し、ローマン体で1次記号の(下付)として書く。
  • 2次記号は、1次記号の内容が気体に関する場合は大文字、液体(血液)に関する場合は小文字という約束がある。

 

〈目次〉

 

呼吸機能に関する物理学的・化学的解析

呼吸機能の検査では、呼吸器系の働きを調べる物理学(力学)的解析および、呼吸に関係する気体および液体の状態を調べるための化学的解析が行われる。このため、呼吸機能検査に関する数値では、体積・容積、圧力、濃度などの単位がよく用いられる。

 

 表1呼吸機能を表す1次記号

呼吸機能を表す1次記号

 

表2呼吸機能を表す2次記号

呼吸機能を表す2次記号

(吉岡利忠、内田勝雄編著:生体機能学テキスト.第2版、中央法規出版、2007より改変)

 

濃度と含量の違い

溶質が液体または固体の場合、一定量の溶液中の溶質の物質量を濃度 concentration といい、通常、溶液1L中のモル mol (あるいは mole )で示したモル濃度 molarity で表す。モル濃度の単位は、mol/Lで、これをMと書くこともある(M/Lと書くのは間違い)。

なお、溶質1kg中のモル濃度(質量モル濃度molality、単位はmol/kg)で示すと、温度および圧力に依存しないという便利さがあり、浸透圧など溶液の物理化学的性質を表すときに使われる。

一方、溶質が気体のときは、濃度でなく含量 content という。通常、溶液100mL中の気体の量(mL)で示し、単位はvol%である。例えば、血液100mL中に存在するO2の量は約21mLであり、この場合、O2含量(酸素容量 oxygen capacity )は約21vol%と表す。

 

STPDとBTPS

標準状態(0℃、1気圧)での乾燥気体 standard temperature and pressure, dry の体積をSTPDという。酸素摂取量(Vドットo2)、二酸化炭素排出量(Vドットco2)をSTPDで表す。(

肺活量などの肺気量は、体温(37℃)、測定時の大気圧および37℃における水蒸気飽和状態 body temperature, ambient pressure, saturated with water vapor (BTPS)で表す。

 

1次記号に付くドット

Qドットなどに付く傍点(ドット)は単位時間(呼吸機能に関しては1分間)あたりの量であることを示す。分時換気量(VドットE)、Vドットo2、Vドットco2なども同様である。(

 

2次記号の大文字と小文字

肺胞気など気体に関する量であることを示すときは2次記号を大文字で書き、動脈血など液体に関する量であることを示すときは小文字で書く。例えば、PAO2は肺胞気O2分圧であり、PaO2は動脈血O2分圧なので、同じAでも大文字と小文字を区別しなければならない。

 

2次記号に付くバー

生体内の組織は代謝のレベルが異なるので、静脈血のO2やCO2分圧が異なっている。

各組織からの静脈血が右心房に集まって混合され、平均化されたものが混合静脈血で、2次記号のvに付くバー(vバー)がそれを示している。(

なお、血管内でO2やCO2分圧が変化することはないので、動脈血は左心室での値と各組織での値を区別する必要はない。

 

※ドットとバーの表記(本文中の表記、正しくは下記のとおり)

 

〈次回〉

圧力に関係する単位

 

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • 圧力に関係する単位|呼吸 [08/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸機能を表す記号 今回は、圧力に関係する単位について解説します。   Summary 呼吸機能に関して最も... [ 記事を読む ]

  • 咀嚼と嚥下|消化吸収 [09/25up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 消化管の構造と機能|消化吸収 今回は、咀嚼と嚥下について解説します。   〈目次〉 咀嚼と嚥下とは 嚥下困難... [ 記事を読む ]

  • 呼吸機能を表す記号|呼吸 [08/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸筋の働き 今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。   Summary 呼吸機能を表す記号は、1次...

  • 消化管の構造と機能|消化吸収 [09/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸不全の状態|呼吸 今回は、消化管の構造と機能について解説します。   〈目次〉 消化管とは 内在神経系と... [ 記事を読む ]

  • 呼吸筋の働き|呼吸 [08/21up]

     看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸器系の構造 今回は、呼吸筋の働きについて解説します。   Summary 呼吸筋(横隔膜および外肋間筋... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

アンケート結果!1年目一番つらかったことは…

新人看護師がつらいこと。「これが1位…」と思わず泣けます。 [ 記事を読む ]

日常のなかでできる「摂食嚥下ケア」

間接訓練と直接訓練、それぞれの進め方のコツは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの施設の新人さん、夜勤はいつから?

投票数:
608
実施期間:
2017年07月28日 2017年08月18日

ペディキュアしてますか?

投票数:
624
実施期間:
2017年08月01日 2017年08月22日

何歳まで働き続けたい?

投票数:
576
実施期間:
2017年08月04日 2017年08月25日

キャンペーンや懸賞に応募する?

投票数:
514
実施期間:
2017年08月08日 2017年08月29日

あなたの今の仕事は希望どおり?

投票数:
454
実施期間:
2017年08月11日 2017年09月02日

学歴、気になる?

投票数:
84
実施期間:
2017年08月18日 2017年09月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1608

74歳女性患者のAさんは、糖尿病のインスリン注射の導入のため、教育指導入院となりました。医師からは、「朝:昼:夜:寝る前=4単位(速効型):2単位(速効型):4単位(速効型):2単位(中間型)」のインスリン投与指示が出ています。Aさんは、前日、寝る前に中間型インスリンを投与しました。朝のインスリン投与を確認するためにAさんのベッドサイドに行くと、インスリンを投与するのを忘れて、食事を食べているところでした。看護師のあなたがまず初めに行うことは次のどれでしょうか?

  • 1.すぐにインスリン4単位を投与する。
  • 2.血糖値を測定して医師に報告相談する。
  • 3.すぐに食事を中止させて、安静にする。
  • 4.昼のインスリンを朝分と合わせて6単位を投与する。
今日のクイズに挑戦!