1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 呼吸機能を表す記号|呼吸

2016年08月23日

呼吸機能を表す記号|呼吸

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

呼吸筋の働き

今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。

 

Summary

  • 呼吸機能を表す記号は、1次記号と2次記号に大別される。
  • 1次記号は分圧など機能に関する量を示し、大文字のイタリック体で書く。
  • 2次記号は1次記号に付随して気体あるいは液体の状態を示し、ローマン体で1次記号の(下付)として書く。
  • 2次記号は、1次記号の内容が気体に関する場合は大文字、液体(血液)に関する場合は小文字という約束がある。

 

〈目次〉

 

呼吸機能に関する物理学的・化学的解析

呼吸機能の検査では、呼吸器系の働きを調べる物理学(力学)的解析および、呼吸に関係する気体および液体の状態を調べるための化学的解析が行われる。このため、呼吸機能検査に関する数値では、体積・容積、圧力、濃度などの単位がよく用いられる。

 

 表1呼吸機能を表す1次記号

呼吸機能を表す1次記号

 

表2呼吸機能を表す2次記号

呼吸機能を表す2次記号

(吉岡利忠、内田勝雄編著:生体機能学テキスト.第2版、中央法規出版、2007より改変)

 

濃度と含量の違い

溶質が液体または固体の場合、一定量の溶液中の溶質の物質量を濃度 concentration といい、通常、溶液1L中のモル mol (あるいは mole )で示したモル濃度 molarity で表す。モル濃度の単位は、mol/Lで、これをMと書くこともある(M/Lと書くのは間違い)。

なお、溶質1kg中のモル濃度(質量モル濃度molality、単位はmol/kg)で示すと、温度および圧力に依存しないという便利さがあり、浸透圧など溶液の物理化学的性質を表すときに使われる。

一方、溶質が気体のときは、濃度でなく含量 content という。通常、溶液100mL中の気体の量(mL)で示し、単位はvol%である。例えば、血液100mL中に存在するO2の量は約21mLであり、この場合、O2含量(酸素容量 oxygen capacity )は約21vol%と表す。

 

STPDとBTPS

標準状態(0℃、1気圧)での乾燥気体 standard temperature and pressure, dry の体積をSTPDという。酸素摂取量(Vドットo2)、二酸化炭素排出量(Vドットco2)をSTPDで表す。(

肺活量などの肺気量は、体温(37℃)、測定時の大気圧および37℃における水蒸気飽和状態 body temperature, ambient pressure, saturated with water vapor (BTPS)で表す。

 

1次記号に付くドット

Qドットなどに付く傍点(ドット)は単位時間(呼吸機能に関しては1分間)あたりの量であることを示す。分時換気量(VドットE)、Vドットo2、Vドットco2なども同様である。(

 

2次記号の大文字と小文字

肺胞気など気体に関する量であることを示すときは2次記号を大文字で書き、動脈血など液体に関する量であることを示すときは小文字で書く。例えば、PAO2は肺胞気O2分圧であり、PaO2は動脈血O2分圧なので、同じAでも大文字と小文字を区別しなければならない。

 

2次記号に付くバー

生体内の組織は代謝のレベルが異なるので、静脈血のO2やCO2分圧が異なっている。

各組織からの静脈血が右心房に集まって混合され、平均化されたものが混合静脈血で、2次記号のvに付くバー(vバー)がそれを示している。(

なお、血管内でO2やCO2分圧が変化することはないので、動脈血は左心室での値と各組織での値を区別する必要はない。

 

※ドットとバーの表記(本文中の表記、正しくは下記のとおり)

 

〈次回〉

圧力に関係する単位

 

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • 圧力に関係する単位|呼吸 [08/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸機能を表す記号 今回は、圧力に関係する単位について解説します。   Summary 呼吸機能に関して最も... [ 記事を読む ]

  • 咀嚼と嚥下|消化吸収 [09/25up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 消化管の構造と機能|消化吸収 今回は、咀嚼と嚥下について解説します。   〈目次〉 咀嚼と嚥下とは 嚥下困難... [ 記事を読む ]

  • 呼吸機能を表す記号|呼吸 [08/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸筋の働き 今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。   Summary 呼吸機能を表す記号は、1次...

  • 消化管の構造と機能|消化吸収 [09/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸不全の状態|呼吸 今回は、消化管の構造と機能について解説します。   〈目次〉 消化管とは 内在神経系と... [ 記事を読む ]

  • 呼吸筋の働き|呼吸 [08/21up]

     看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸器系の構造 今回は、呼吸筋の働きについて解説します。   Summary 呼吸筋(横隔膜および外肋間筋... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 酸素療法の害ってあるの? [01/06up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「酸素療法の害」に関するQ&Aです。 酸素療法の害ってあるの? 酸素中毒、気道浄化の障害、吸収性無気肺、CO2ナルコーシスなどがあります。酸素による害... [ 記事を読む ]

  • NPPV使用中の合併症と対処方法は? [12/02up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NPPV使用中の合併症と対処方法」に関するQ&Aです。 NPPV使用中の合併症と対処方法は? マスクによる皮膚損傷や陽圧による空気嚥下(呑気/どんき... [ 記事を読む ]

  • 呼吸音を呼吸のタイミングで分類する方法 [10/18up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第5話は... [ 記事を読む ]

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者さんの聴診音 [06/20up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 設定値と実測値に差が出る原因は?|人工呼吸器の使い方 [09/13up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「設定値と実測値の誤差」に関するQ&Aです。 人工呼吸器の設定値と実測値に差が出る原因は? 患者が原因となる場合や、人工呼吸器や呼吸回路が原因となる場... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者212

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!