1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナースのためのアクティブ心電図>
  4. 肺高血圧症~肺性心の心電図|各疾患の心電図(9)

2015年12月25日

肺高血圧症~肺性心の心電図|各疾患の心電図(9)

心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。
今回は、肺高血圧症~肺性心の心電図について解説します。

田中喜美夫
田中循環器内科クリニック院長

 

〈前回の内容〉

急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図

 

〈目次〉

 

肺高血圧症~肺性心とはどんな疾患か

肺血管抵抗が上昇すると肺動脈圧が上昇し、肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)となります。

肺高血圧が持続すれば、慢性的に右心系に負荷がかかり、右室肥大、右房負荷をきたします。また、肺疾患が原因で生ずる右心機能不全を肺性心(corpulmonale)といいます。

原因としては、以下のものがあります。

  • 左房圧の上昇が右心系に波及して肺高血圧症~右心不全(両心不全)
  • 心房中隔欠損、心室中隔欠損など心臓内のシャントによって肺血流が増加して肺血管抵抗上昇~肺高血圧症~右心不全(負荷)
  • 肺塞栓症の慢性期で肺血管抵抗上昇~肺高血圧症~右心不全(負荷)
  • 膠原病(SLEなど)に伴う血管炎から肺血管抵抗上昇~肺高血圧症~右心不全(負荷)
  • 原因不明の肺血管抵抗上昇~肺高血圧症〜右心不全(負荷)→特発性肺高血圧症
  • 肺気腫など慢性呼吸不全では、肺動脈末梢の血管が圧迫され肺血管抵抗上昇~肺高血圧症~右心不全(負荷)

 

肺高血圧症~肺性心の心電図所見は

  • 右室肥大所見:V1、V2の高いR波+ST‒Tのストレイン型変化、右軸偏位、Ⅰ誘導・aVL・V5、V6の深いS波(時計軸回転)が見られます(図1)。
  • 右房負荷:Ⅱ誘導、Ⅲ誘導、aVF、V1、V2の尖鋭で高い(>2.5コマ)P波肺動脈狭窄では、肺高血圧はありませんが同様の心電図所見となります。

図1肺高血圧症(右室肥大)の心電図

 

肺高血圧症~肺性心の注意点は

負荷がかかれば心筋障害が生じて、不整脈が出やすくなるのは右室も左室も同じです。

右室からは心室性不整脈を生じて、重症度によっては心室頻拍や心室細動に至ります。また右房に負荷がかかれば、上室性期外収縮から心房細動になってしまうこともあります。

 

〈次回〉

電解質異常の心電図|各疾患の心電図の特徴(10)

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『アクティブ心電図』 (著者)田中喜美夫/2014年3月刊行/ サイオ出版

著作権について

この連載

  • 薬剤による心電図変化|各疾患の心電図の特徴(11) [01/02up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、薬剤による心電図変化について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回〉 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(... [ 記事を読む ]

  • 電解質異常の心電図|各疾患の心電図(10) [12/29up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、電解質異常の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回の内容〉 肺高血圧症~肺性心の心電図 ... [ 記事を読む ]

  • 肺高血圧症~肺性心の心電図|各疾患の心電図(9) [12/25up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、肺高血圧症~肺性心の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回の内容〉 急性肺血栓塞栓症~急性肺...

  • 急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図|各疾患の心電図(8) [12/20up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、急性肺血栓塞栓症~急性肺性心の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回の内容〉 急性心膜炎の心... [ 記事を読む ]

  • 急性心膜炎の心電図|各疾患の心電図(7) [12/17up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 〈前回の内容〉 心筋変性疾患の心電図   今回は、急性心膜炎の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者828

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!