2015年10月12日

下部消化管内視鏡検査|消化器系の検査

看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。
今回は、下部消化管内視鏡検査について解説します。

 

〈目次〉

 

下部消化管内視鏡検査とはどんな検査か

下部消化管内視鏡検査とは、内視鏡を肛門から挿入し回盲部まで進め、大腸内の粘膜の観察を行う検査である。近年、大腸疾患は増加しており、この検査の役割は重要なものとなっている。
大腸全域を観察することが多いが、その他にS状結腸までの観察を行うシグモイドスコピーも行われる。
内視鏡での肉眼的観察のため前処置が非常に重要であり、大腸内を便のない状態にしておくことが必要である。また、患者の苦痛や負担が大きいため、あらかじめ検査の目的と方法を説明し同意を得ることが大切である。

 

下部消化管内視鏡検査の目的

大腸粘膜の観察を肉眼的に行う。また炎症や潰瘍・憩室・ポリープ・癌などの診断を行うことが可能であり、必要時生検を行い、診断を確定する。
適応の疾患は表1を参照。
大腸ポリープの場合は内視鏡での切除が可能であるが、消化管穿孔や巨大結腸症・重症大腸炎の場合は禁忌とされている。

表1下部消化管内視鏡検査の適応

 

下部消化管内視鏡検査の実際

  1. 患者に左側臥位の体位をとらせ、上半身には術衣を着せる。下半身はディスポーザブルのパンツ(殿部が開くもの)を着用させる(図1)。

図1ディスポーザブルのパンツ

 

  1. 前投薬ブスコパン1Aを筋肉注射する(前立腺肥大、心疾患などがある場合は投与しない)。
  2. 患者に口で息をするように説明しながら、肛門から内視鏡を挿入し大腸粘膜の観察を行う。
  3. 観察部位により左側臥位や仰臥位など体位の変換を行うため、患者に声をかけ協力してもらう(必要時介助する)。途中、観察のため空気の注入をする。観察が終了した部位ではその都度脱気を行う。空気の注入時には腹部膨満感やひきつる感じがないか声をかける。
  4. 回盲部までの観察が終了したら、静かに内視鏡を抜去する。抜去の際も必要に応じ体位変換を行うよう声をかけ介助する。
  5. 検査が終了したことを患者に伝え、衣類を整える。

図2下部消化管内視鏡検査時の体位

 

図3左側臥位

 

図4仰臥位

 

下部消化管内視鏡検査前後の看護の手順

下部消化管内視鏡検査に関する患者への説明

  • 肛門から大腸に内視鏡を挿入し、大腸の粘膜を肉眼的に観察する検査である。
  • 途中内視鏡を進めるための体位の変換や観察のための空気の注入を行う。
  • 身体の力を抜いてリラックスする。

 

下部消化管内視鏡検査に準備するもの

・大腸ファイバースコープと付属品・フィルム・ブスコパン1A・アルコール綿・ガーゼ・膿盆・ホルマリン入り容器・術衣・ディスポーザブルパンツ

 

下部消化管内視鏡検査後の管理

1)前日

  • 夜9時に下剤(プルゼニド2錠)を内服させる。以降禁食とするが、水分(水・お茶などのみで牛乳・粒入りのものは禁ずる)は摂取してもよい。
  • 検査の目的と方法を説明し、同意を得るとともに不安の除去に努める。

2)検査前

  • 検査当日の朝7時頃より腸管洗浄のためマグコロールP2包を1.8リットルの水で溶いたものを2時間かけて内服させる。3時間ほどで排便が終わること、便の状態を看護師に見せることを説明する。
  • カスが残っている状態の場合は医師に報告し、必要時浣腸などを行う。
  • 感染症の有無・既往歴を確認する(既往に前立腺肥大や心疾患がある場合は薬剤の投与ができないため)。
  • バイタルサインの測定を行う。
  • 必要時、血管確保し、点滴を滴下する。
  • ポリープ切除の場合は血管確保し、止血薬入りの点滴を滴下する。

3)検査中

  • 内視鏡挿入時は患者の手を握るなどして苦痛の緩和に努める。また、口で息をするように声をかける。
  • 検査の進行に合わせ、患者の体位を整えるよう介助する。

4)検査後

  • 安静:1〜2時間は安静とする。大腸ポリープの切除を行った場合は、安静解除後も入浴は避ける。
  • 食事:観察のみの場合は水分・食事とも摂取可能である。大腸ポリープの切除を行った場合は水分のみ1時間後から開始し、食事は翌朝全粥から開始とする。
  • 観察:観察のみの場合は終了後、ポリープ切除の場合は終了時と1時間後にバイタルサインの測定と腹部症状の有無を観察する。また検査後の最初の排便時は便の状態を観察する。
  • 検査中に出血を認めた場合は止血を確認し、検査後のバイタルサインや腹部症状の有無、排便の性状に十分注意する。
  • 検査直後の車・バイクなどの運転は禁止する。

表2下部消化管内視鏡検査の合併症

 

下部消化管内視鏡検査において注意すべきこと

  • 高血圧・心疾患などの内服薬は医師の指示に従い、内服する場合はマグコロールP内服後1時間とする。
  • ポリープを切除する患者の場合、ワーファリンなどの抗凝固薬は1週間前から中止しておく。
  • 苦痛を伴う検査であるため、常に声をかけながら行うよう努める。

 

下部消化管内視鏡検査現場での患者との問答例

明日は下部消化管内視鏡検査を行います。

どんな検査ですか。

肛門からカメラを入れて大腸粘膜を観察する検査です。

苦しいですか。

腸の動きを抑えるように注射をしてから行います。カメラが通りやすいように体の向きを変えてもらうことがあります。検査中も看護師がついていますので、つらい時はすぐに伝えてください。

何か準備をしておくことはありますか。

今日の夜9時と明日の朝7時に下剤を飲んでいただきます。腸に便が残っていないようにするためです。明日は検査が終わるまでは食べたり飲んだりしないでください。

はい。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護に生かす検査マニュアル』(編著)高木康/2015年3月刊行

看護に生かす検査マニュアル

引用・参考文献 

著作権について

この連載

  • 腹腔穿刺|消化器系の検査 [10/16up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、腹腔穿刺について解説します。   〈目次〉 腹腔穿刺とはどんな検査か 腹腔穿刺の目的 腹腔穿刺の実際 ・腹腔穿刺の必要物品 ... [ 記事を読む ]

  • 肛門鏡検査|消化器系の検査 [10/14up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、肛門鏡検査について解説します。   〈目次〉 肛門鏡検査とはどんな検査か 肛門鏡検査の目的 肛門鏡検査の実際 ・肛門鏡検査の体位... [ 記事を読む ]

  • 下部消化管内視鏡検査|消化器系の検査 [10/12up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、下部消化管内視鏡検査について解説します。   〈目次〉 下部消化管内視鏡検査とはどんな検査か 下部消化管内視鏡検査の目的 下部消化管...

  • 上部消化管内視鏡検査|消化器系の検査 [10/09up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、上部消化管内視鏡検査について解説します。 〈目次〉 上部消化管内視鏡検査とはどんな検査か 上部消化管内視鏡検査の目的 上部消化管内視鏡検査... [ 記事を読む ]

  • 腹部超音波検査|消化器系の検査 [10/07up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、腹部超音波検査について解説します。 〈目次〉 腹部超音波検査とはどんな検査か 腹部超音波検査の目的 腹部超音波検査の実際 腹部超音波検... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 脂肪肝を判断する肝腎コントラスト [12/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「脂肪肝を判断する肝腎コントラスト... [ 記事を読む ]

  • 尿路結石は腎盂拡張の原因 [09/28up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「尿路結石は腎盂拡張の原因」につい... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)機器の特徴と取り扱い注意点 [07/13up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「エコー(超音波)機器の特徴と取り... [ 記事を読む ]

  • 胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン [09/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン」につ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
457
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
388
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者221

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!