1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 心臓カテーテル検査|循環器系の検査

2015年09月21日

心臓カテーテル検査|循環器系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、心臓カテーテル検査について解説します。

〈目次〉

心臓カテーテル検査とはどんな検査か

心臓カテーテル検査とは、カテーテルを直接心臓内に挿入し、心臓の検査および治療を行う手技である。心臓カテーテル検査には、右心系(Swan-Ganzカテーテル法)と、左心系(心血管造影法)がある。ここでは、左心系の冠動脈造影(CAG)と、左室造影(LVG)時の看護について述べる。

 

心臓カテーテル検査の目的

  • 心臓の血圧を測り、ポンプ機能を評価する。
  • 心臓の収縮状態、弁の状態を知り、心臓の形態、冠状動脈の狭窄・閉塞の程度や部位を診断する(図1)。
  • バイオプシーによる確定診断をする。
  • 診断に基づいて治療方針を決定する。

図1冠動脈分枝の名称(AHAによる分類)

冠動脈分枝の名称(AHAによる分類)

 

心臓カテーテル検査の実際

心臓カテーテル検査の左室造影法(LVG)

心臓カテーテル検査後に併用して施行する検査で、撮影は先端に側孔を有するカテーテルを目的部位に挿入し、造影剤を注入すると同時に、心腔内の立体的情報を得るために、同時2方向連続撮影を行う(シネアンギオグラフィ)。

 

心臓カテーテル検査の冠動脈造影法(CAG)

カテーテル先端を冠動脈内に挿入し、選択的に冠動脈を造影するが、カテーテルを冠動脈まで到達させるのに、橈骨動脈、上腕動脈、大腿動脈を穿刺する方法が主に用いられている(図2)。

図2冠動脈造影のアプローチの仕方

冠動脈造影のアプローチの仕方

 

心臓カテーテル検査前後の看護の手順

心臓カテーテル検査前日

  • 検査前日までに、パンフレットなどを用いて検査の目的、方法、経過について説明する。
  • 医師から説明を受けているか、承諾書が得られているか確認する。
  • 不安や疑問がないか確認する。
  • 感染症、腎機能データ、アレルギーの有無、造影剤の副作用の有無、中止薬の有無を確認する。
  • 検査チェックリストを作成する。
  • 夜間就眠できるように、必要時、睡眠薬を与薬する(医師の指示のもと)。
  • 穿刺部位の剃毛:頑丈なテープで固定するため、広範囲に剃毛することが望ましい(図3)。

図3穿刺部位別の剃毛範囲

穿刺部位別の剃毛範囲

 

心臓カテーテル検査当日

  • 指示により、検査前の食事を中止する。
  • 入れ、指輪、ヘアピン、眼鏡、ネックレス、その他貴重品の除去を確認する。
  • 化粧やマニキュアなども落としているか確認する。
  • 手からアプローチの場合:
    ・出床前に血管確保し、指示された点滴を行う。
    ・Tシャツや肌着は事前に脱いでもらい準備する。
    ・車椅子で検査室に搬送する。
  • 足からアプローチの場合:
    ・出床前に血管確保し、指示された点滴を行う。
    ・膀胱内留置カテーテルを挿入する。
    ・ストレッチャーで検査室に搬送する。
  • チェックリストに沿って、検査室の看護師に申し送りをする。

 

心臓カテーテル検査中の看護

  1. 撮影台の準備をし、病棟からの申し送りを受ける。
  2. 患者の病衣を脱がせ、撮影台に移す。手からアプローチの場合、上半身裸になってもらう。足からアプローチの場合、下着もすべて脱がせ、陰部をガーゼで覆って絆創膏で固定し、体位の説明をする。
  3. バイタルサインの測定および動脈触知(穿刺部位により足背・橈骨・上腕動脈)を確認する。
  4. 必要物品の準備をする。
  5. ガウンテクニック、消毒の介助を行う。
  6. 医師に局所麻酔薬、その他の薬品、カテーテル類を清潔に渡す。
  7. 適時、患者に声をかけ、不安の軽減に努めるとともに、胸部症状、造影剤の副作用の有無を確認する。
  8. カテーテル抜去後、止血の確認をし、穿刺部位をびん(5cmほどの小びん)で圧迫固定する。
  9. 患者に、検査後の注意事項を説明、指導する。
    ・穿刺部位の伸展保持。
    ・穿刺部末梢の冷感、しびれ感があればすぐに看護師に伝える。
  10. 再度、バイタルサインの観察、足背動脈の触知を確認し、病棟看護師に申し送りをする。

 

心臓カテーテル検査後の管理

  • 検査室の看護師よりチェックリストに沿って申し送りを受け、病室までストレッチャーもしくは車椅子で搬送する。
  • 帰室時から安静解除まで、一般状態の観察を行う(表1)。
  • 安静・飲水の必要性、安静時間・安静解除までの流れを説明する。
  • 安静が保持できるように介助する(食事のセッティング、洗面介助、腰痛緩和、排便介助)。手からアプローチの場合は歩行できるため、必要に応じて介助する。
  • 医師が穿刺部位の止血確認、消毒を行う際、包帯交換の介助を行う。
  • 安静解除時に膀胱内留置カテーテルを抜去したあと、第1回目の排尿を確認する。

表1観察項目

観察項目

 

心臓カテーテル検査において注意すべきこと

  • 合併症の予防(表2)。
  • 造影剤の使用により、腎機能の悪化をきたしやすいので、十分な水分補給、補液と利尿が必要である。尿比重の観察が重要となる。
  • 動脈穿刺による穿刺部位の出血、血管損傷、血栓形成による塞栓症の出現に注意が必要である。そのため、穿刺部の安静保持、末梢動脈の触知確認が重要となる。特に上腕から穿刺した場合、出血しやすいため注意する。橈骨から穿刺した場合、末梢動脈の触知ができないため、チアノーゼや冷感、しびれがないかで確認する。

表2心臓カテーテル検査の合併症

心臓カテーテル検査の合併症

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』(編著)高木康/2016年3月刊行

新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版

参考文献

著作権について

この連載

  • 気管支鏡検査|呼吸器系の検査 [09/25up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、気管支鏡検査について解説します。 〈目次〉 気管支鏡検査とはどんな検査か 気管支鏡検査の目的 気管支鏡検査の実際 気管支鏡検査前後の看護の手順 気... [ 記事を読む ]

  • 冠動脈インターベンション(PCI)|循環器系の検査 [09/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、冠動脈インターベンション(PCI:percutaneous coronary intervention)について解説します。 〈目次〉 PCIとはどんな治療か ... [ 記事を読む ]

  • 心臓カテーテル検査|循環器系の検査 [09/21up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、心臓カテーテル検査について解説します。 〈目次〉 心臓カテーテル検査とはどんな検査か 心臓カテーテル検査の目的 心臓カテーテル検査の実際 ・心臓カテー...

  • 観血的動脈圧測定|循環器系の検査 [09/18up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、観血的動脈圧測定について解説します。 〈目次〉 観血的動脈圧測定とはどんな検査か 観血的動脈圧測定の目的 観血的動脈圧測定の実際 ・観血的動脈圧測定の... [ 記事を読む ]

  • 中心静脈圧測定(CVP)|循環器系の検査 [09/16up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、中心静脈圧測定(CVP)について解説します。 〈目次〉 中心静脈圧測定(CVP)とはどんな検査か 中心静脈圧測定(CVP)の目的 中心静脈圧測定(CVP)... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1298
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1292
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1221
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1105
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
958
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
899
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
129
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者632

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!