1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査

2015年08月08日

単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、単純X線検査について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

単純X線検査とはどんな検査か

単純X線検査とは外部から人体にX線を照射し、X線の蛍光作用、写真作用を利用し透過したX線をフィルム(デジタル撮影ではイメージングプレートやフラットパネル)に感光させ画像化したものである。X線発生装置とフィルムの間に人体を置き、通過するX線の吸収の差を濃淡として画像化する。X線写真では空気、脂肪、水、カルシウム(骨)の4段階に濃度が表現できる。X線の吸収が高い骨はX線の透過が少なく真っ白になり、ついで吸収の高い水がやや白く、透過の良好な脂肪がやや黒く、ほとんど吸収しない空気が黒くなる。したがって胸部X線では、空気がほとんどである肺野は黒く、水である心臓、大血管がやや白く、肋骨や脊椎骨が白くなる。

胸部では肋骨や縦隔に重なった肺病変を見逃さないよう100〜150kVの高圧で撮影する。腹部では軟部組織のコントラストもつくように70〜80kV程度、骨はコントラストをよくするため45〜70kV(脊椎は80kV)程度の電圧で撮影される。乳房撮影(マンモグラフィ)も単純X線検査である。脂肪と乳腺からなる乳房はコントラストが悪いので、乳房を圧迫し25〜30kV程度の低い電圧で撮影し腫瘍や石灰化の描出能を高めている。

 

単純X線検査の目的

単純X線検査は放射線被曝がある、濃度分解能が十分ではない、二次元画像で臓器が重なって写るなどの欠点はあるが、侵襲性も低く、装置も高価ではなく、多くの施設に設置されており、簡便に人体内部の構造や異常を観察することができるので画像診断の基本となっている。具体的には肺炎(図1)、肺腫瘍、胸水、心拡大などの胸部疾患、イレウス(図2)、尿路結石、消化管破裂などの腹部疾患、骨折(図3)、脱臼、骨腫瘍などの骨疾患、乳癌の診断など広い適応をもつ。

図1胸部単純正面像

胸部単純正面像

左上肺野に肺炎による浸潤性(矢印)が広がっている。

図2腹部単純臥位像

腹部単純臥位像

小腸が空気で拡張(矢印)しておりイレウスと診断できる。

図3左手首正面像

左手首正面像

橈骨および尺骨の遠位、尺骨の茎状突起に骨折(矢印)を認める。

 

単純X線検査の実際

患者の姓名を確認し、撮影部位にボタンや金属などのない服に着替えてもらう。放射線技師が撮影部位に適合する装置で、撮影部位の適切なポジショニングをとり、照射野を決め最適の撮影条件で撮影する。

 

単純X線検査前後の看護の手順

看護師の役割は技師がよりよい画像を得ることができるよう、患者の不安を取り除く、患者の状態や点滴ルート酸素チューブなどに注意し技師が適切なポジショニングが取れるようにし、安全に検査ができるよう介助することである。そのためにはある程度の撮影の目的、手順などの理解が必要である。

 

単純X線検査において注意すべきこと

撮影部位に金属やX線透過性の悪いものがあると、診断の妨げになるので、撮影時の患者の服装に注意が必要である。患者の状態によっては患者の体位を保つために介助が必要なこともあるが、その場合には放射線防護のためのエプロンを着用し、できる限り被曝しないよう注意が必要である。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 筋電図検査(EMG)|脳・神経系の検査 [08/14up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、筋電図検査(EMG)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 筋電図検査(EMG)とはどんな検査か 筋電図検査(EMG)... [ 記事を読む ]

  • 脳波検査(EEG)|脳・神経系の検査 [08/11up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、脳波検査(EEG)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 脳波検査(EEG)とはどんな検査か 脳波検査(EEG)の目的... [ 記事を読む ]

  • 単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査 [08/08up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、単純X線検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 単純X線検査とはどんな検査か 単純X線検査の目的 単純X線検査...

  • PET(ペット)|画像検査 [08/06up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、PET(ペット)検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 PET(ペット)とはどんな検査か PET(ペット)の目的 ... [ 記事を読む ]

  • RI(核医学)検査|画像検査 [08/04up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、RI検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 RI検査とはどんな検査か RI検査の目的 RI検査の実際 ・X... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 迅速検査法|細菌検査 [07/06up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、迅速検査法について解説します。   江口正信 公立福生病院部長   〈目次〉 迅速検査法の定義 迅速検査法の種類と対象 ... [ 記事を読む ]

  • 肝内胆管拡張症は閉塞性黄疸のサイン [08/31up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「肝内胆管拡張症は閉塞性黄疸のサイ... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)検査とCT検査の違い [08/24up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、臨床現場におけるエコー検査の位置づ... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 小さな命を救う!超低出生体重児の検査が可能な世界最小のMRI [06/06up]

    新生児集中治療室(NICU)の赤ちゃんたちの適切な診断と治療のために、超低出生体重児の検査を可能にした世界最小のMRIがイギリスで大活躍しています。2017年1月の英BBCニュースの報道内容をご紹介します。   ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2523
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1286
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1185
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1033
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
991
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
761
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
106
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2350

◆救急の問題◆以下の中で、ショックの5Pに当てはまらない徴候はどれでしょうか?

  • 1.蒼白(Pallor)
  • 2.冷汗(Perspiration)
  • 3.奇異呼吸(Paradoxical breathing)
  • 4.呼吸不全(Pulmonary insufficiency)
今日のクイズに挑戦!