1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査

2015年08月08日

単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、単純X線検査について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

単純X線検査とはどんな検査か

単純X線検査とは外部から人体にX線を照射し、X線の蛍光作用、写真作用を利用し透過したX線をフィルム(デジタル撮影ではイメージングプレートやフラットパネル)に感光させ画像化したものである。X線発生装置とフィルムの間に人体を置き、通過するX線の吸収の差を濃淡として画像化する。X線写真では空気、脂肪、水、カルシウム(骨)の4段階に濃度が表現できる。X線の吸収が高い骨はX線の透過が少なく真っ白になり、ついで吸収の高い水がやや白く、透過の良好な脂肪がやや黒く、ほとんど吸収しない空気が黒くなる。したがって胸部X線では、空気がほとんどである肺野は黒く、水である心臓、大血管がやや白く、肋骨や脊椎骨が白くなる。

胸部では肋骨や縦隔に重なった肺病変を見逃さないよう100〜150kVの高圧で撮影する。腹部では軟部組織のコントラストもつくように70〜80kV程度、骨はコントラストをよくするため45〜70kV(脊椎は80kV)程度の電圧で撮影される。乳房撮影(マンモグラフィ)も単純X線検査である。脂肪と乳腺からなる乳房はコントラストが悪いので、乳房を圧迫し25〜30kV程度の低い電圧で撮影し腫瘍や石灰化の描出能を高めている。

 

単純X線検査の目的

単純X線検査は放射線被曝がある、濃度分解能が十分ではない、二次元画像で臓器が重なって写るなどの欠点はあるが、侵襲性も低く、装置も高価ではなく、多くの施設に設置されており、簡便に人体内部の構造や異常を観察することができるので画像診断の基本となっている。具体的には肺炎(図1)、肺腫瘍、胸水、心拡大などの胸部疾患、イレウス(図2)、尿路結石、消化管破裂などの腹部疾患、骨折(図3)、脱臼、骨腫瘍などの骨疾患、乳癌の診断など広い適応をもつ。

図1胸部単純正面像

胸部単純正面像

左上肺野に肺炎による浸潤性(矢印)が広がっている。

図2腹部単純臥位像

腹部単純臥位像

小腸が空気で拡張(矢印)しておりイレウスと診断できる。

図3左手首正面像

左手首正面像

橈骨および尺骨の遠位、尺骨の茎状突起に骨折(矢印)を認める。

 

単純X線検査の実際

患者の姓名を確認し、撮影部位にボタンや金属などのない服に着替えてもらう。放射線技師が撮影部位に適合する装置で、撮影部位の適切なポジショニングをとり、照射野を決め最適の撮影条件で撮影する。

 

単純X線検査前後の看護の手順

看護師の役割は技師がよりよい画像を得ることができるよう、患者の不安を取り除く、患者の状態や点滴ルート酸素チューブなどに注意し技師が適切なポジショニングが取れるようにし、安全に検査ができるよう介助することである。そのためにはある程度の撮影の目的、手順などの理解が必要である。

 

単純X線検査において注意すべきこと

撮影部位に金属やX線透過性の悪いものがあると、診断の妨げになるので、撮影時の患者の服装に注意が必要である。患者の状態によっては患者の体位を保つために介助が必要なこともあるが、その場合には放射線防護のためのエプロンを着用し、できる限り被曝しないよう注意が必要である。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 筋電図検査(EMG)|脳・神経系の検査 [08/14up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、筋電図検査(EMG)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 筋電図検査(EMG)とはどんな検査か 筋電図検査(EMG)... [ 記事を読む ]

  • 脳波検査(EEG)|脳・神経系の検査 [08/11up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、脳波検査(EEG)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 脳波検査(EEG)とはどんな検査か 脳波検査(EEG)の目的... [ 記事を読む ]

  • 単純X線検査(乳房撮影を含む)|画像検査 [08/08up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、単純X線検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 単純X線検査とはどんな検査か 単純X線検査の目的 単純X線検査...

  • PET(ペット)|画像検査 [08/06up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、PET(ペット)検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 PET(ペット)とはどんな検査か PET(ペット)の目的 ... [ 記事を読む ]

  • RI(核医学)検査|画像検査 [08/04up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、RI検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 RI検査とはどんな検査か RI検査の目的 RI検査の実際 ・X... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

  • がん診断に、もう血液検査や生検はいらない?ニオイでがんを嗅ぎ分ける「がん探知犬」 [07/18up]

    犬が、人間の尿や呼気から「がん」を嗅ぎとることができる、という話を聞いたことがありますか? より正確ながん早期診断法の確立を目指して、世界各地で行われている研究についてご紹介します。   犬の嗅覚能力を調べる嗅ぎ分け実験... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(脾臓周囲) [11/09up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • 迷走神経反射に注意! エコー下の穿刺術のポイント [04/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、看護師さんに知っておいて欲しい「エ... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1445
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1327
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1203
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1129
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
407
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
922
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3089

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!