1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師が今読みたいインタビュー>
  4. 救急現場で頼れるフライトスーツの七つ道具

2014年10月03日

救急現場で頼れるフライトスーツの七つ道具

 

ドクターヘリで救急の現場へ駆けつけるフライトナース、順天堂大学医学部附属病院の石倉さんへのインタビュー。

第1回では、出動時の状況やドクターヘリの設備についてお話を伺いました。

 

第2回では、現場で活動するためのフライトナースの装備や、ドクターヘリの運用を支えるスタッフの体制についてお話を伺います。

 

【前回の記事】救命救急のプロだけが乗るドクターヘリの内部とは?

 

フライトナースインタビュー【2】

 

迅速な行動のためのフライトスーツ

フライトナースがフライト当番日に身につけているのが、フライトスーツです。

 

 

「上下一体のツナギで、動きやすくなっています。季節によっては下着で調整するなどして、防寒の工夫をしています。」

 

右脚の外側に鉗子、油性ペン、ハサミ

 

出動時、ジッパーは結束バンドで留められています

 

また、腰につけているバッグには、いつ来るか分からない出動のために必要な道具が常備されています。

 

「このバッグはヘリ当番日の勤務中、絶対に肌身離さず持っています。中はフライトナースの7つ道具ですね。点滴を刺す道具とか、痛み止めの医療用麻薬とか。医療用麻薬は、ドクターヘリを運用している施設でも持ち出さないところがあるようですが、当院では薬剤科との徹底した管理体制のもと、持ち出しています」

 

ケースには「疼痛治療剤」「塩酸モルヒネ」などが

 

医療用麻薬は普段、金庫管理されており、持ち出す際は使用後の入れ物などもしっかり管理するそうです。

ちなみに、このバッグの中にはなぜか現金も入っているとか。

 

「例えば、ドクターヘリが現場で処置をしているときに違う現場から出動要請がかかった場合、状況によっては医師や看護師をその場に残して、ヘリだけ帰投することがあります。セカンドクルーといって、別の医師と看護師がヘリに乗って違う現場に行くんです。そうした際に、公共交通機関で病院へ帰るためのお金です」

 

無線で連絡できない状況もあるため、携帯電話も必需品

 

状況に応じて動きやすいように、フライトスーツや持ち物にもさまざまな工夫がされているのですね。

 

チームで支えるドクターヘリ運用

ドクターヘリの飛行速度は時速220km。地形の影響を受けづらく、自在に行き来できる機動性の高さが特徴です。

 

一方で、天候状況によっては飛行が難しく、また出動時には着陸地点や搬送先の選定が必須です。そして、機体数が限られているため、要請が相次いだ場合などの調整も必要になります。

 

そのため、ドクターやナースのほかに、さまざまなスタッフが運航調整に従事しています。

 

「パイロットと整備士は常に待機室で天候などを確認しています。ほかに、運航対策室で運航調整を専門に行うCS、病院の事務のスタッフもいます」

 

運行対策室内の様子。左が事務員さん、右がCSさん

 

CS(コミュニケーションスペシャリスト)は、ヘリの運用会社から出向しているスタッフで、風や視界、雲などの状況を確認しているそうです。現在の視程(視界の距離)が何kmか、雲の高さが何フィートか、出動範囲内の天候はどうかなど、いろいろな情報から総合的にヘリの飛行可否を判断されているそうです。

 

モニタの1つには、周辺各所のライブ映像が映し出されています

 

こちらは別のモニタ。天候などの情報が表示されています

 

また、事務員の方は、データ管理やヘリ運用のサポートをされています。ホットラインで一報が入ると、ドクターヘリはすぐに飛んでしまうので、ヘリが現場へ行く間に、消防などから得た詳細情報をフライトスタッフに伝達しているそうです。搬送先の病院を選定・調整しておくことで搬送の重複を避けたり、次のホットラインを受けてあらかじめセカンドクルーの手配をしておいたりと、重要な役割を担っています。

 

ドクターヘリというと救急医療の花型に見えますが、陰に日向にこうした方々のサポートがあるからこそ、迅速な救急対応ができているのですね。

 

第1回、第2回で体制や装備について伺ってきたフライトナースインタビュー。

第3回では、石倉さんご自身がフライトナースになった経緯や、やりがいについて伺います。

 

【次の記事】「診断なし、情報なし」未知の現場で処置を行うフライトナース

 


【フライトナース インタビュー】

【1】救命救急のプロだけが乗るドクターヘリの内部とは?

【2】救急現場で頼れるフライトスーツの七つ道具

【3】「診断なし、情報なし」未知の現場で処置を行うフライトナース

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

▷『『看護師が好きな医療ドラマランキング!ナースが納得する「リアル」と「エンタメ」のバランスとは?』

この連載

  • 国民を守る検疫所ナースのお仕事 [10/24up]

    最近はエボラ出血熱やデング熱など、感染症に関するニュースをしばしば目にします。 こうした危険な感染症が日本に入らないように、空港や港で「検疫業務」にあたっている看護師がいるのをご存知でしょうか? 今回は、空港、海港の検疫... [ 記事を読む ]

  • フライトナース【3】 [10/03up]

      ドクターヘリに搭乗して救急医療に従事するフライトナース、順天堂大学医学部附属病院の石倉さんへのインタビュー。 第1回、第2回では、ドクターヘリの出動状況や運用体制、装備などについてお話を伺いました。  ... [ 記事を読む ]

  • フライトナースインタビュー【2】 [10/03up]

      ドクターヘリで救急の現場へ駆けつけるフライトナース、順天堂大学医学部附属病院の石倉さんへのインタビュー。 第1回では、出動時の状況やドクターヘリの設備についてお話を伺いました。   第2回では、現...

  • フライトナース【1】 [10/03up]

      日々、急患に対応する救急医療の現場。一分一秒を争う緊急事態において、ドクターヘリに搭乗し空を飛んで患者さんのもとへ駆けつける看護師がいます。それが、フライトナースです。   今回は順天堂大学医学部附属静... [ 記事を読む ]

  • 看護師からもがん患者からも相談を受けられる存在「ぴあナース」【2】 [09/29up]

    自身もがん経験者で、沖縄県でがんを経験したナースによる患者支援の会「ぴあナース」を設立した上原弘美さん。現在の活動や会への思いなどについてお話を伺いました。   がんはいろいろな気付きをくれた神様からのギフト 「ぴあナー... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(21)

21匿名2015年03月18日 19時59分

かっこいい!!!

20匿名2015年02月22日 17時01分

すごく興味があります

19匿名2015年01月30日 23時38分

凄いな~尊敬します

18匿名2014年12月15日 02時28分

すごいなー

17匿名2014年10月08日 02時11分

すごいです。

16きょう2014年10月05日 16時54分

ただただ、尊敬ですね。素敵です。

15匿名2014年10月05日 14時57分

素晴らしいナースですね!!

14匿名2014年10月05日 10時31分

カッコいい~っ!

13匿名2014年10月05日 01時11分

尊敬です

12匿名2014年10月04日 16時57分

看護師の憧れですよね!

11匿名2014年10月04日 01時20分

かっこいい~憧れる~

10匿名2014年10月03日 23時46分

ドクターヘリの運用って大変なんですね。でもドクターヘリがある病院が増えてくれるといいと思います。

9匿名2014年10月03日 21時30分

凄いお仕事ですね。尊敬します。

8匿名2014年10月03日 20時36分

ミスチルのHANABIが頭に流れますね

7匿名2014年10月03日 20時27分

すごい

6匿名2014年10月03日 18時56分

すごいですね

5匿名2014年10月03日 18時17分

大変ですね。

4匿名2014年10月03日 14時23分

すごい。迅速な対応してくれそう。

3匿名2014年10月03日 09時14分

なるほどなるほど

2匿名2014年10月03日 07時31分

遠いところに飛んだりするからタクシーで帰れないんだね。いや、大変だ。

関連記事

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1263
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1048
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
848
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者127

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!