1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 仏発の認知症ケア法「ユマニチュード」

2014年09月24日

仏発の認知症ケア法「ユマニチュード」

【ナース知っ得ニュース 2014/09/24号】

 

認知症ケアの新技法である「ユマニチュード」。この手法は、フランス国内ではすでに400を超える医療・介護機関が導入しており、日本でも2012年に紹介され普及が進んでいます。

国内普及を目指す静岡大大学院の研究グループは、映像を使ってユマニチュードの習熟を促すツールの開発をはじめています。

 

認知症ケア「ユマニチュード」の習熟手助け(中日新聞)

 

仏発の認知症ケア法「ユマニチュード」|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

患者の目線に立ち、優しさを伝える技法「ユマニチュード」

「ユマニチュード」とは、認知症の高齢者とのコミュニケーションの改善をねらいにした技術です。この技術を使ってケアを行うことで認知症患者さんが安心感を得、暴力や無気力などを改善する効果が期待されています。

実際に導入が進むフランスでは、この手法を用いたことで周囲に当たり散らしていたおじいさんが急に穏やかになったり、看護師に体を拭いてもらうのを嫌がっていたおばあさんが笑顔に変わったりという変化が実証されています。

 

「ユマニチュード」の技法は、「見る」「話しかける」「触れる」「立つ」という4要素が基本になっています。

 

  • ◇威圧感や支配されている感じを与えないよう、同じ目の高さで近い距離から見つめる。

  • ◇ケアを行うときには、自分の行為を実況中継するように話しかけることで、「何をされているか」を伝えて安心感を与える。

  • ◇車椅子を押すときには、患者さんの肩に触れる。

  • ◇立ち上がらせるときには、腕をつかむのではなく、本人が動く力をいかすように下から触れ、支える。

 

上記のような4つを基本行動とする150以上の具体的な技術が体系化されています。

 

 

「認知症患者の暴力には理由がある」考案者の思い

「ユマニチュード」を考案したのはフランス人のイブ・ジネストさんという男性。

開発のきっかけは、高齢者の移動介助時に、認知症の患者にかまれて叩かれた自らの経験でした。暴力には何か理由があるはずだ、という考えから、高齢者ケアの技法が生み出されたのです。

 

先日、ジネスト氏は日本を訪れ、「ユマニチュード」を試行している病院主催の、静大浜松キャンパスで開催されたミーティングに参加。看護師による実際の認知症ケアの様子を映した動画に対して、「相手の腕を掴むときは上からではなく、下から支える」「話しかけるときは前向きな言葉で優しく繰り返す」などの細かい指導をしました。

 

自身の介護の様子を撮影・分析できるツールが開発中

「ユマニチュード」の普及を目指す、静岡大大学院情報学研究科の竹林洋一教授の研究グループでは、現在、「ユマニチュード」習熟に役立つツールの開発を進めています。

 

「ユマニチュード」には、相手を見つめる時間の長さや手の添え方、動作の順番などが細かく定められているため、習熟には繰り返しの練習や確認が必要だといわれています。

そこで、介護の様子をビデオ撮影したものをパソコンで分析し、「ユマニチュード」の正しい技術とのズレをチェックできるツールは習得に役立ちます。

 

竹林教授は、優れた看護師の達人的なケア技術を多くの人々に伝えるために、技術として分析、体系化することを目指しています。

 

 

(参考)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=105284

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3464_all.html

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(27)

27匿名2014年10月03日 07時47分

すごく興味深い。看護師だけでなく一般に広めて欲しい。

26匿名2014年10月01日 21時04分

なるほどね

25匿名2014年10月01日 11時03分

患者さんが抗議したくなるような関わりかたするスタッフも残念だけどいるからね。私も気をつけよう。

24匿名2014年09月29日 15時00分

初めて聞きました。
ちょっと興味ありますね。

23匿名2014年09月27日 19時17分

患者さんにかまれて、なにか理由があるはずだって冷静に考えれるのがすごい。いかんと思いつつ心の中で悪態ついてしまう

222014年09月26日 11時37分

知らなかった

21匿名2014年09月25日 15時54分

勉強してみたいです。

20匿名2014年09月25日 14時01分

介護施設に勤めてます。認知症の方が穏やかになるスタッフは 無意識にユマニチュード的な接し方をしているのだと思いました。私も見習おうと思います

19匿名2014年09月25日 13時54分

活用しながらじっくり関わってみたいなぁ。

18匿名2014年09月25日 13時47分

もっと早く知りたかったです。

17かえる2014年09月25日 08時20分

学生の時は皆やってるんじゃないかなと思う。仕事となると時間に追われて段々できなくなる気がする

16匿名2014年09月25日 04時38分

相手に流れている時間に合わせて対応できたらいいですよね。

15匿名2014年09月25日 04時07分

夕暮れ症候群も緩和されたり、患者さんが穏やかに過ごせるのが一番いいですね。お互いにニコニコしていたい。

14匿名2014年09月25日 01時01分

知らなかった!興味深い

13匿名2014年09月24日 23時41分

認知症の方々は、関わり方ひとつで全然変わるのを実感する今日この頃です。

12匿名2014年09月24日 23時39分

これ、すごく興味あるんですよね。

11匿名2014年09月24日 22時35分

勉強してみたいです

10匿名2014年09月24日 22時28分

詳しく知りたいです。

9うんちゃん2014年09月24日 21時52分

難聴やほぼ失明、プシコ患者には正直使えません〓(/。\)

8匿名2014年09月24日 21時22分

昨日テレビでもやっていました、興味あります。

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1312
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1329
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1205
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1075
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
959
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
685
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7573

◆消化器の問題◆ドレーン挿入中の観察とアセスメントとして適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.ドレーン挿入部の皮膚周囲に発赤や熱感を認めたら、感染ではなく縫合不全を疑う。
  • 2.直腸切除後のダグラス窩ドレーンから膿汁の排液を認めたら、腹腔内感染を疑う。
  • 3.術直後の観察でドレーンから100mL/時以上の血性排液を認めたら、術後出血を疑う。
  • 4.胸腔ドレナージ中に水封室の呼吸性移動が見られない場合は、ドレーンの閉塞を疑う。
今日のクイズに挑戦!