1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 在宅ケアでの情報共有をサポートする「クラウドサービス」―スマホを介して多職種が連携

2014年09月10日

在宅ケアでの情報共有をサポートする「クラウドサービス」―スマホを介して多職種が連携

【ナース知っ得ニュース 2014/09/10号】

 

地域包括ケアでは、医師や看護師、ケアマネージャ、介護士など、関わるスタッフ間での連携が重要です。ですが、それぞれが訪問時に得た情報を共有するのはなかなか難しいのが現状です。

これをサポートするため、在宅患者さんのケアに必要なデータの記録・共有を支援するクラウドサービスが増えています。

 

So-net、在宅ケア関係者の連携を支援するクラウド「bmic ZR」提供開始(RBB Today)

 

 

在宅ケアでの情報共有をサポートする「クラウドサービス」―スマホを介して多職種が連携

 

スマホを介して患者さん情報を共有&業務効率化が図れる

在宅ケア向けクラウドサービスでは、訪問診療や訪問看護時に、在宅患者さんのケアに必要なバイタルデータや診療の記録を、タブレット端末、スマートフォン、ノートパソコンに取り込み、サーバへ送信・記録します。

これによって関係者が瞬時に同じ情報を共有し、適切なケアを提供することができるようになります。

どれもスマートフォンのアプリを用いた連携が可能になっており、簡単に利用できるのが特徴です。

 

バイタル・画像・処置メモなどを記録して連絡

例えば、最近提供をスタートしたSaaS型医療ソリューション「bmic ZR(ビーミック ゼットアール)」(So-net)は、バイタルサイン測定機器と連携しており、訪問診療や訪問看護時のバイタルデータや、訪問先で撮影した画像データや処置メモなどのデキストデータ、一般連絡なども併せて記録。

データはモバイルネットワークを経由して関係者に共有されるため、その情報をもとに多職種間でコミュニケーションを取ることができます。

 

このほかにも、「地域医療連携支援システム エイル」(エイル)や「往診先生」(富士通)、「infomity『在宅メディケアクラウド』」(コニカミノルタ)など、さまざまなクラウドサービスが提供されており、すでに在宅医療や居宅介護で活用されています。

 

どれも医療・介護従事者と患者さん、ご家族のコミュニケーションを円滑にするものです。

今後、これらのサービスを利用することで、ますます在宅医療に関わる関係者同士がより密につながり、地域医療が活性化することが期待されます。

 

 

(参考)

http://www.eir-note.com/

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1302/06/news02.html

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(20)

20匿名2014年09月14日 20時14分

凄く便利ですね。

19匿名2014年09月12日 16時06分

すごい

18匿名2014年09月12日 14時38分

すごい!進歩してますね!

17匿名2014年09月11日 20時12分

すごい!

16匿名2014年09月11日 18時43分

便利だ

152014年09月10日 23時24分

慣れるまでが、、

14匿名2014年09月10日 22時27分

便利だけどね〓

13匿名2014年09月10日 21時42分

慣れるといいかな?

12匿名2014年09月10日 18時49分

まさかだけど送信ミスさえなければすっごく便利ではあるなあ〓送信ミスさえ気を付ければ。

11匿名2014年09月10日 18時49分

全くだ〓

10やははは2014年09月10日 18時31分

便利だけど怖いなあ

9匿名2014年09月10日 18時29分

便利な世の中になりました。

8匿名2014年09月10日 16時44分

いいですね

7匿名2014年09月10日 15時34分

スマホの活用ですね

6匿名2014年09月10日 14時17分

スマホ有効に使っていいですね〓

5匿名2014年09月10日 12時17分

スマホの時代ですね。びっくり。

4匿名2014年09月10日 11時47分

時代にですね

3匿名2014年09月10日 10時31分

いちいち電話しなくていいから楽ですね。

2匿名2014年09月10日 10時03分

それくらい今ならできるよね。

1匿名2014年09月10日 09時37分

今時はこうですよね

関連記事

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1122
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1126
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1053
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1026
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
876
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
680
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者707

在胎週数30週、1,100gで出生した男児が経鼻的持続陽圧呼吸療法管理中で、仰臥位管理となっています。口腔より胃管が留置され、上肢には点滴ラインが留置されています。安静時期のポジショニングで適切なのはどれでしょうか?

  • 1.ライン類確保のため、上肢は抑制する。
  • 2.後頸部の軽度伸展と体幹の屈曲、肩甲帯の下制・前方突出とする。
  • 3.足底は臀部のラインより下に出ていてもよい。
  • 4.下肢は外反、外転位となるような姿勢をとる。
今日のクイズに挑戦!