1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 米国では当たり前?診断や治療もできるエキスパートナース「NP(ナースプラクティショナー)」

2014年08月16日

米国では当たり前?診断や治療もできるエキスパートナース「NP(ナースプラクティショナー)」

Nurse Practitioner(ナースプラクティショナー・NP)を知っていますか? アメリカでは看護師の職位が細かく分類されているのですが(専門看護師のCNS、麻酔看護師のCRNA、高度実践看護師のACNなど)、一般的な看護職(日本でいう正看護師)の上位職種にあたるのがNPです。

 

仕事内容は患者にプライマリーケアを提供し専門的な医療機関を紹介することですが、ある程度の診断や治療ならば単独で行うこともできます。そのため、位置づけとしてはちょうど医師と看護師の中間にあるといえるでしょう。

 

日本にも専門看護師認定看護師などがいますが、医師法により、診断、薬剤の処方、投与などを行うことは認められていません。現在、特定の医療行為を実施できる「特定看護師」は導入の検討段階に入っていますが、この資格においても「医師の指示の下」であることが前提となっています。つまりNPに相当する職種は存在しないというわけですね。

 

でも、アメリカではNPの存在はごく一般的。ここではそんなアメリカのNPの活動を通じて、その必要性や課題点などを探ってみたいと思います。

米国では当たり前?診断や治療もできるエキスパートナース「NP」|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

医師よりも「広範囲に」かつ「じっくり」と患者と向かい合う

メリーランド州のサンドラ・ネティナは、NPの中でも特にFamily Nurse Practitioner(FNP)といわれる資格を持って働いています。FNPは成人看護に加え小児科や婦人科領域も診ることができるため、その需要と資格保有者は多いようです。

 

彼女は、「FNPのように広範囲にわたる診療では医師の診察よりもじっくり患者の話を聞くことができ、より包括的な医療が提供できる」と語ります。実際にサンドラは、重度のリウマチ、高齢期の慢性肺疾患や慢性心疾患、肥満などの理由で家に引きこもりがちになった患者宅を訪問し、彼らのニーズを満たす活動もしているとのことです。

 

 

完全にナース独断ではなく医師との連携も

ヴァージニア州のマリベス・カプノは、セーレム退役軍人医療センターにて心臓病患者を診ています。患者が抱える疾患は不整脈から冠動脈心疾患までと幅広く、時にはステント留置患者のケアも行っています。彼女はまたNPヴァージニア会議の議長でもあり、無料診療所でボランティアを行うなど総合的なヘルスケアを日々提供しています。

 

マリベスは「NPのほとんどが内科医と良好な連携体制をとっている」と述べています。そして「不測の事態になれば、医師だけでなく他のNPや医師助手に対しても協力を依頼する」とのことです。どんなに優れたNPであっても、やはり高度の専門知識を必要とするケースは起きるもの。彼女はプライマリーケア提供者と専門分野のスペシャリストとの調和を特に重視しているようです。

 

 

NPを取り巻く問題は?

NPが活躍する環境では問題点もいくつか存在するようです。そのうちの一つは内科医やその他医療従事者をとりまく政治的な問題――つまり、「誰が、どこまで、何を診るのか?」ということです。

 

アメリカでは、就労する人々の雇用や収入を確保するために職域が細かく分類されることが多々あります。医療業界もまさに同じ状況にあるようです。こういった問題解決のために、NPと内科医との間で業務上の契約を義務付けるなどの協定はあるものの、州によってはその点が各自治に任されているケースもあり、根本的な解決には至っていないのが現状です。

 

 

日本国内でNPが誕生する日は来るか

アメリカでNPが設立された背景には、医師不足や医療費削減などがあります。確かにNPのようにプライマリーケアを提供できる人が増えることで、より多くの「患者の振り分け」が可能になり無駄な医療費がかからなくなるでしょう。それに伴って、専門医は専門性の強い病態とじっくり向き合う機会も増えます。

 

先にも述べた通り、現在日本では特定看護師の導入が検討されている段階であり、NPの導入はまだまだ先の話……のように感じるかもしれませんが、実は日本でもNPを創設しようとする動きがあります。しかし、そのためには行政の理解、教育制度の改革、その他医療従事者との協調など、乗り越えるべき課題は山積みのようです。また、NP導入による「職業的ヒエラルキーの発生」「低コスト医療制度の推進」などは危険とする意見もあがっており、導入に反対する動きがあるのも事実です。

 

各国によって文化や事情はさまざまありますが、現在の日本の看護制度についてあなたはどう考えますか? そう遠くない未来でNPが創設された場合、その資格を取りますか?

 

 

文:宮川梨沙

 

(参考)

9 Things to Know About Nurse Practitioners

(追記)

特定行為の大枠がついに決定!ドレーンやカテーテル抜去、薬剤投与など38項目

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(27)

27匿名2018年07月26日 21時35分

医療事故などがあった時の責任は看護師がとれるの?
アメリカでは責任問題はどうしてるの?

26匿名2015年03月15日 00時41分

仕事だけじゃなく責任も増える

25匿名2015年02月26日 22時13分

医者の役割は??

24匿名2014年12月31日 14時00分

憧れますね。NP!!チャンスがあれば!!
看護師としても出だしが遅い私だけど野望があります。
NPの資格を持った訪問看護師!!なんて素敵だろうなぁ〓

23Shiro2014年08月20日 15時24分

アメリカでNPが出来たのは、アメリカの医療制度によるところが大きいと思います。日本のようにすぐ医者にかかれない、そういう背景があるからだと思います。

22匿名2014年08月20日 12時31分

仕事だけが増える

21匿名2014年08月20日 09時16分

日本でも導入すればいいのに

20匿名2014年08月19日 21時39分

何もかわらない

19匿名2014年08月18日 17時18分

きてほしい。

18匿名2014年08月17日 20時32分

すごい

17ここ2014年08月17日 19時38分

前はなりたかったなぁ
ナースプラクティショナー

16匿名2014年08月17日 14時19分

>13 そうですよね。ちゃんと報われたいですよね。認定さんとか、聞くとすごく手当てが少ないと感じます。あれだけ頑張って取った資格なのに。

15匿名2014年08月17日 14時14分

レベル高い!

14匿名2014年08月17日 08時09分

すごいなぁ

13匿名2014年08月17日 06時05分

資格がんばってとったら給料あげてくれるなら。がめつくてすいません。

12匿名2014年08月16日 22時52分

勉強が大変そうですね。でも日本でだとただ、やる事&責任が増えてもお給料面ではかわらなさそうですね。

11匿名2014年08月16日 22時21分

かなり勉強しなくちゃですね・・・

10匿名2014年08月16日 20時21分

やりがいありそう

9匿名2014年08月16日 19時02分

20年ほど前、某看護雑誌でNPの存在を知りました。自分がなりたいかは微妙ですが、国は日本版NPを誕生させたいようですね。

8匿名2014年08月16日 16時30分

すごいことだとおもうけど、今以上に仕事量が増えそうだなと思いました。
ただでさえ何でも屋ですから。

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1131
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1032
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
930
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3054
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3344

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!