1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. へき地・離島ナースリレーコラム>
  4. 対馬では看護部長もドクターもコメディカルも身近|へき地・離島ナースリレーコラム【10】

2014年07月31日

対馬では看護部長もドクターもコメディカルも身近|へき地・離島ナースリレーコラム【10】

へき地・離島で働く看護師リレーコラム。10回目は、長崎県の対馬で働く雪見さん。病院スタッフ同士のコミュニケーションについてお書きいただきました!

 

◆雪見さんの今までのコラムはこちら

「対馬」のナースは還暦を迎えても3交代バリバリ!

離島の緊急対応はチーム力勝負~対馬~

 

(寄稿協力:特定非営利活動法人ジャパンハート)

 

看護部長も身近な存在

以前勤務していた病院では自分の所属する病棟スタッフ以外と、積極的には関わっていませんでした。そのため必然的に自分の医療の世界は「病棟」だけ。

 

でも場所を変えてみると、いろいろな形の医療従事者同士の交流があるのだと気づかされます。

 

対馬いづはら病院のスタッフたちは、病棟を越えて仕事上の立場ではなく、「人対人」としての情のある交流が盛んです。

 

患者さんがリハビリへ行くときや病棟を移るときも、一言二言コミュニケーションして去っていく。臨床検査技師はこんな人で、リハビリ科にはこんな人がいて、と、ここの看護師にならって交流していくと、この「病院」はこんなスタッフで構成されているのか、とおもしろい世界観が見えてきます。

 

これまでの経験では接する機会が少なかった看護部長も、それぞれの病棟をよく回るのでお話しする機会もしばしば。とっても身近な存在に感じます。

 

師長さんに誘われて行った「対馬厳原港まつり」

 

関わる人を知ることで病院を知る。病院を知ることで自分の役割の大きさを知る。自分が病院の一員だと認識することで、患者さんに対する責任感も高くなるのだと思います。

 

飲み会、バレーボール大会、舟漕ぎ大会!?

土地柄なのか、島のみなさんはお酒にめっぽう強い人ばかり!仕事の後やお休みには、職種に関係なくお酒を飲みながら交流している姿があります。公私ともに楽しく過ごしているんです。

 

病院には年中行事があります。島ならではの「舟グロー」という舟漕ぎの速さを競う大会に、病院で参加することがあります。院内対抗バレー大会が開かれたときには、ICUチームやドクターチームなど、部署ごとにチーム組んで病院を挙げて盛り上がりました。

 

バレー大会の様子。熱戦が繰り広げられます

 

一人一人の交流からできる人間関係と、そんなスタッフで構成される病院。医師と看護師、スタッフ間の交流・意見交換が多いのも特長です。

 

医師が看護師に患者さんの治療について意見を聞く場面をよく見かけました。医療者間の関係性があるのも普段のコミュニケーションの賜物だと思います。仕事の上だけでなく、その人の人となりを知って、その人自身を信頼できるのではないでしょうか。

 

人間くさい場面もあり、島ならではの人情味のある雰囲気を体感できます。

 

舟グローの応援の旗に「看護師募集中」の文字! たくましい…

 

山梨県の牧丘で働く“Michi”さんにお話いただきます。

 

■寄稿協力

特定非営利活動法人 ジャパンハート

 

2004年に代表の吉岡秀人医師が設立した国際医療ボランティア団体。今回紹介したへき地離島への医療研修は国際看護長期研修の一つで、ミャンマーでの医療研修も含め1年間のプログラムとなっている。ほかにもカンボジア、ラオスでの医療支援や医療者育成支援など、さまざまな支援活動を行っている。医療者が参加できる活動として、子どもや貧しい人々のために巡回診療や手術を行う、3日~7日程度の休暇で参加が可能な国際医療短期ボランティアなどがある。

 

ジャパンハート公式サイト

国際看護長期研修専用サイト

この連載

  • 【上五島】島民は情報通!?~上五島~ [08/28up]

    へき地・離島で働く看護師リレーコラム。12回目は、長崎県の上五島(かみごとう)で働くあさみさん。離島での患者さんとの関わり方についてお書きいただきました!   ◆あさみさんの今までのコラムはこちら 京都から11時間... [ 記事を読む ]

  • 【牧丘】覆された私の看護概念~牧丘~ [08/14up]

    へき地・離島で働く看護師リレーコラム。11回目は、山梨県の牧丘で働くMichiさん。終末医療の概念が変わったある日の出来事についてお話いただきました!   ◆Michiさんのコラム1回目はこちら バスは1日5本。山... [ 記事を読む ]

  • 【対馬】対馬では看護部長もドクターもコメディカルも身近 [07/31up]

    へき地・離島で働く看護師リレーコラム。10回目は、長崎県の対馬で働く雪見さん。病院スタッフ同士のコミュニケーションについてお書きいただきました!   ◆雪見さんの今までのコラムはこちら 「対馬」のナースは還暦を迎え...

  • 【隠岐島】患者さんと一緒に「よっしゃ!」喜ぶ隠岐島の看護師 [07/17up]

    へき地・離島で働く看護師リレーコラム。9回目は、島根県の隠岐島で働く“キコ”さん。いきいきと働く地元の看護師さんから改めて学んだ、看護のすばらしさについてお書きいただきました!   ◆キコさんの今までのコラムはこちら ... [ 記事を読む ]

  • 【上五島】島の患者さんは全員ここへ~上五島~ [07/03up]

    へき地・離島で働く看護師リレーコラム。8回目は、長崎県の上五島(かみごとう)で働くあさみさん。 離島だからこそ見えてくる、医療の“つながり方”についてお書きいただきました!   ◆あさみさんのコラム1回目はこちら ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(51)

51匿名2014年08月04日 01時37分

なるほどー。

50匿名2014年08月04日 01時37分

いろんなこと勉強できそう

49匿名2014年08月04日 01時35分

いいね

48匿名2014年08月04日 01時35分

仕事しやすいかも

47匿名2014年08月04日 01時33分

いろいろ連携取れそう

46匿名2014年08月04日 01時32分

いろいろ連携取れそう

45匿名2014年08月04日 01時31分

娯楽はなんだろう

44匿名2014年08月04日 01時31分

期間限定でいいなら行ってみたい

43匿名2014年08月04日 01時29分

家族みたいになるのかな?

42匿名2014年08月04日 01時28分

ほお

41匿名2014年08月04日 01時27分

へぇ 

40匿名2014年08月04日 01時27分

なんかいいなぁ

39匿名2014年08月04日 01時25分

どっぷり腰を据えて滞在するならいいだろうね 

38匿名2014年08月04日 01時24分

仲いいのはイイネ

37匿名2014年08月04日 01時19分

買い物とか、全部見られてそうだもんね。 

36匿名2014年08月04日 01時19分

オープンな性格の人はいいかも。

35匿名2014年08月04日 01時17分

公私混同はできない 

34匿名2014年08月04日 01時17分

のどかですよね

33匿名2014年08月04日 01時16分

のんびりしてそうだけど、仕事はバタバタして大変そう

32匿名2014年08月04日 01時15分

憧れるけど、私は無理だろうなぁ

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
327
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1146

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!