1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 【海外看護師ニュース】小児科看護師の「言葉にできない」仕事とは?

2014年07月12日

【海外看護師ニュース】小児科看護師の「言葉にできない」仕事とは?

欧米諸国では、日本のように看護師の配属する科を病院側が決めることは稀で、看護師側に主な選択権があります。日本のように病院ごとの試験、面接、採用ではなく、各科ごとの採用試験や面接を実施している場合がほとんどです。

そんな事情のなか、欧米の看護師の間で小児科は、オペ室勤務と1,2を争うほどの人気の科です。看護師の競争率が大変高いため、看護師不足の続く昨今でも、小児科に採用されて勤務するのは至難の業とも言われています。

 

そんな狭き門を突破して念願の小児科勤務を獲得することができた看護師たち。毎日子供たちの笑顔に囲まれて、和気あいあいと楽しく業務をこなしているのでしょうか。

 

実際に小児病棟で働くカナダ人看護師にその様子を伺ってみましょう。

 

【海外看護師ニュース】小児科看護師の「言葉にできない」仕事とは?|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

言葉にできないたくさんの思い

ジャクリーン・ハンリーさんはカナダのトロントにあるThe Hospital for Sick Children(ザ・ホスピタル・フォー・シック・チルドレン)という小児専門病院に務めて3年になる小児科専門の若い女性看護師です。

 

ジャクリーンさんは『シックキッズ財団』というカナダの児童医療支援財団のメンバーであるだけでなく、自分の勤める小児病棟の子どもたちの痛みの緩和支援を目的とする委員会の創設者でもあり、同委員会の共同委員長も務めています。意欲的な活動の数々からジャクリーンさんの小児科看護師としての情熱が伝わってきます。

 

そんなジャクリーンさんですが、去年のシックキッズ財団の取材で、「ここ最近、小児科の看護師であるということについて改めて考えさせられたことがありました」と語りました。きっかけは、結婚して間もない夫からの「今日、仕事はどうだった?」という一言でした。

 

病室で、実際の年齢よりも大人びた素振りを見せる子どもたちを見ていたたまれない気持ちになったこと、自分の小さな体に残った手術跡を指して「こんな傷、大嫌い」といった子どもにかける言葉がなかったこと、「お家に帰りたい」と夜な夜な泣き続ける長期入院の子どもたちをうまく慰められない自分自身に対してやるせなくなったこと等々。

 

どんなに考えても自分の本当の胸の内を言葉で表すことができなかったジャクリーンさんは、口ごもってしまったと言います。大人の患者さんとは違い、やはり小児科の看護師ならではの苦悩がたくさんあるようです。

 

その一方で、小児科の看護師ならではの喜びを改めて実感したとも語ったジャクリーンさん。

 

なかなかミルクを飲んでくれない乳児が、初めて哺乳瓶のミルクを全て飲んでくれた時の喜びをその家族と一緒になって喜んだこと。

 

嫌がる子どもたちの胸に聴診器を当てる時に「オバケさん、いるかな?」と言うと、子どもたちが大人しくなってくれることが面白くて笑顔になれること。

 

容態の悪かった子どもが笑顔で退院していく姿が、涙を堪えきれなくなるほど嬉しい反面、ほんの少しさみしい気持ちになること。

 

このように、小児科の看護師ならでは味わえる喜びや嬉しさ、楽しみも多くあると語りました。

 

「もし次に誰かから『今日、仕事はどうだった?』と聞かれたら、「今日も素晴らしい一日だった」と笑顔で答えようと思います」と、はつらつと答えたジャクリーンさんの眼差しは、優しさと希望に溢れていました。

 

小児科の看護師の中には、子ども好きな故に逆に小児科での勤務が辛いという声も多く、幼い子どもたちが苦しんでいる姿を見るのが耐えられないといって、小児科を去っていく看護師もいるのが現状です。たしかに、苦悩や涙も大人の患者さんを相手にするよりは多いかもしれません。しかしその一方で、子どもたちの笑顔や笑い声から多くの喜びを得られることは、小児科・小児病棟の看護師だけの特権ではないでしょうか。

 

(参考)Sick Kids pediatric nurse says job is ‘indescribable’

文:Mia C.

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(31)

31匿名2015年03月20日 20時17分

おばけいるかな。かわいい。

30匿名2015年03月15日 00時49分

お世話になったので、感謝しきりです

29匿名2015年03月15日 00時40分

小児がんとか〓つらいなぁ

28匿名2015年02月25日 17時00分

楽しそうだけど、難しそう

27匿名2014年07月17日 00時14分

きびしいね

26匿名2014年07月16日 03時01分

小児憧れ

25匿名2014年07月15日 18時23分

だから日本はジェネラリストが多いんだ

24匿名2014年07月15日 07時42分

選べるのいいね

23匿名2014年07月14日 13時44分

小児科は難しい

22匿名2014年07月14日 03時08分

分かります。私も、小児科だから

21匿名2014年07月13日 18時08分

子供亡くなるのは辛い

20匿名2014年07月13日 00時30分

子ども好きだけど、難しい。 優しさは勿論だけど、心理学の知識が必要だと思う。

19匿名2014年07月12日 22時37分

子供苦手

18匿名2014年07月12日 22時05分

親が怖いなあと感じてしまう

17匿名2014年07月12日 18時39分

小児科の看護師は大変そう・・・

16匿名2014年07月12日 17時35分

小児は難しそう

15匿名2014年07月12日 17時29分

家族さんの精神的フォローも大事

14匿名2014年07月12日 17時10分

辛いこと多そう

13匿名2014年07月12日 17時08分

小児科医になる人が少ないのは理由がある。看護師はどうなんだろう?

12匿名2014年07月12日 17時06分

小児科はなりたい人が少ないと聞きます。大変なんでしょうね。

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1278
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1115
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1013
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
900
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2434
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者558

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!