1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護roo!ニュース>
  4. 「出生数」より「死亡数」が51万人多いという衝撃|看護roo!ニュース

2020年01月16日

「出生数」より「死亡数」が51万人多いという衝撃|看護roo!ニュース

赤ちゃん

 

厚生労働省によると、2019年に生まれた赤ちゃん(推計)が90万人を割りました。

 

100万人を割ったことが大きな話題となった2016年から、わずか3年。出生数の減少が止まりません。

 

一方で、死亡数は増加を続け、出生数より約51万人上回りました。

 

 

13年連続で、死亡数が出生数を上回る

出生数と死亡数の推移(2019年は推計)/【出生数】1947年:2,678,792、1948年:2,681,624、1949年:2,696,638、1950年:2,337,507、1951年:2,137,689、1952年:2,005,162、1953年:1,868,040、1954年:1,769,580、1955年:1,730,692、1956年:1,665,278、1957年:1,566,713、1958年:1,653,469、1959年:1,626,088、1960年:1,606,041、1961年:1,589,372、1962年:1,618,616、1963年:1,659,521、1964年:1,716,761、1965年:1,823,697、1966年:1,360,974、1967年:1,935,647、1968年:1,871,839、1969年:1,889,815、1970年:1,934,239、1971年:2,000,973、1972年:2,038,682、1973年:2,091,983、1974年:2,029,989、1975年:1,901,440、1976年:1,832,617、1977年:1,755,100、1978年:1,708,643、1979年:1,642,580、1980年:1,576,889、1981年:1,529,455、1982年:1,515,392、1983年:1,508,687、1984年:1,489,780、1985年:1,431,577、1986年:1,382,946、1987年:1,346,658、1988年:1,314,006、1989年:1,246,802、1990年:1,221,585、1991年:1,223,245、1992年:1,208,989、1993年:1,188,282、1994年:1,238,328、1995年:1,187,064、1996年:1,206,555、1997年:1,191,665、1998年:1,203,147、1999年:1,177,669、2000年:1,190,547、2001年:1,170,662、2002年:1,153,855、2003年:1,123,610、2004年:1,110,721、2005年:1,062,530、2006年:1,092,674、2007年:1,089,818、2008年:1,091,156、2009年:1,070,036、2010年:1,071,305、2011年:1,050,807、2012年:1,037,232、2013年:1,029,817、2014年:1,003,609、2015年:1,005,721、2016年:977,242、2017年:946,146、2018年:918,400、2019年:864,000 
/【死亡数】1947年:1,138,238、1948年:950,610、1949年:945,444、1950年:904,876、1951年:838,998、1952年:765,068、1953年:772,547、1954年:721,491、1955年:693,523、1956年:724,460、1957年:752,445、1958年:684,189、1959年:689,959、1960年:706,599、1961年:695,644、1962年:710,265、1963年:670,770、1964年:673,067、1965年:700,438、1966年:670,342、1967年:675,006、1968年:686,555、1969年:693,787、1970年:712,962、1971年:684,521、1972年:683,751、1973年:709,416、1974年:710,510、1975年:702,275、1976年:703,270、1977年:690,074、1978年:695,821、1979年:689,664、1980年:722,801、1981年:720,262、1982年:711,883、1983年:740,038、1984年:740,247、1985年:752,283、1986年:750,620、1987年:751,172、1988年:793,014、1989年:788,594、1990年:820,305、1991年:829,797、1992年:856,643、1993年:878,532、1994年:875,933、1995年:922,139、1996年:896,211、1997年:913,402、1998年:936,484、1999年:982,031、2000年:961,653、2001年:970,331、2002年:982,379、2003年:1,014,951、2004年:1,028,602、2005年:1,083,796、2006年:1,084,451、2007年:1,108,334、2008年:1,142,407、2009年:1,141,865、2010年:1,197,014、2011年:1,253,068、2012年:1,256,359、2013年:1,268,438、2014年:1,273,025、2015年:1,290,510、2016年:1,308,158、2017年:1,340,567、2018年:1,362,470、2019年:1,376,000

厚生労働省の「衛生行政報告例を基に看護roo!編集部で作成

 

2019年の出生数は、前年から5万4400人減り、86万4000人でした。

90万人を下回るのは、1899年(明治32年)に統計を開始して以来、初めてのことです。

 

一方で、死亡数は前年から1万3530人増え、137万6000人。

出生数と死亡数の差は51万2000人で、こちらも統計開始以来、初めて50万人を超えました。

 

死亡数が出生数を上回る、いわゆる「人口の自然減」の状態が13年続いています。

 

 

「死産数」は50人に1人

死産数の推移(2019年は推計)/1947年:123,837、1950年:216,974、1955年:183,265、1960年:179,281、1965年:161,617、1970年:135,095、1975年:101,862、1980年:77,446、1985年:69,009、1986年:65,678、1987年:63,834、1988年:59,636、1989年:55,204、1990年:53,892、1991年:50,510、1992年:48,896、1993年:45,090、1994年:42,962、1995年:39,403、1996年:39,536、1997年:39,546、1998年:38,988、1999年:38,452、2000年:38,393、2001年:37,467、2002年:36,978、2003年:35,330、2004年:34,365、2005年:31,818、2006年:30,911、2007年:29,313、2008年:28,177、2009年:27,005、2010年:26,560、2011年:25,751、2012年:24,800、2013年:24,102、2014年:23,526、2015年:22,621、2016年:20,941、2017年:20,364、2018年:19,614、2019年:19,000

厚生労働省の「衛生行政報告例を基に看護roo!編集部で作成

 

死産数を見ると、2019年度は1万9000人。

医療の進歩などもあり、年々その数は減少し続けています。

 

 

1人の女性が産む子どもの数が横ばい

実効性のある少子化対策がなかなか生まれず、出生数の減少に歯止めがかかっていません。

 

女性1人が生涯のうちに産む子どもの数に相当する「計特殊出生率」を見ても、2018年は1.42でした。

 

この数が2.07を上回れば人口減少は止まると考えられていますが、1975年に下回ってから減り続け、現在はほぼ横ばいの状態です。


合計特殊出生率の推移/1947年:4.54、1950年:3.65、1955年:2.37、1960年:2.00、1965年:2.14、1970年:2.13、1975年:1.91、1980年:1.75、1985年:1.76、1986年:1.72、1987年:1.69、1988年:1.66、1989年:1.57、1990年:1.54、1991年:1.53、1992年:1.50、1993年:1.46、1994年:1.50、1995年:1.42、1996年:1.43、1997年:1.39、1998年:1.38、1999年:1.34、2000年:1.36、2001年:1.33、2002年:1.32、2003年:1.29、2004年:1.29、2005年:1.26、2006年:1.32、2007年:1.34、2008年:1.37、2009年:1.37、2010年:1.39、2011年:1.39、2012年:1.41、2013年:1.43、2014年:1.42、2015年:1.45、2016年:1.44、2017年:1.43、2018年:1.42

厚生労働省の「衛生行政報告例を基に看護roo!編集部で作成

 

出生数や死亡数は、必要となる医療やその担い手である看護師に大きくかかわることなので、知っておきたい話題です。

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

出生は人生最大の危機|子孫をつくる(3)

三大死因に「老衰」が初ランクイン

看護師の仕事、結婚・育児と両立できる?

 

(参考)

衛生行政報告例(厚生労働省)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1479
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1371
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1293
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1220
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1187
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
756
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
646
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者432

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!