1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・おうちで死にたい~自然で穏やかな最後の日々~>
  4. おうちで死にたい~自然で穏やかな最後の日々~【6-1】

2019年12月17日

おうちで死にたい~自然で穏やかな最後の日々~【6-1】

ママナースもも子』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、訪問看護師マンガ。

単行本4巻の発売を記念して、月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!

 

訪問看護の利用者さんには、様々な病気の方がいますが少し特殊なのが、精神科の訪問看護です。「精神科の患者さんて、訪問でどんなことをするんですか?」と看護師の花が質問すると、先輩ナースの馬渕さんは、「主に話を聞く。私たちは風の役目を果たしに行くの。」と言いました。

 

患者の石橋かおりさん(30)。元事務員で26歳の時、統合失調症を発症。母と2人で暮らし、現在は自宅で療養中で社会復帰を目指しています。訪問に来た馬渕さんに、かおりさんはいきなり「聞きたいことがあって…。」と切り出しました。

 

「…どうやったら死ねますか?答えがまとまらなくて…」とかおりさんは質問しました。馬渕さんは、「死にたいんですねぇ。どうしてですか?」と言葉を否定せず、寄り添うように言いました。かおりさんは、「仕事も結婚もせず、友達もいないし…生きてる意味ないって思うんです…。私のような人間は、生きている価値ないって思っちゃうんです…。」と言いました。花は、『そんなことないよって言ってあげたい…。』という気持ちをぐっと押し殺していました。

 

元々頭のいいかおりさんは、進学校を出て大学進学後、地元の有名企業に就職したが、24歳ぐらいで幻聴や人に監視されてる妄想が始まり、27歳で症状が悪化。統合失調症と診断され入院、会社も休職となりました。以降、入退院を繰り返しながらこの病気とつきあっています。更にこの病気は波があり、現在は激しい時期を過ぎて心がヘトヘトの時期でこの時期には死にたい願望がとても強くなるのです。馬渕さんが、同じメッセージを発信してもかおりさんは納得しません。それでも先輩は「生きてていいんですよ」と同じ言葉を繰り返します。

 

彼女のお母さんは、本人を目の前に愚痴を言ったり、かまいすぎている感が強いようでした。花には、母親が娘におおいかぶさっているようにも見えて、『娘さん、息苦しいんだろうな…』と思いました。「お母さんがストレスなんじゃ…。」と花がつぶやくと

 

馬渕さんは、「…あんたってやっぱり何もわかってないのね。」と冷ややかな目を向けると、「お母さんいないと生活できないのを、一番わかってるのはかおりさん本人よ。そして自立して出ていく力も気力もないの。それが病気の症状のひとつなの。」と言いました。そして、「治療期間も長いこの病気には、家族の協力が不可欠なのよ。それにお母さんも辛いと思う。前原さんのようにはしたくない…絶対。」と断言しました。

 

前原さんとは、花が就職する前に先輩が担当していた患者さんです。うつ病の方だったが 突然自殺して亡くなりました。65歳の女性で一人暮らしの穏やかそうな人だったそうです。その頃は担当が替わって馬渕さんが受け持ってはいなかったものの、落ち込んでいた、と他の先輩から聞きました。「よく死にたいって言う人は死なないと言いますけど。」と聞くと先輩は、「あーウソウソ!」と言いました。

 

「あるから!! どっちも。自殺前に死にたいって言う人も言わない人もいる。」と説明しました。「だから予兆は、普段の関わりの中での気づきしかないわよ…。普段と違うな…とかちょっと変だなって…。自殺する人は常に心の中で葛藤があって苦しんでいるのよ…。」と言いました。花は、産婦人科の実習に言った時のことを振り返り、そこではどの子もスタッフに笑顔で迎えられてこのように生まれることを思い出しました。『でも忘れちゃうんだ…それが病気にかかるってことなんだ…。』と花は考えました。

【2】に続く

 

単行本プレゼントキャンペーン

『おうちで死にたい』4巻の発売を記念して、抽選で5名様に単行本4巻をプレゼント!

ふるってご応募ください!

締切:2019/12/23(月)23:59

※当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます(12/25(水)発送予定)

※応募期間は終了いたしました。

 

『おうちで死にたい』4巻は12/16(月)発売!看護roo!での試し読みはこちらから

おうちで死にたい4巻タイトル画像

 Amazonで購入する 

1巻2巻3Kindle版も発売中!

 

◆『おうちで死にたい』は『ナースのチカラ ~私たちにできること 訪問看護物語~』にパワーアップ!
月刊『フォアミセス』で好評連載中です。

フォアミセスへのリンク

 


【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2019年12月17日 21時54分

日々の業務に流されず、ちゃんと気付けるようになりたい。

1名無し2019年12月17日 07時29分

単行本買いまーす!

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(1)

主人公の2年目ナースが受け持つ認知症の患者さん。転棟から間もなく、ある悩みが…。 [ 記事を読む ]

人工呼吸器はどんな種類がある?どう使い分ける?

手動式、機械式、体外循環式(ECMOなど)それぞれの特徴をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1365
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1187
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2717
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1053
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
953
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
719
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6942

◆精神看護の問題◆精神障害のある患者さんが、「自分の求める生き方を主体的に追求すること」をストレングスモデルの中では何というでしょうか?

  • 1.エンパワメント
  • 2.ストレングス
  • 3.レジリエンス
  • 4.リカバリー
今日のクイズに挑戦!