1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ビル崩壊事故で天涯孤独となった7歳の少女 – 治療にあたった看護師が養子に

2014年04月26日

ビル崩壊事故で天涯孤独となった7歳の少女 – 治療にあたった看護師が養子に

人の命に関わる看護師という仕事をしていると、時には胸がしめつけられるようないたたまれない事件や事故の被害にあった患者さんと出会うことがあります。 過剰な感情移入は不適切とされている看護師の世界ですが、とはいえそこは人間です。時には、その患者さんをなんとしてでも助けたいという感情が生まれ、看護師という枠を超えて奮闘することもあるでしょう。

 

今回は、悲劇的な状況におかれた少女の傷と心を癒し、少女のその後の運命までをも変えることになった、看護師の心温まるエピソードをご紹介します。

 

ビル崩壊事故で天涯孤独となった7歳の少女 – 治療にあたった看護師が養子に|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

多くの犠牲者を出した、インドのビル崩壊事故

2013年4月、インドのムンバイで起きた、8階建ての住居ビルの崩壊事故を覚えている人もいるでしょう。4階まで完成していたこのビルには、住民とそのビルで働く建設労働者の約150名が住んでいました。ビルの崩壊により、子供17名を含む74名の人が亡くなり、70名以上の人が病院へ運ばれたという、痛ましい事故です。

崩壊の原因が、ビルの強度が建築基準を満たしていない違法建築であったという、人為的なものであることが、なおさらやるせない気持ちにさせます。

 

ビルの下敷きになった幼い少女

そんな大惨事となった事故現場から、奇跡的に救出されたのがサンディア・タカールちゃん、当時7歳の女の子です。

 

救出までの数時間、崩壊したビルの下敷きになっていたサンディアちゃんの顔は内出血による腫れがひどく、目の網膜血管には血栓ができていたため、病院に運ばれたサンディアちゃんは、23日間の入院を余儀なくされることとなりました。

 

命こそ助かったものの、この事故により家族全員を失っていたサンディアちゃんは、母親恋しさからか、入院当初はずっと泣き続けていたといいます。

 

天涯孤独の少女に射した一筋の光

そんな入院中のサンディアちゃんを担当していたのが、ベテラン看護師のヴィーナ・カドゥルさんです。サンディアちゃんの担当となった瞬間から、まるで娘へ抱くかのような感情を持ち、自然と愛情を持って接していたというカドゥルさん。また、サンディアちゃんもカドゥルさんには心を開き、最初からよく懐いていたといいます。

 

「サンディアが退院して養護施設へ引き取られることになった時、胸が張り裂ける思いでした」と、インタビューで語ったカドゥルさんは、天涯孤独となってしまったサンディアちゃんを養子として引き取る決意をします。

 

とはいえ、養護施設が異議を申し立てたことや、厳しい審査、さまざまな法的手続きなど、乗り越える壁は多くありました。

しかし、警察によるDNA鑑定を使った捜査で、サンディアちゃんの血縁者がひとりも見つからなかったことで、サンディアちゃんとカドゥルさんの養子縁組がやっと実現することとなりました。

 

サンディアちゃんが退院してから10ヶ月もの月日が経っていました。

 

養護施設で育つか、新しい家族の一員となって育つかでは、サンディアちゃんの将来も大きく変わっていきます。そのことを思うと、家族を失ったサンディアちゃんの母親になると固く誓った決心が揺るぐことはなかったとカドゥルさんは語ります。

 

サンディアちゃんを迎えるために、夫のバギエッシュさんと日々準備に追われるカドゥルさん。サンディアちゃんも「早くお母さんのお家に行きたい」と、早くもカドゥルさんをお母さんと呼んでいるとのことで、なんとも微笑ましいエピソードです。

 

看護師は、患者さんと看護師という立場をわきまえて接するように教えられます。その教えは多くの場合、正しいものであり、守るべきルールと呼べるでしょう。しかし時には、患者さんと看護師という立場を超えた友情、愛情、絆が生まれる場合もあります。そしてその絆によって、ひとりでも多くの患者さんの人生が好転するのであれば、決して悪いものではないかもしれません。

 

【ライター】Mia C.

 

(参考)

7-Year-Old Who Lost Family In Building Collapse Gets Adopted By Nurse Who Treated Her

India Building Collapses: Rescue Workers Search Through Rubble To Find Survivors

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(37)

37匿名2015年03月15日 14時17分

よかったです

36匿名2015年03月15日 00時10分

いい話

35匿名2014年12月07日 10時13分

覚悟がすごいですね。

34匿名2014年10月26日 11時25分

その子は幸せですね

33匿名2014年07月12日 08時53分

決断力すごい〓

32匿名2014年05月25日 05時06分

感動しました。患者と看護師の関係に心があってこそ癒しも回復もあると痛感しました。

31匿名2014年05月04日 13時15分

難しいところですね

30匿名2014年05月03日 02時31分

いいと思います

29匿名2014年05月02日 22時14分

素晴らしいですね

28匿名2014年05月01日 18時45分

運命ですよね

27匿名2014年04月30日 21時36分

運命ですね

26匿名2014年04月29日 16時02分

自分もこの先そういう体験するかも知れない。
人生、運命って分からない。

25匿名2014年04月29日 15時58分

素晴らしい

24匿名2014年04月29日 15時50分

7歳のこの女の子にはお母さんが必要なんですね。

23匿名2014年04月29日 15時46分

いいんじゃないかな。
出会ったのが病院だった。彼女は看護師だった。それだけ。
二人はもう親子です。

22匿名2014年04月29日 15時44分

すごいなぁ。良かったね。

21得い2014年04月29日 11時17分

批判は簡単でも、自分ができるか少しでも考えてからそういうことを言ってもらいたい

20えみ2014年04月29日 11時13分

すごい話

19匿名2014年04月29日 10時09分

色々な考え方ありますね。日本なら叩かれそう
そういう面でも日本てきらい

18匿名2014年04月29日 09時19分

なんか〓複雑な気持ちだなぁ、看護職なのに。

関連記事

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1336
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1654
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1245
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1131
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
955
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
770
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5230

以下の中で、産科医療補償制度の補償対象になるものはどれでしょうか?

  • 1.出産による母体の後遺症
  • 2.産科危機的出血による母体死亡
  • 3.医療者の過失による新生児もしくは母体死亡
  • 4.新生児の脳性麻痺
今日のクイズに挑戦!