1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護roo!ニュース>
  4. 平均寿命と健康寿命の「差」って、どのくらい?|看護roo!ニュース

2019年08月15日

平均寿命と健康寿命の「差」って、どのくらい?|看護roo!ニュース

日本人の平均寿命、男女共に過去最高/【男性】2009年:79.59、2010年:79.64、2011年:79.44、2012年:79.94、2013年:80.21、2014年:80.50、2015年:80.79、2016年:80.98、2017年:81.09、2018年:81.25/【女性】2010年:86.39、2011年:85.90、2012年:86.41、2013年:86.83、2015年:87.05、2016年:87.14、2017年:87.26、2018年:87.32

出典:厚労省「簡易生命表

 

2018年の日本人の平均寿命が男女共に過去最高(男性が81.25歳、女性が87.32歳)を更新しました。

 

SNSでも話題になり、目立ったのが

 

「長く生きられても、寝たきりでは…」

「健康に過ごせる健康寿命が伸びなきゃ意味がない」

 

など、長寿を手放しでは喜べないという声。

 

確かに、健康で長生きできるなら良いのですが、つらい思いをする期間が長くなってしまうのは誰もが不安に思うところです。

 

実際、平均寿命と健康寿命の「差」って、どのくらいあるのでしょう?

 

 

健康寿命も長くなっているが、平均寿命との差は縮まらず

一方、2016年の健康寿命*は、男性が72.14歳、女性が74.79歳でした。

 

健康寿命も、男女共に上昇し続けています。

 

*健康寿命は3年に1度の算出で、2016年が最新

 

日本人の平均寿命と健康寿命の差/【男性】平均寿命(2001年:78.07、2004年:78.64、2007年:79.19、2010年:79.64、2013年:80.21、2016年:80.98)、健康寿命(2001年:69.40、2004年:69.47、2007年:70.33、2010年:70.42、2013年:71.19、2016年:72.14)、不健康期間(2001年:8.67年、2004年:9.17、2007年:8.86、2010年:9.22、2013年:9.02、2016年:8.84)/【女性】平均寿命(2001年:84.93、2004年:85.59、2007年:85.99、2010年:86.39、2013年:86.61、2016年:87.14)、健康寿命(2001年:72.65、2004年:72.69、2007年:72.69、2010年:73.62、2013年:74.21、2016年:74.79)、不健康期間(2001年:12.28、2003年:12.9、2007年:13.30、2010年:12.77、2013年:12.40、2016年:12.35)

出典:平均寿命は厚労省の「簡易生命表」、健康寿命は厚労省の「平成30年版高齢社会白書

 

平均寿命も健康寿命も長くなっていますが、問題はその「差」。

 

この差は「不健康期間」と呼ばれ、高齢になり、健康上の問題で日常生活に制限のある状態で暮らす期間を指します。

 

寿命が長く、かつ、この期間が短ければ短いほど、健康な状態で長く生きられる、というわけです。

 

2016年の不健康期間は、男性が8.84年、女性が12.35年でした。

 

調査年によって多少のばらつきはありますが、おおむね男性で約9年、女性で約12年の状態が続いています。

 

 

寿命は世界トップクラスだけど、不健康期間は平均より長い

では、世界的にみると、日本の寿命や不健康期間の長さはどうなのでしょう。

 

世界保健機関(WHO)の加盟国194カ国の比較データでみると、平均寿命と健康寿命いずれも世界トップクラスの長さでした。

 

しかし、不健康期間は平均(男性が7.85年、女性が9.33年)よりも男女共にやや長めで、標準以下でした*。

 

*同データでは日本の男性は8.5年、女性は10.2年

 

WHO加盟194カ国での日本の寿命/平均寿命の長さ:男性2位、女性1位/健康寿命の長さ:男性2位、女性2位、不健康期間の長さ:男女共に平均より長め

出典:WHO「World Health Statistics 2019

 

このデータは、国によって調査期間や方法などが異なるため、厳密な比較ではありませんが、日本にとって不健康期間の長さが課題であることがわかります。

 

日本が長寿国であることを何のためらいもなく喜べるようになるためには、いかに健康に過ごせる期間を長くするかにかかっています。

 

予防医療や予防介護、セルフメディケーションなど、これまでの医療や介護の枠組みを越えた、幅広い取り組みが求められます。

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

「薬で寝たきり」を回避せよ

65歳過ぎたらメタボよりフレイルへの対策を

「手術は成功、でも寝たきり…」は医療ミス!?

 

(参考)

簡易生命表(厚生労働省)

平成30年版高齢社会白書(厚生労働省)

World Health Statistics 2019(WHO)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2019年08月15日 07時19分

タバコだったり、酒飲みだったり、糖尿だったり若い頃から健康に気を遣わないならから健康寿命が伸びないんだよ

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1795
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1341
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1236
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1100
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1000
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
636
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1179

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!