1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日経メディカルAナーシング>
  4. 三大死因に「老衰」が初ランクイン|死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?

2019年06月24日

三大死因に「老衰」が初ランクイン|死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?

【日経メディカルAナーシング Pick up!】

小板橋 律子=日経メディカル

 

 

三大死因の1つに、初めて「老衰」が加わった。

 

これは、厚生労働省が、6月7日に発表した、2018年の人口動態統計月報年計(概数)の結果。

 

2018年の統計では、死因の1位、2位は、これまで同様、悪性新生物(腫瘍)、心疾患(高血圧性を除く)だったが、「肺炎」の減少に伴って2017年に3位となった「脳血管疾患」を抜いて、「老衰」が初めて3位となった。

 

死因としての「老衰」は、この十数年、右肩上がりで上昇し続けている(図1)。

 

死亡統計における死因の変化には、2017年4月に発表された『成人肺炎診療ガイドライン2017』(日本呼吸器学会)の影響が大きそうだ。

 

同ガイドラインは、「易反復性の誤嚥性肺炎のリスクあり、または疾患終末期や老衰の状態」の場合には、「個人の意思やQOLを重視した治療・ケア」を行うこととし、患者背景を考慮した上で積極的な治療を行わないことを初めて推奨した。

 

死亡診断書の死因病名が「肺炎」「誤嚥性肺炎」とされていた症例の多くは、実際には肺炎が直接の死因ではなく、加齢性変化による衰弱などによって死亡しているといわれていたが、同ガイドラインの発行を契機に、誤嚥性肺炎で死亡した場合にも、死亡診断書の死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増えてきていると推測される。

 

同統計によると、2018年の死亡数は136万2482人で、悪性新生物(腫瘍)による死亡数は37万3547人、2位の心疾患(高血圧性を除く)は20万8210人、3位の老衰は10万9606人、4位は脳血管疾患で10万8165人だった。

 

一方、出生数は91万8397人だった。出生数と死亡数の差である自然増減数はマイナス44万4085人となり、12年連続の減少となった。

 

 

図1主な死因別にみた死亡率(人口10万対)の年次推移(出典:2018年人口動態統計月報年計[概数])

 

 

<掲載元>

日経メディカルAナーシング

Aナーシングは、医学メディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」がプロデュースする看護師向け情報サイト。会員登録(無料)すると、臨床からキャリアまで、多くのニュースやコラムをご覧いただけます。Aナーシングサイトはこちら

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2019年06月26日 15時21分

上手く生きる技術も大事だけど、上手く死ぬ技術も大事ですね。上手く生きれるように手伝う事と、上手く死ねるように手伝う事も役目なのかな。

1匿名2019年06月24日 07時41分

誤嚥するのも老衰の一つだからねぇ
寿命ですアピールではある気はするね

関連記事

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1328
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1647
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1235
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
935
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
738
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3826

以下の中で、産科医療補償制度の補償対象になるものはどれでしょうか?

  • 1.出産による母体の後遺症
  • 2.産科危機的出血による母体死亡
  • 3.医療者の過失による新生児もしくは母体死亡
  • 4.新生児の脳性麻痺
今日のクイズに挑戦!