1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 知っておきたい診療報酬改定のポイント>
  4. 診療報酬2014改定◇看護師さんが知っておきたい「2つのポイント」

2014年04月15日

診療報酬2014改定◇看護師さんが知っておきたい「2つのポイント」

 

2014年診療報酬改定のポイントをまとめました!

 

2014年4月1日に診療報酬が改定されました。今回の記事では、改定のポイントについて、看護師さんが知っておきたい2つのポイントをまとめました。

 

「現場の看護師にとって何が変わったの?」

「そもそも、なぜ診療報酬って改定するの?」

という疑問にもお答えします。

 

【目次】

改定のメインテーマは『2025年問題』の解決

2014診療報酬改定「2つのポイント」

 

改定のメインテーマは『2025年問題』の解決

診療報酬は2年おきに改定されます。ところで、「どうして診療報酬って改定されるの?」と思っている方もいるかもしれません。実は、診療報酬改定は、ある大きな目的のために行われています。それは2025年問題の解決です。

 

■2025年問題とは

2025年(平成37年)は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年になります。その数、約2,200万人。4人に1人が75歳以上という超高齢社会がやってきます。

 

それにあたり、医療・介護・福祉などのサービス体制をより充実させていたかければなりません。しかし、現状のシステムのままでは、医療費の膨大化、入院患者増加による病床数の不足など、さまざまな問題が発生することが予想されています。つまり、このままでは、医療モデルが崩壊してしまう…。これが『2025年問題』です。

 

2025年問題の解決すべく、打ち出された指針は次の2つ。テーマは「病院から在宅へ」。


(1)医療提供体制の再構築

入院医療・外来医療を含めた医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実をめざします。その目的は、医療費の削減と医療者の負担を減らすこと。具体的には、「高度急性期」約18万床、「一般急性期」約35万床、「長期療養」約28万床という体制を目標とし、今後の診療報酬改定で少しずつ、この形に近づけていきます。

 

2025年までの病床数の推移予想が下記の表。

 

2011年の時点では、全ての病床の合計は166万床。現行予想だと、2025年には200万床。しかし、改革モデルを用いることで159万床となり、合計で約7万床のベッドを削減することができます。

 

(2)地域包括ケアシステムの構築

地域医療を充実させ、地域で完結する医療システムをつくることが目的。具体的には、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域をつくることで、大病院への「入院」「通院」に頼りがちな現在のシステムからの脱却をめざします。

 

今回の診療報酬改定も、(1)(2)の実現のために改定されています。では、ここから、今回の改定のポイントを見ていきましょう。

 

2014診療報酬改定「2つのポイント」

今回の診療報酬改定のポイントは2つ。

 

(1)急性期病棟の削減

今回の改定の1番のポイントは、7対1体制の急性期病棟の削減。前回(2012年)改定のときに、急性期病棟の充実のために7対1体制の病棟に手厚い診療報酬が設定されたのですが、その結果、急性期病棟が増え、入院にかかる医療費も増大してしましました。7対1病棟の基本入院料を引き下げることで、現在の急性期病棟36万床から、2年間で25万床へ。のべ9万床の削減をめざします。

 

(2)在宅医療の充実

入院患者の大病院への集中を緩和し、在宅医療へのシフトを促します。地域医療の担い手となる医療機関を確保し、緊急往診・在宅看取りなどに高い診療報酬点数を設定しました。

 

また、一般外来では中小病院(200床未満)や診療所による「主治医機能」を強化し、逆に大病院(500床以上)の病棟を削減するように診療報酬点数を設定しました。これにより、大病院への患者の集中を避け、地域医療と患者の接点をより増やすことをめざします。

 

まとめ

最後に、今回の診療報酬改定のポイントをおさらいします。

 

●診療報酬改定の真の目的は、2025年の超高齢社会による医療崩壊を防ぐこと

●2014年診療報酬改定のポイントは、「急性期病棟の削減」と「在宅医療の充実」

 

今回の診療報酬改定によって、今の医療がどう変わるのか。その審議が問われるのはこれからですが、患者さん、医療従事者にとってよりよい医療の形に近づけるといいですね。

 

【看護roo!編集部】


※参考文献※

平成26年度診療報酬改定の概要 | 厚生労働省

医療費抑制、効果は不透明 診療報酬の改定告示 |日本経済新聞

2014年診療報酬改定のポイント①外来・在宅医療 |キャリアブレイン

平成26年度診療報酬改定 実務上の問題点 |BLOGOS

この連載

  • 2016診療報酬改定【1】 「地域包括ケアシステム」と「医療機能の分化・強化」とは [03/04up]

    2016年度 診療報酬改定の詳細が2月10日に決定しました。 「診療報酬ってなんか難しいし、病院の経営のことでしょ、カンケイないわ」と思いがちですが、実はコレ、看護の現場に直結しているんです。   本連載では、「4... [ 記事を読む ]

  • 2014年度診療報酬改定のポイント【2】 [10/27up]

    2年に1度行われる診療報酬改定は、看護師にとっても無視できない話題です。2014年4月に行われた診療報酬改定について、看護師として理解しておくべきポイントをおさらいする2回目です。   前回記事:診療報酬改定のポイント【... [ 記事を読む ]

  • 2014年度診療報酬改定のポイント【1】 [10/27up]

    2年に1度行われる診療報酬改定は、看護師にとっても無視できない話題です。「看護師の大リストラの可能性」という話題も出るほど、看護師の働き方や職場選びに大きな影響がある昨今の改定。看護師として、「知らなかった」では済まされないかもしれ... [ 記事を読む ]

  • 診療報酬2014改定◇看護師さんが知っておきたい「2つのポイント」 [04/15up]

    【最新版!】2016年診療報酬改定のポイントはこちらから   2014年診療報酬改定のポイントをまとめました!   2014年4月1日に診療報酬が改定されました。今回の記事では、改定のポイントについて...

  • 看護師が知っておきたい診療報酬改定【全記事まとめ】 [12/16up]

    看護師の日々の業務や働き方、給料などにダイレクトにつながっている「診療報酬」。 2年ごとに行われる診療報酬改定について、看護師のみなさんが知っておきたいポイントだけをギュッとまとめてお届けします。   2020... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(54)

54こゆき2016年07月06日 16時54分

看護師に必要な診療報酬改定

53匿名2014年07月27日 01時20分

もっともっとずっと先のこと見据えてほしい

52匿名2014年07月27日 01時16分

7対1のためにかき集めた看護師どうするんでしょう

51匿名2014年07月27日 01時14分

今後どうなるかなぁ・・・

50匿名2014年07月10日 19時35分

在宅もだけど、これからは老人ホームの時代だと思う。

49匿名2014年07月10日 19時25分

在宅看護師育成に力を入れる時代ですね

48匿名2014年07月10日 19時23分

いま大病院で看護師集めまくってるけど、どうなるんだろう

47匿名2014年07月10日 19時19分

在宅の時代ですが、制度がおいついてない。現状を見てない。

46匿名2014年07月10日 19時15分

これ、どうなるのかなぁ すごく関心あります

45匿名2014年05月22日 02時53分

国の考えることはひどいな。これじゃあ、医療者が働くとこ減るよ?

44匿名2014年05月04日 07時10分

在宅かぁ〓制度はどう変わるのかな

43匿名2014年05月01日 20時04分

在宅がもっと報われるようにしてほしいな

42匿名2014年05月01日 19時53分

こんな単純なものじゃないと思う

41匿名2014年05月01日 19時34分

2025年問題ね・・・あと約10年じゃないですか

40匿名2014年05月01日 19時29分

在宅は厳しい。そんな急に変えられないよ

39匿名2014年05月01日 19時25分

そういうことだったんだ・・・

38匿名2014年04月24日 08時42分

むずかしいな

37匿名2014年04月23日 16時20分

日勤終了後、残業つかない勉強会で習ったことだった

36匿名2014年04月23日 12時42分

勉強しないとって思ってたのでたすかりました

35匿名2014年04月21日 23時46分

ぴんぴんコロリが一番ってこと?

関連記事

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1391
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1215
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2770
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1086
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
987
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
805
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
314
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6978

◆腎・泌尿器の問題◆水腎症の原因にならないものは?

  • 1.過活動膀胱
  • 2.神経因性膀胱
  • 3.前立腺肥大症
  • 4.尿路結石
今日のクイズに挑戦!