1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の腰痛事情>
  4. いつか腰が痛くて看護師を辞めてしまうかもしれない…|看護師の腰痛事情

2019年06月19日

いつか腰が痛くて看護師を辞めてしまうかもしれない…|看護師の腰痛事情

腰が痛い看護師

 

「移乗や入浴の介助がつらい」

「若手だからって、力仕事にすぐ借り出される」

「まだ20代なのに腰が痛くて仕方がない」

 

看護師として働くうちに、だんだん腰に負担を感じるようになり、ずっと仕事を続けられるか心配…。

でも、目の前の患者さんを見ると、ついついがんばってしまう、という人も多いのではないでしょうか。

 

そんな看護師のつらい腰痛事情を取材しました。

 

 

20代でもつらいものはつらい!

若いから大丈夫と思われがちですが、そんなことはありません。

 

看護roo!が行った看護職らを対象にしたアンケート(回答者1308人)では、腰が痛くて業務に差し支えるほど困ったことがある人は8割以上。

 

20代でも困ったことがあるとの声が多数寄せられました。

 

腰が痛くて困ったことはありますか?(n=1308人)/ある:81.8%、なし:16.4%、その他:1.8%

看護roo!アンケート「腰が痛くて困ったことはありますか?」(実施期間:2019年4月12日~ 5月3日、対象者:看護職員・看護学生ら1308人)

 

困ったことがある人の中には、

 

「1年目にヘルニアになってしまった」

「配属されて2週間で腰がやられた」

「新人の時、先輩に声をかけるのが怖くてガタイのいい患者さんの体交をしようとしたら『ピキッ』と」

 

など、新人でも腰痛に悩まされているコメントが複数ありました。

 

また、「myコルセットを持っている」など、コルセット愛用者のコメントも多く、腰が痛くてもなんとか看護業務をこなしている様子がうかがえます。

 

一方、困ったことがないと答えた人の中にも、今は大丈夫でも「これからなりそう…」と将来的な不安を感じている人も。

 

多くの看護師が、腰痛に悩まされていることがわかります。

 

 

実は患者さんもつらい

そうはいっても、看護師は、患者さんの移乗・移動介助など、腰に負担のかかる業務をせざるを得ません。

 

日本ノーリフト協会代表理事の保田淳子さんは、人の手だけに頼った介助にはさまざまな問題があり、実は患者さんもつらい思いをしていると指摘します。

 

たとえば、

 

 患者さんに痛い思いをさせる

 転倒・転落のリスクがある

 患者さんの身体が変形することさえある

 

実際、力任せの介助を続けた結果、その方向に身体が拘縮してしまったケースがあるといいます。

 

介助側の方向に拘縮が…/力任せに介助していたら、2カ月で介助している方向に身体が変形、ノーリフトを実施したところ身体がまっすぐに
力任せの介助による身体の変形(写真は日本ノーリフト協会提供)

 

 

ケアする側・される側のメリットを体感

「抱え上げる作業は、原則的に人力では行わず、福祉用具を活用する」など、職場で行うべき腰痛対策の指針を厚生労働省が出しています。

 

しかし、罰則があるわけではないため、すべての看護現場で腰痛対策が適切になされているとは言い難い現状です。

 

このままでは、ナースも患者さんもつらい。

 

いま、そんな状況を変えようとする取り組みが、注目されています。

 

人の力だけで行う移乗をやめ、リフトなどの福祉用具を適切に活用する「ノーリフト」という考え方です。

 

元々は、オーストラリア看護連盟が1998年に、看護や介護職の腰痛予防対策のために行った「ノーリフティグポリシー」の提言をきっかけにオーストラリアで広まったものです。

 

この「ノーリフト」を使った腰痛対策を広める活動をしている、日本ノーリフト協会のかながわ支部が開いた研修におじゃましてみました。

 

研修では、福祉用具を実際に使った体験学習も行われていました。

 

支部長で看護師の豊田好美さんは、次のように話します。

 

「介助する側・される側、両方を体験してみることがポイントです。実際に介助される側になってみればわかります。心地よいのか、つらいのか」

 

リフト体験

「意外と安定感があって、怖くないです」(リフトを使って車椅子からベッドへ)

 

シート体験

 「2人がかりで動かしてもらった時は首と腰がとても痛かったのですが、シートだと全然痛くないです」(スライディングシートを使って上方移動)

 

グローブ体験

「身体の下に手が入る時、摩擦抵抗がないからか、気持ち悪くありません」(グローブを使って体位変換)

 

豊田さんは、「福祉用具を使うことに面倒だとか抵抗がある人もいるもしれませんが、自分の身を守ると同時に、リスクや患者さんの苦痛を減らせるメリットもあります」と言います。

 

現在、協会では「ノーリフト」を活用した腰痛対策を職場に定着させるコーディネーターの養成研修を全国各地で行っています。

 

すでに7172人がこの研修を受講しています。

 

日本ノーリフト協会かながわ支部のみなさん
右から支部長の豊田さん(看護師)、泉さん(理学療法士)、湯浅さん(作業療法士)、高山さん(介護福祉士)。

 

 

「腰痛でキャリア変更を考えた」

オーストラリアでリフトを体験する保田さん

オーストラリアでリフトを体験する保田さん(写真は日本ノーリフト協会提供)

 

日本ノーリフト協会の代表理事で看護師の保田さんは、2003年からオーストラリアに留学しています。

 

その際、介護施設や病院で、福祉用具を使った移乗介助を目の当たりにし、驚いたといいます。

 

当時の思いを、保田さんは次のように話します。

 

「実は、わたしも腰痛持ちで、日本で働いていた時はマッサージとかに通ったり、移乗介助を行うことがつらい時もあったりしました。ですが、オーストラリアで経験した看護や介護は、日本と比べて体格のよい患者さんが多いはずなのに楽で、すごく楽しく感じました」

 

「ノーリフト」の良さを知った保田さんは、その後、オーストラリアの看護師免許を取得。現地の大学や大学院で看護や医療マネジメントについても学びました。

 

そして、日本でも「ノーリフト」を普及させるべく、2009年に理学療法士らとともに日本ノーリフト協会を設立。それ以来、研修や講演などを通じて、働きやすい医療・介護の現場づくりに力を注いでいます。

 

ノーリフトで、少しでも多くの看護師が働きやすくなれば。(日本ノーリフト協会代表理事の保田淳子さん)

日本ノーリフト協会代表理事の保田淳子さん(写真は日本ノーリフト協会提供)

 

 

「NO」と言える看護を!

「ノーリフト」が看護師にも患者にも良いとわかっても、新人や若手ナースから福祉用具の導入をお願いするのはハードルが高いかもしれません。

 

そこで、個人でも何かできることはないか保田さんに聞いてみました。すると、次のような答えが返ってきました。

 

「プロとして『ここからはNO』と言えるようになることです」

 

体格のよい患者さんの介助は一人ではできないときちんと周りに伝え、協力を仰ぐ。そんなところから始めてみてはと保田さんはアドバイスします。

 

また、こんな話も。

 

「1年目、2年目、3年目って必死ですよね。悩んだときはそこしかないと思いがちですが、病院や施設だけが働く場所ではありません。看護っていろんなことができますよ。今は、在宅もありますし、地域で活躍することもできます。せっかく看護師のライセンスを取ったのですから、やりたいことをやればいいと思います。そうしているうちに、居場所は探せると思いますよ」 

 

「もちろん、今いる場所で踏ん張るのも一つです。そのためには、医療や介護では、なんでも『YES』と言ってしまいがちな風潮がありますが、できないこと・するべきでないことはプロとして『NO』と言っていいんだよ、と伝えたいですね。『ノーリフト』はケアのプロとしての境界線を示すものだと思っています」

 

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

増え続ける医療・介護現場の腰痛…。労災認定は?対策は?

看護師が“ほんとうに”毎日できる腰痛予防の方法5つ!|腰痛で休職したことがあるナースが効果を検証

「医療・福祉」業界はストレスが多いって本当?

 

(参考)

日本ノーリフト協会

職場における腰痛予防の取組を!(厚生労働省)

この連載

  • 増え続ける医療・介護現場の腰痛…。労災認定は?対策は? [06/12up]

      看護師や介護士で、腰痛に困っている人は多いですよね。   労災として認定されることはあるのでしょうか?   また、腰痛対策はどうなっているのでしょう?     増える看護師... [ 記事を読む ]

  • いつか腰が痛くて看護師を辞めてしまうかもしれない…|看護師の腰痛事情 [06/19up]

      「移乗や入浴の介助がつらい」 「若手だからって、力仕事にすぐ借り出される」 「まだ20代なのに腰が痛くて仕方がない」   看護師として働くうちに、だんだん腰に負担を感じるようになり、ずっと仕...

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2019年06月20日 11時52分

腰が痛いことをアピールしまくるベテラン勢が多い病院。
中堅や若手は腰が痛くても、お互いで助け合うしかないんだな。ロボット、買ってくれないかな~。

1匿名2019年06月19日 14時25分

これから介助が必要な高齢者が益々増えて、労働力も高齢化していくのだから、どんどん機械を入れていくべきだと思う

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1367
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1266
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
954
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
772
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7186

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!