1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護roo!ニュース>
  4. 患者・家族からのハラスメント対策を急げ|看護roo!ニュース

2019年05月02日

患者・家族からのハラスメント対策を急げ|看護roo!ニュース

 

患者やその家族から暴力・ハラスメントを受けたことのある看護師は少なくありません。

            

女性が多い職種であること、身体的な接触を伴うケアを行うことなどから、看護職はハラスメント被害のリスクが高いとされます。が、その対策はそれぞれの職場に委ねられ、「看護師が安全に働ける環境」が必ずしも整っているとは言えない状況です。

 

こうした中、日本看護協会は国に対し、対策の充実を求める要望を行いました(2019年4月9日)。看護職の暴力・ハラスメント被害の現状と合わせて見ていきます。

 

 

「身体的な暴力」「セクハラ」の多くは患者から

誇りを持って働く看護師を傷つける暴力・ハラスメント被害は、どのくらい起きているのでしょうか?

 

日看協が2017年に行った実態調査によると、「過去1年間に勤務先や訪問先で暴力・ハラスメントを受けた」とする看護職は52.8%。2人に1人の割合に上ります。

 

どんな被害に遭っているのかを見ると、多い順に「精神的な攻撃」「身体的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「意に反する性的な言動」となっています。

 

 

こうした暴力・ハラスメント被害を誰から受けたのかを見てみます。

 

 

「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」は、同じ勤務先の職員によるケースが多いものの、「身体的な攻撃」「意に反する性的な言動」は、患者からが圧倒的に多数を占めています。

 

また、看護師が1人で利用者宅を訪れることの多い訪問看護の現場でも、被害は深刻です

 

全国訪問看護事業協会による全国調査(2018年)では、訪問看護師の約半数が身体的暴力、精神的暴力、セクハラを経験したことがあると回答しました。

 

 

 

日本医療労働組合連合会の2017年調査には、看護師たちの生々しい声も寄せられています。

 

「患者にベッドに引きずり込まれ、キスをされた」

 

「『自分は患者だから言うことを聞け』と恫喝」

 

「患者から執拗に身体を触られる」

 

「蹴る、殴る、噛みつかれる、引っかかれる、叩かれる」

 

各種調査の結果から、医療や介護の現場で暴力・ハラスメントがいかに日常的に横行し、看護職が危険にさらされているかがわかります。

 

 

国の規制案、「患者からのハラスメント対策」義務づけなし

現在、政府は「女性の活躍推進」の一環として、職場のハラスメント規制を強化しようとしています(女性活躍推進法、労働施策総合推進法の改正)。

 

パワハラ防止のための取り組みを事業者に義務付けたり、セクハラやマタニティーハラスメントについて相談した労働者への不利益な扱いを禁止したりすることが盛り込まれるなど、上司や同僚からのハラスメント対策が中心となっています。

 

その一方で、患者・家族からのハラスメントに当たる「顧客などからの迷惑行為(カスタマーハラスメント)」は、対策の義務づけが見送られました

 

 

「医療者にハラスメントを行ってはならない」啓発を

このため日看協は、患者・家族によるハラスメントからも看護職員を守るために

 

▼医療機関・事業所が講じる対策を明確に指針で示してほしい

▼対策に取り組む医療機関・事業所を支援してほしい

▼看護職員を含む医療従事者に対してハラスメントを行ってはならないと、国民に啓発してほしい

▼「看護師等の人材確保の促進に関する法律」を改正し、国や自治体、事業主等が対策に取り組むことを明記してほしい

 

との要望書を厚生労働省に提出。

 

厚労省は、法改正後に出す指針で対策を具体的に例示するほか、2019年度中に看護職員の暴力・ハラスメント被害の実態調査に乗り出す方針です。

 

改正法が成立すれば、2020年度にもハラスメント対策は強化される見通しで、「暴力・ハラスメントを許さない」という社会のムードはまた一歩、前進するでしょう。医療・介護現場についても、被害実態がさらに広く知られ、看護師が誇りを持って安全に働ける環境を整えることが不可欠です。

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

病気のせい?看護師のせい? 患者の暴力・ハラスメントへの向き合い方

【マンガ】それでも看護をする理由(1)

看護師への暴力・セクハラ…あなたは経験ありますか?

幾度も襲うフラッシュバック…暴力・セクハラに傷つく看護師たち

 

(参考)

看護職員に対する患者・家族等からのハラスメント対策の推進について(日本看護協会)

2017年看護職員実態調査(日本看護協会)

訪問看護師が利用者・家族から受ける暴力に関する調査研究事業(全国訪問看護事業協会)

2017年看護職員の労働実態調査(日本医療労働組合連合会)

介護現場におけるハラスメントに関する調査研究報告書(三菱総合研究所)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2019年05月02日 06時40分

上司に質問したら、殴られた。

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
968
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
759
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1173

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!