1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 病院珍百景>
  4. うつ病患者のターニングポイント|マンガ・病院珍百景

2019年03月29日

うつ病患者のターニングポイント|マンガ・病院珍百景

ふとした会話が変化のきっかけになるとき。

タイトル:うつ病患者のターニングポイント。

ある日、精神科のカンファレンスで、進藤さんという患者さんのうつの原因が不明だという話があがりました。

「仕事は順調みたいだし。」「家庭も円満というしね~。」と原因は思い当たりませんでした。

そんなある日。私は、進藤さんの血圧を計るとき、外に桜が咲いていることに気がついて、「入学式シーズンですね、私の初恋、小学校の先生だったんですよね~。」と昔を思い出して言いました。

すると、進藤さんも「初恋か…僕も先生だったな~。」と話し始めたので、「どんな先生だったんですか?」と尋ねました。

進藤さんは窓の外を見ながら、「体育の先生で優しくて、サッカーがうまくて。」とぽつぽつ話し始めました。

私は何気なく、「女性でサッカーがうまい先生ってかっこいい~。」というと

進藤さんは、何も言わず口をつぐんでしまいました。

その様子をみて、私は、進藤さんの初恋の相手が男の先生だったことを察しました。

「血圧120の65です。」計測が終わった血圧機をはがしながら言いました。進藤さんは、黙ったままひどくつらそうな顔をしています。

進藤さんは子供のころからずっと、ワンピースやドレスの女性らしいことに憧れを持っていたのでした。

でも周りに悟られないように、言葉も行動も男の真似をして、友達が美人を見つけたら便乗するように、生活してきました。それでも…

自分のこの感情が周りや家族にバレてないか。怖くて、怖くて…と進藤さんは頭を抱えて震えました。

涙を堪える進藤さんの肩に触れながら、「…つらかったですね。」私はそう、一言声をかけました。

それからというもの、進藤さんは抑圧していたものと向き合い始め、翌月退院していきました。

半年後、外来で見かけた進藤さんは、長い髪の毛にスカート、ハイヒールをはいて颯爽と歩いていて、以前の進藤さんとは別人でした。

私は進藤さんの後ろ姿を見送りながら、『精神科に来る方の抱えているものは大きく、難しい。でも全身を感じるこういう時、精神科ナースって楽しいな』としみじみ思いました。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2019年03月30日 20時57分

これめちゃくちゃ辛い…
私もそんな感じだから、痛い程わかる。

1匿名2019年03月29日 19時55分

素の自分が出せないと辛いよね。否定されてきたなら更に。

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1253
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1151
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1165
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
883
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
609
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者541

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!