1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護roo!ニュース>
  4. この秋、介護職員の処遇改善で業務が集中?看護師への“逆タスク・シフト”とは|看護roo!ニュース

2019年03月21日

この秋、介護職員の処遇改善で業務が集中?看護師への“逆タスク・シフト”とは|看護roo!ニュース

 

 

2019年10月から、経験・技能のある介護職員の賃金を引き上げる新しい処遇改善対策がスタートします。

 

実は、これによって、
「看護師に業務が集中する逆タスク・シフトが病院で・・・起こる…」
と一部で懸念されています。

 

どうしてなのでしょうか?
介護現場の新たな処遇改善のポイントと、介護施設で働く看護師、病院の看護師それぞれへの影響をまとめました。

 

「特定処遇改善加算」とは

新対策は、介護報酬の新しい加算「介護職員等特定処遇改善加算」として設けられます。
既にある現行の処遇改善加算に新加算が上乗せされるイメージで、点数の違う2段階が設定されています。

 

厚生労働省の資料を基に看護roo!編集部で作成

 

新しい加算を算定する介護事業者は、次のような要件をクリアすることが求められます。

 

1)現行の処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅲ)を取得している

 

2)現行加算の「職場環境等要件(※)」の複数に取り組んでいる

 ※研修の受講支援、ICT活用、スタッフ増員など

 

3)賃金以外の処遇改善の取り組みを見える化する(ホームページ掲載など)

 

今回の処遇改善、つまり給料アップの対象となるのは「経験・技能のある介護職員」が中心


基本的には「勤続10年以上の介護福祉士」が想定されています。

 

ただし、新しい事業所で勤続10年の人がいないといった場合は「前職から通算して10年以上」「10年以上並みの業務・スキルがある」でもOKなど、そこまで厳密にせずに事業所それぞれの裁量が認められる見込みです。

 

「介護施設の看護職員」は給料アップしないの?

さらに一定のルールを守れば、加算の報酬をどう分配するかも事業所ごとに設定できることになっています。

 

厚生労働省の資料を基に看護roo!編集部で作成

 


「スタッフ同士の不公平感を抑えたい」「全体の底上げを優先したい」など、事業所の考え方によっては、介護施設で働く看護職員も給料アップの可能性があるということになります。

 

ただし、年収440万円以上の「その他の職員」は、処遇改善の対象外です。

 

日本看護協会は「病院の看護師と比べて、介護施設で働く看護師は賃金水準が低く、介護領域での看護職員の確保を難しくしている」として、今回の特定処遇加算が看護職員にも活用されるべきだと主張しています。

 



 

看護助手がいなくなる? 病院が警戒する逆タスクシフト

今回の新しい処遇改善加算はあくまで介護保険施設の話ですが、医療の現場への影響も指摘されています。

 

それは、

 

病院で働く看護補助者が不足し、看護補助者から看護師へ、逆タスク・シフティングが起きる

 

ということ。

 

 

看護補助者には、介護福祉士などの介護系資格を持つ人が少なくありません。看護補助者の採用募集で「介護福祉士の資格」を求めている病院も多く見られます。

 

介護施設での給料が良くなれば、医療機関は看護補助者の確保がさらに難しくなることが予想されるでしょう。

 

 

看護職員の将来の必要数や養成・確保対策について話し合う厚生労働省の検討会(看護職員需給分科会)では、

 

「病院の現場では看護補助者が集まらず、看護師がその部分を代替している。タスク・シフトとは逆の、いわば『逆タスク・シフト』のような状況さえ起きているのが実情

 

介護保険施設に処遇改善加算が付き、看護補助者がそちらの方に流れていく可能性がすごく大きい。医療現場がますます煩雑になる」

 

「看護補助者が足りない中で(看護補助者の配置基準を満たすため)かなりの数の看護師が『みなし看護補助者』として病棟に配置されているような状況

 

など、既に厳しい現状が指摘されています。「うちの病院では実際、看護助手の賃金を上げてもらった」との報告もありました。

 

今後ますます増える介護ニーズに対応できるだけの人材を確保するには、介護職員の処遇改善は絶対に必要です。

 

一方で、医師の働き方改革として医師から他職種へのタスク・シフティングが叫ばれており、そのシフト先の筆頭は看護師とされています。ただ看護師に業務が集中するだけの改革に終わらせないためには、病院の介護スタッフ・看護補助者の確保と処遇改善もやはり必須のはず。

 

医療・介護の業界全体で働く環境が改善されるよう、さらなる対策が求められます。

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

2025年に必要な看護師、病院は97万人 訪問看護師の需要は2.5倍に

実感できない介護職の処遇改善、看護師は対象外の矛盾

看護職員より介護福祉士の給料が高くなる?

 

(参考)

第169回社会保障審議会介護給付費分科会(厚生労働省)

第166回社会保障審議会介護給付費分科会(厚生労働省)

医療従事者の受給に関する検討会 看護職員需給分科会第5回議事録(厚生労働省)

「介護職員処遇改善加算」のご案内(厚生労働省)

平成31年度予算・政策に関する要望書(日本看護協会)

 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1275
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1114
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1089
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1012
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
890
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2161
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者224

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!