1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の本音アンケート>
  4. 看護の現場で嬉し泣きしたことある?|看護師の本音アンケート

2019年02月22日

看護の現場で嬉し泣きしたことある?|看護師の本音アンケート

看護roo!が「看護の現場で嬉し泣きしたことがある?」というアンケートを実施したところ、約3割の看護師が「ある」と回答。

忙しい現場では「看護師である」ことを優先し、感情を出すのが難しい場合もあるかもしれません。

 

とはいえ、やっぱり「看護師やっててよかった…」と思えるような場面は誰にでもあるものではないでしょうか。

今回は、アンケートに寄せられたコメントの中から、印象的な嬉し泣きエピソードを5つご紹介します。

【ライター:白石弓夏(看護師)】

看護の現場で嬉し泣きしたことある?のアンケート結果。ある:350票(35%)、ない:623票(62%)、その他:20票(2%)。

 

 

[エピソード1]懸命に声をかけ続けた結果…

寝たきりで話さなかった患者さんが、半年後に返答できるようになり、家族と喜んでいる姿を見て涙をこらえる看護師のイラスト。

 

  • 寝たきりの話さない方に言葉がけを続け、半年後に返答してくれるようになった。家族が何年かぶりに声が聞けたと喜んでいたのを見て、嬉し涙が出た。(ここもねさん)

 

長い経過を共にして、良くなった姿を間近で見られるのは看護の醍醐味のひとつです。

目に見えて、すぐに結果が出るものばかりが看護ではありません。

 

ここもねさんが、諦めずに声をかけ続けた結果が、家族の喜びにもつながったんですね。

 

 

[エピソード2]退院時に思いがけず涙した患者さんの姿に…

退院する患者さんの泣き顔にもらい泣きをしながら見送る看護師のイラスト。

 

  • 90代のおじいちゃんに、「長生きの秘訣は?」と聞いたら「くよくよしないこと」と教えてもらった。そのおじいちゃんがリハ病院へ転院する日。みんなで笑顔で見送った際、おじいちゃんが泣いてしまった時。退院して1歩前進した嬉しさと、おじいちゃんの泣き顔にもらい泣きしてしまった。(すうやんさん)

 

経過が良好で退院となった患者さんのお見送りは喜ばしいこと。

普段から前向きな患者さんが、思いがけず見せた涙に心打たれる気持ち、とてもよくわかります。

 

明日からもう会えなくなるので、患者さんが寂しく思ってくれているかもしれず、その気持ちも嬉しいですよね。

 

 

[エピソード3]患者さんの回復を身近で感じられる幸せ…

「一人で歩けるようになった」と嬉しそうに報告してくれた患者さんを見てうれし泣きする看護師のイラスト。

 

  • できなかったことができるようになったと泣きながら報告を受けた時。(INOさん)

 

患者さんのつらいリハビリや入院生活を支えるのも看護師の仕事。

身近で見ているからこそ、患者さんの「できること」が増えたとき、とっても嬉しいですよね。

 

しかも、他のスタッフからではなく、本人から直接伝えてもらえたのは、日頃の関係性も良好な証し。

看護師として幸せなことだと思います。

 

 

[エピソード4]ご家族に託してくれたプレゼント

意識不明の患者の娘さんから患者さんとの思い出の写真とハンカチを受け取り、涙をおとす看護師のイラスト。

 

  • がんの終末期で意識不明だった患者さんの娘さんから、「母がねねさんにって」と。以前患者さんご本人が撮ってくれていた私の写真と、ハンカチをクリスマスにいただいた時。リネン室に駆け込んでボロボロ涙を流して泣きました。(ねねさん)

 

クリスマスに患者さんからのプレゼント…。

娘さんに託してくれたプレゼントから患者さんの思いがたくさん伝わってきたのではないでしょうか。

看護師として、自分がやってきたことが間違っていなかったと思える瞬間…素敵です。

 

 

[エピソード5]手から気持ちが伝わって…

看護師に背中をさすってもらい、嬉しそうにする終末期の患者さんとそれを見守る家族のイラスト

 

  • 初めての終末期の患者さんを受け持ちして、家族から「背中を撫でてもらってる時が一番幸せそうでした」と言われた時。(さくらさん)

 

終末期の患者さんを前にすると「自分は無力だ」と感じることもあるかもしれません。

でも、思いやりやいたわりの気持ちを込めた優しい手によって、できる看護はたくさんあります。

 

さくらさんのエピソードを読んで「これらの気持ちを忘れてはいけない」と思わせてもらいました。

 

 

看護のいいところを噛みしめながら

看護師としてつらいこと、悔しいことが、日々たくさん起こると思います。

忙しくて感情が擦り切れてしまうこともあるかもしれません。

 

つらいところだけに目がいきがちですが、日々の患者さんとのやりとりを一つひとつ噛みしめながら、「嬉しい」気持ちも大切にしていきたいですね。

 

ライター/白石弓夏(看護師)

イラスト/オゼキイサム(HP)

編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

ナースあるある調査隊【忘れられない患者さんからの一言編】

ありがとう|マンガ・じたばたナース【8】

患者視点で感謝される看護とは?―出産時ケアに感動した妊婦の記事が話題

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

自主プチカンファ|マンガ・ぴんとこなーす【217】

始まるとつい長くなってしまう休憩室でのプチカンファレンス。 [ 記事を読む ]

不穏とは?せん妄とは?

不穏とせん妄、実は明確な違いはないんです。でも、それぞれ知っておくべきポイントがあることは知っていますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

【転職経験者さん限定】以前の職場、戻りたい?

投票数:
1082
実施期間:
2019年04月30日 2019年05月21日

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1248
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1046
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
711
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
922
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
826
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2677

以下のうち、OHスケールの評価項目に含まれないのはどれでしょうか?

  • 1.関節拘縮
  • 2.自力体位変換
  • 3.浮腫
  • 4.湿潤
今日のクイズに挑戦!