1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. がん患者と緩和ケア医の安楽死をめぐる本音

2017年12月27日

がん患者と緩和ケア医の安楽死をめぐる本音【全記事まとめ】

【1】患者さんの命は誰のもの?

 

【2】「患者の希望」と「自分の感情」を分けられない医療者

 

【3】ACP(アドバンス・ケア・プランニング、人生会議)は本当に有意義なのか?

 
 

●幡野広志(はたの・ひろし)

1983年、東京生まれ。2010年に「海上遺跡」で「Nikon Juna21」受賞。 2011年、独立し結婚する。2012年、エプソンフォトグランプリ入賞。2016年に息子が誕生。2017年多発性骨髄腫を発病し、現在に至る。

公式ブログTwitter

 

●西智弘(にし・ともひろ)

川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター 腫瘍内科医。2005年北海道大学卒。家庭医療を中心に初期研修後、緩和ケア・腫瘍内科の専門研修を受ける。2012年から現職。現在は抗がん剤治療を中心に、緩和ケアチームや在宅診療にも携わる。「暮らしの保健室」など、院外にも活動の場を広げている。

Twitter

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

終末期の看護で一番悩む患者さんからの「死にたい」。対応のヒント6つ

腕の中で患者さんを看取った衝撃。そして再生|がん看護専門看護師インタビュー

終末期に「あとどのくらいですか」と聞かれたら|検証進む予後予測ツール

 

この連載

  • (3)ACP(アドバンス・ケア・プランニング、人生会議)は本当に有意義なのか? [12/29up]

    写真家・がん患者の幡野広志さんと、緩和ケア医の西智弘さんによる本音のやりとり。 最終回です(第1回・第2回はこちら)。 本対談の写真は、ガラス反射を利用した幡野広志さんの撮影による。     A... [ 記事を読む ]

  • (2)「患者の希望」と「自分の感情」を分けられない医療者 [12/28up]

    写真家・がん患者の幡野広志さんと、緩和ケア医の西智弘さんによる本音のやりとり。 第2回です(第1回はこちら)。 本対談の写真は、ガラス反射を利用した幡野広志さんの撮影による。     発言権を奪... [ 記事を読む ]

  • (1)患者さんの命は誰のもの? [12/27up]

    本対談の写真は、ガラス反射を利用した幡野広志さんの撮影による。   写真家の幡野広志さん(35)は、2017年に多発性骨髄腫を発病。 余命3年という診断を受け、最期は安楽死で逝きたいと表明しています。 ... [ 記事を読む ]

  • がん患者と緩和ケア医の安楽死をめぐる本音【全記事まとめ】 [12/27up]

    【1】患者さんの命は誰のもの?   【2】「患者の希望」と「自分の感情」を分けられない医療者   【3】ACP(アドバンス・ケア・プランニング、人生会議)は本当に有意義なのか?     ...

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1245
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2864
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1128
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1036
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
904
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
641
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者979

◆医療安全の問題◆看護師が行う個人情報取り扱いについて、以下の中で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.患者さんの家族から、患者さんの状態について教えてほしいと電話があったので、説明した。
  • 2.死亡した患者さんの看護内容を、看護研究で発表した。
  • 3.Aさんの処置中に、Bさんから声をかけられたので、処置後、Aさんの情報を挟んだファイルをAさんのサイドボードにおいてBさんの元に行った。
  • 4.患者さんに「自分のカルテを見せほしい」と言われたので、手続きを踏めば可能であることを伝えた。
今日のクイズに挑戦!