1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. デーモン閣下さんもメンバー!「医療のかかり方」を考える異色の厚労省懇談会がスタート

2018年10月05日

デーモン閣下さんもメンバー!「医療のかかり方」を考える異色の厚労省懇談会がスタート

「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」の構成員に就任したデーモン閣下さん
「人間の肉体を借りているので、医療機関にはわが輩もかかることがある」とデーモン閣下さん

 

厚生労働省が5日、「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」の初会合を開きました。

 

医療関係者やメディア関係者らに混じって、構成員の一人としてデーモン閣下さん(アーティスト)も参加。

 

緊急性の低い患者が時間外や土日に受診したり、大病院に患者が集中したりする事態を踏まえ、適切な受診につなげていくためにどのような情報発信をしていくべきかが話し合われました。

 

 

もっとおしゃれに、もっと探しやすい、医療情報サイトを

「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」の様子(10月5日、都内)

真剣な議論が交わされた懇談会の様子

 

まず、鈴木美穂さん(マギーズ東京共同代表理事)が口火を切りました。省庁の情報発信を「ダサい」とバッサリ。

 

関心のある人以外にも目に止めてもらうためには、もっとおしゃれにする必要があり、いかにブランディングしていくかが重要だと強調しました。

 

また、佐藤尚之さん(株式会社ツナグ代表取締役)は、東日本大震災の発災後に立ち上げたサイト「助けあいジャパン」で、プロボノ(専門スキルを活かしたボランティア)の力を借りて、省庁の情報をわかりやすくリライトして発信した経験を踏まえ、現状の省庁のサイトはどこに何があるのかわからないので、もっと情報をわかりやすく、探しやすくする必要があると訴えました。

 

こうした意見に、座長の渋谷健司さん(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)をはじめ、多くの構成員らが賛同しました。

 

一方、城守国斗さん(日本医師会常任理事)は、検索上位に怪しげなサイトが表示されるなど、医療情報があふれていることを問題視。国として、「ここを見ればわかる」というようなものを作ってはどうかと提案しました。

 

ディスカッションの終盤、鈴木さんが、懇談会の構成員や全国のプロボノの力を結集し、信頼できる医療情報を集めたサイトを作成しようと呼びかけると、座長の渋谷さんが「どこまでできるかはわからないが、ぜひやろう」と応じ、初会合で早速、具体的な取り組みをすることが決まりました。

 

この案には、ディスカッションで発言する機会がなかったデーモン閣下さんも、会合後の取材で「ここで集まっているみんなで、いろいろ考えていきたい」と意欲を示しました。

 

「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」で挨拶する厚生労働相の根本匠さん

左から、座長の渋谷健司さん、根本匠厚生労働相、デーモン閣下さん

 

 

デーモン閣下さん、「#8000、#7119の周知徹底」を提案

小児の医療電話相談#8000の啓発ポスターを持つデーモン閣下さん

「#8000」が自治体で受付時間が異なると聞いて驚くデーモン閣下さん。「わかりにくい!」と一言

 

デーモン閣下さんは、この懇談会に参加したことで受診するか迷った際に活用できる小児の医療電話相談「#8000」救急相談センター「#7119」があることを初めて知ったといいます。

 

そのため、「利便性があるダイヤルにもかかわらず、医師の負担を軽減するにもかかわらず、あまり世の中には伝わっていない。まず、この周知徹底をどうやって伝えていくかを考えていけばいいのではないかと思った」と話しました。

 

また、これまでは、自身が医療機関にかかる際、便利な近隣の総合病院を受診しがちだったとし、「今までのわが輩のやり方も考え直す必要があるな」と振り返りました。デーモン閣下さん自ら医療機関のかかり方を変えていくつもりだそうです。

 

***

 

この懇談会は、今後、月1回程度のペースで開催し、2018年12月ごろに議論の経過を「医師の働き方改革に関する検討会」で報告する予定です。

 

また、2019年度以降も議論を継続するとしており、ディスカッションで具体案として出された医療情報サイトの完成が待たれます。

 

「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」の構成員らと厚生労働相の根本匠さん

個性的な顔ぶれの構成員らと根本匠厚生労働相(前列の右から3番目)

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

こんなことで救急車?! 看護師が感じる救急車利用の実態

「風邪薬が欲しくて」救急要請!?-救急車の適正利用で医療者らが本音トーク

「Q助」は看護師の味方!?救急車の適正利用を促すアプリとは

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

深層心理がわかる!? ナースな心理テスト

あなたが将来なりそうなお局ナースのタイプがわかる!?Let's TRY!! [ 記事を読む ]

疾患によって違う!?聴診器の当てるべき位置

気管支喘息、気管支拡張症、間質性肺炎…疾患ごとに違う、音が良く聞こえる位置を紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1542
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1410
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1410
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
1180
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
1176
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日

この冬スタートの医療ドラマ見る?

投票数:
1727
実施期間:
2020年01月24日 2020年02月14日

仕事中、透明コンタクト?カラーコンタクト?

投票数:
715
実施期間:
2020年01月28日 2020年02月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6696

◆摂食・嚥下の問題◆臼後三角後縁やや後方内側にあり、そこを刺激すると、認知症や開口障害のある患者さんの開口に効果的だとされる部位を何と呼ぶでしょうか?

  • 1.d-point
  • 2.K-point
  • 3.p-point
  • 4.T-point
今日のクイズに挑戦!