1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. 5年目の「辞めたい」|マンガ・ぴんとこなーす【170】

2018年10月20日

5年目の「辞めたい」|マンガ・ぴんとこなーす【170】

5年目ナース、ムラちゃんが悩んでいることは…

「あーもうほんと無理。ほんと辞めたいわー」と機嫌の悪そうな同僚のノグチさんを見て、辞めてしまうのかと心配したナスさんですが、ワカさんは、「あー…大丈夫よ。あれはね…愚痴りたいので飲みに行こうっていう合図みたいなもんよ。」と辞める辞めるというほど辞めない法則があることをナスさんに説明しました。

タイトル:5年目の「辞めたい」。

結婚、妊娠、介護等で女性が多い職場ではやむを得ない事情を除くと、キャリアアップ以外でななかなか辞める理由が見つからなくて悩んでしまうこともよくあります。ナスさんの後輩、看護師5年目のムラちゃんもそんな一人のようです。ムラちゃんは、『辞めたい…とずっと思っているけれど、どう言い出していいものか…。』と悩んでいました。ぼーっと考えていると、誰かに声をかけられました。

それは先輩のワカさんでした。ムラちゃんは、『ワカさん!入職した時にすっごい怖かったけど、色々教えてくれた人!今なら聞ける気がする…!』と思い切って夜ご飯に誘いました。食事に出掛けた時、ムラちゃんは「辞めたいと思ってるんですけど、この病院しか経験がないので、どうやってやめればいいのかも分からず、最近悶々としていて…。いきなり責任者とかに言ってもいいんですか?」とワカさんに悩みを打ち明けました。そんなムラちゃんに「け…結婚?」と震えながら凄んで質問するワカさん。ムラちゃんは急いで否定しました。

そして「私は予定ないんですけど、私の周りで最近結婚退職していく同期が多くて…。自分で次のステップを選んでいる同期を見てると毎日目の前の仕事だけをしている自分が、このままでいいのか焦って…。」と続けて言いました。ワカさんが、「辞めたい理由があるの?」と質問すると、「もちろん嫌なことはありますけど、今の職場はやりやすいと思います。でもここしか知らず、今の先輩たちみたいになれるとも思わなくて、逆に今の職場がやりやすすぎて、辞めたい決め手がないのが不安なんです。」と答えました。

ワカさんが「移動して他の病棟を経験してみるのは?」と聞くと「せっかくなら他の病院を経験してみたいんですよね…。」とムラちゃんは答え、「認定とるとか専門の道でキャリアアップしてみるのは?」という質問には「そこまでやりたいことも見つかってないし、できる自信もありません…。」とムラちゃんは弱気に答えました。ワカさんは、少し考えて「…とりあえず環境変える意味で辞めてみたら?」と言うと、「でもそんな理由で辞めたら他の方の迷惑になると思うとなかなか…。」と煮え切らないムラちゃん。ワカさんの中で、なにかがぶちっと切れ、「さっきから聞いてりゃ、でもだのだってだの辞めたいんだか辞めたくないんだか…。」とつぶやきました。

堪忍袋の緒が切れたワカさんは、「辞めたいのか辞めたくないのかはっきりしろー!」と声をはりあげました。「次に行くのが不安?誰だって不安だわ、誰だって次に行くのに二の足踏むもんなのよ!結婚とか家庭の事情とか理由があれば吹っ切れるだろうけど、あんたはそれもない、専門に行く覚悟も今はない!それで次どうすればいいかなんて知らないわ!まずは辞めるか辞めないかしっかり決めなさい!それと!」とまくしたてました。そして続けて、「辞める人間が辞めた後のことを考えなくてもいい!」と言い切りました。

圧倒されたムラちゃんが、「…いいんですか?」と聞くと、「そらよかないわよ。人が足りてたことなんてないでしょ。ただ、次のステップを考えてる人間の選択肢を残る人間が、忙しいという理由で削って足を引っ張るのは違うと思うだけよ。」と言いました。ムラちゃんはしばらく黙ってワカさんの見つめました。ワカさんは、「でも絶対色々言う人はいるから覚悟はしておかなきゃね」と付け足しました。

ワカさんは心の中で『何もないところから、みんなに迷惑がかかるという選択ができるだけえらいんだけどね』と思いながらも、ムラちゃんには「あんたの話、聞いてたらいらいらした。ここは奢るから焼肉行くわよ!付き合いなさい!」と厳しく言うのでした。そして「ちなみに退職交渉は、面接がなんかもあるらしくて、甘くないから覚悟しておいてね。」と店を出ながら、説明するワカさんなのでした。どんな形でも勇気を出して一歩踏み出すみんなに幸あれ!

 

現役看護師のコミックエッセイ

『ぴんとこなーす』

2018/7/20発売!

 Amazonで購入する 

 

オールカラー128ページ。看護roo! 掲載作品のほか、「comico」時代の作品を新たに描き下ろして収録しています。

 

【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(11)

11@2018年11月24日 22時11分

5年目で結婚転職。普段から辞めるって口癖みたいに言い続けてると本当にやめたい時にちゃんと話を聞いてもらえなくなる。1年目から辞めると言い続けてた同期は7年経ってもまだ働いてる。

10匿名2018年10月25日 21時22分

私事ですが、再就職が決まりそうです。
辞めるのもそうですが、再就職も勢いって必要ですね…。

9匿名2018年10月25日 09時02分

今まさに自分と同じ状況です。環境変えたいけど不安のがいっぱいです。でも転職したいって強く思ったときがタイミングなのかなって前向きに行こうと思ってます。

8匿名2018年10月21日 23時06分

今5年目です。ムラさんの気持ちがわかりすぎます。同期や年の近い後輩がどんどん辞めていき、自分も環境を変えたい気持ちと今の職場しか知らない不安で迷うことばかりです。

7ささ2018年10月21日 12時20分

5年目の看護師です。今ちょうど辞めるための面談などをしていてとても共感しました!タイムリーでびっくり。みんなワカさんみたいな考え方が出来ればありがたいですね。

6みさ2018年10月20日 23時26分

今、6年目です。ムラさんの気持ちが分かる気がします。今の職場は悪くはないのですが、日々を重ねている内に自分の限界を感じ辞めたいと毎日思うようになりました。少し自分のことを考えてみようかな。

5M。2018年10月20日 21時45分

介護職ですが、トップの理不尽にキレて辞めますって宣言したら「は?今人手足りてないのわかってるよね?」とキレられ「じゃあ足りてるって言える日が来るんですか?」と跳ね除け半ば無理矢理辞めた経験があります。

42018年10月20日 18時36分

5年目で転職した身で、ムラちゃんと同じ状況だったから、ワカさんのセリフが胸に沁みる。

3あぐ2018年10月20日 17時20分

辞めずに続けたからこそ見える景色やわかることもある。
上になれば院内の研修やら委員会やらあるだろうし、成長の場はどこにでもあるのでは⁇と思っています。

2匿名希望。2018年10月20日 13時55分

若い子は是非色々な環境で活躍して欲しい
辞めること躊躇うな‼️
新しい環境はきっと成長の糧となる。
逃げるんじゃない、成長の過程である。
て、別に退職を促す訳ではないのだが…

1匿名2018年10月20日 12時13分

退職交渉も何も、「辞めます」と言ってる人を辞めさせない時点で違法。仕事は労使間での契約でしかない。一方的な契約は無効なんだから、そんなん無視してやれば良い。

関連記事

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

インフルエンザのケアのポイント

重症化のサインを見逃さない&感染予防対策の徹底が大切! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1148
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1171
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1100
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
991
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
987
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
587
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2975

がん末期で入院中の45歳女性。本人の意向で退院することになりました。しかし、衰弱が進んでいるので、在宅で生活するためには、医療・介護サービスが必要です。以下のうち、この患者さんが介護保険制度を利用して受けるサービスとして適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.グループホームを利用する。
  • 2.福祉用具貸与を利用する。
  • 3.居宅療養管理指導の訪問歯科診療を受ける。
  • 4.看護小規模多機能型居宅介護事業所を利用する。
今日のクイズに挑戦!