1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 私たちが知りたいHPVワクチンのこと>
  4. 20代女子も関係なくない!子宮頸がんとHPV感染|私たちが知りたいHPVワクチンのこと(1)

2018年10月25日

20代女子も関係なくない!子宮頸がんとHPV感染|私たちが知りたいHPVワクチンのこと(1)

私たちが知りたいHPVワクチンのこと~子宮頸がんとHPV編~のアイキャッチイラスト

 

副反応とされる症状が問題となり、事実上の接種中止が続いているHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)。「HPVワクチンは有効性も安全性も問題なし」と専門家は言います。

 

けれど「本当に接種しても大丈夫なの?」とモヤモヤした不安や不信を抱えたままの私たち。

 

医療者であり、自らも若い女性である看護師だからこそ、きちんと知りたい子宮頸がんとHPVワクチンのこと。疑問と不安を専門家にぶつけました。

 

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)

▼2010年11月、小学6年~高校1年の女性に無料接種がスタート(任意予防接種)。半年間で3回接種する。

▼2013年4月には定期予防接種になったものの、副反応とされる症状が相次ぎ報告され、わずか2か月で「積極的な接種勧奨」中止。

▼現在の接種率はほぼ0%。接種率が高い世代は1994~2000年度生まれ(2018年時点で18~24歳前後)

 

宮城先生

【宮城悦子先生/横浜市立大学医学部 産婦人科学教室 主任教授

産婦人科の医師として、子宮頸がんで亡くなる女性を一人でも減らしたい! YOKOHAMA HPV PROJECTを立ち上げるなど、子宮頸がんに関する情報発信にも力を入れています。

 

編集A

ワクチンのことは特に詳しくないです。子宮頸がんも心配だけど、HPVワクチンも不安…。「HPVワクチンって結局どうなの?」と思っています。

 

編集B

HPVワクチンについて取材したことがあるので、ちょっとだけ知識があります。が、HPVワクチンの議論は「むずかしいなー」と思っています。

 

 

きょうはよろしくお願いします!

 

宮城先生

よろしくお願いします。

1~3年目の看護師さんは接種された方も多いと思います。若い看護師の皆さんには、ぜひ知っておいてほしい大切なことなので、いろんな疑問が解消できるようにお話していければと思います。

 

 

子宮頸がんの原因ウイルス、HPVって?

宮城先生

まず初めにHPVと子宮頸がんの関係から整理していきましょう。

 

編集A

子宮頸がんの原因の多くがHPVというウイルスだということは知ってます!

 

宮城先生

お! その通りです。

HPVはヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus)のことで、このHPVに感染することで子宮頸がんを発症するということが明らかになっています。

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)の説明画像。HPVは子宮頸がんの原因ウイルス

 

編集B

こんなふうに原因がはっきりしているがんは、なかなか珍しいんですよね?

 

宮城先生

そうそう、そうなんですよ。だからこそ「ワクチンで防ごう」という発想になったんですね。

 

HPVそのものは身近にありふれたウイルスで、感染経路は主に性的接触です。

 

性交渉の経験がある女性の約80%が、一生に一度は感染する」と言われているくらいなので、ほぼ誰でもHPVに感染すると考えていいでしょう。

 

編集A

え~、そんなに!

それってコンドームを付けてればいいというわけではないんですか?

 

宮城先生

ええ、コンドームでHPV感染を完全に防ぐことはできません

 

編集A

そっか~。性経験が1回でもあれば、感染する可能性はあるということですね。

「HPVに感染している=性経験が多い」じゃないんですね。

 

編集B

それ! HPVワクチンの副反応が問題になった当初は、ここらへんを勘違いして、女性の性行動を批判する人がけっこういました。

 

編集A

あ~…。

 

編集B

「結婚するまで性交渉しなければいい」みたいな極端な意見もときどき見かけましたけど、たとえ結婚するまで経験がない女性でも、夫に前カノがいてHPVに感染していたら夫から感染する可能性があるわけですから、意味ないですよね。

 

宮城先生

そう。HPVが子宮頸がんの原因ウイルスとして知られることで「感染するのは女性だけ」のように勘違いされがちですが、男性も感染します

 

それにHPVは子宮頸がんだけじゃなくて、陰茎がん尖圭コンジローマ(男女の性器周辺にイボができる疾患)といった男性がかかる病気の原因ウイルスでもあるんですよ。のどの奥にできる中咽頭がんの一部も、男女ともにHPV感染が関係していることが分かっていて、若い人の発症が増えているのが問題になっています。

 

編集B

だから海外では「男性にもHPVワクチン接種を」という話になってるんですね。

 

編集A

男性にもHPVワクチン!

 

宮城先生

そうなんです。この点は、また次回以降で詳しくお話ししますね。

 

 

1日10人弱の女性が亡くなっている子宮頸がん

宮城先生

次は「HPVに感染すると、どうなるのか」を見ていきますね。

 

先ほど「ほぼ誰でもHPVに感染する」と言いましたが、感染しても必ずすぐに子宮頸がんになるわけではありません。感染しただけでは全く症状がなくて、だから厄介なんですが…。

 

編集A

それも聞いたことあります!

感染しても基本的には何も起こらなくて、いつの間にかウイルスはなくなっちゃうとか。

 

宮城先生

そうですね、感染したHPVの約90%は体の免疫作用で自然に消えてしまいます

 

編集B

免疫すごい。

 

HPV感染から子宮頸がんを発症するまでの説明図。正常な細胞がHPVに感染すると、一部が軽度・中等度の異形成に進み、さらに高度異形成、上皮内がんへ進行、最終的にがんを発症する

 

宮城先生

残りの約10%でずっと感染した状態が続いた中から、一部が異形成や上皮内がんと呼ばれる前がん病変、つまりがんになる手前の状態になることがあり、数年から数十年かけて子宮頸がんを発症する――。

 

これがHPV感染から子宮頸がん発症までの過程です。

 

編集B

感染したウイルスがずっと消えないで、最終的に子宮頸がん発症までたどり着くのは、どのくらいの割合なんですか?

 

宮城先生

だいたい1%よりも少ないですね。

 

編集A

え、それだけ???

 

編集B

思ってたより、だいぶ少ない…?

 

宮城先生

やっぱり少なく感じますか?

 

でも、ここで思い出してほしいのは「HPVはありふれたウイルスで、ほぼ誰でも感染する」ということ。つまり、1%以下とは言っても、そもそもの母数が大きいんですよね。

 

編集B

そうだ、日本では1年間に約1万人が子宮頸がんになっているんですよね。「多くは自然に消える」と聞くと、そんなにリスク高くないんじゃない?って感じますけど、年間1万人と考えると…。

 

宮城先生

決して小さくない数字ですよね。

 

国立がん研究センターの推計では、一生のうちに76人に1人が子宮頸がんになるとされています。

 

子宮頸がんの罹患数と死亡数のグラフ。年間11,293人が子宮頸がんを発症、上皮内がんも含めると年間33,366人が罹患している。さらに年間2710人が子宮頸がんが原因で死亡している

(データ出典:国立がん研究センターがん情報センター「がんに関する統計データ」)

 

宮城先生

それに、子宮頸がんの手前、高度異形成・上皮内がんも手術が必要な状態です。これも含めると年間約3万人以上が子宮頸がん・前がん病変と診断されているんです

 

そして日本の子宮頸がんの死亡者数は年間約3000人毎日8~9人が子宮頸がんで亡くなっていることになります。

 

編集A

子宮頸がんが原因で1日10人弱の女性が亡くなる…。

 

宮城先生

しかも、ほかのがんに比べて子宮頸がんは20代から40代の、比較的若い世代で増えているという点も、わたしたち産婦人科医が強く言いたいところなんです。全体の罹患数や死亡数は乳がんの方が大きいんですが、「若い女性がかかるがん」では子宮頸がんが断然多いんです。

 

20代から40代の女性といえば、結婚・妊娠・出産・子育ての真っただ中ですよね。結婚したばかりのパートナーや小さいお子さんを残して先立つのも、また先立たれるのも本当につらいことです。

 

若くて健康だった女性が、愛する家族を残して子宮頸がんで亡くなっていく日本、何とかしなくてはと毎日診療しながら思っています。

 

編集B

子宮頸がんが「マザーキラー」と呼ばれるゆえんですね。

 

編集A

で、でも、治療成績はとても良い疾患だと聞きますよ?

 

ということは、検診をまめに受けて早く発見・治療できれば、大丈夫なんじゃないんですか?

 

 

「まめな検診で早期発見できればOK」?

宮城先生

確かに、子宮頸がんは早期で発見されれば比較的、予後がいいがんだと言われます。

 

子宮頸がんのステージと、ステージごとの治療法と5年生存率の説明図。

国立がん研究センターがん情報サービスの情報をもとに作成)

 

宮城先生

子宮頸がんの治療には手術、放射線治療、抗がん剤治療があって、がんの病期(ステージ)によって治療法を選択します。

 

国立がん研究センターによると、子宮頸がん全体の5年生存率は約74%。ごく初期のⅠ期だと約92%となっています。

 

ごくごく早い段階で見つけられれば、子宮の入り口部分だけを切除する手術(円錐切除術)が適応になる場合が少なくないので、子宮を残すこともできます。

 

編集B

子宮を残すということは、望めば妊娠・出産も可能ということですよね。

 

編集A

そうなんだ! それなら、やっぱり検診でいいんじゃ…。

 

宮城先生

ただし、円錐切除術が可能なのは、ⅠA1期と言われる、ごく初期のステージまでに限られます。

 

それに、子宮を温存できるとは言っても、流産や早産のリスクが増えます。早産は低出生体重児のリスクも高まるので、生まれた子の合併症も心配です。

 

編集A

手術する以上、まったく影響なしとはいかないということですね。

 

でも、妊娠・出産を望まないのであれば、治療後の生存率も高いし、普通の生活に戻れるんじゃないんですか?

 

宮城先生

ところが「以前とまったく同じ生活」とはいかないんです。やっぱり治療の後遺症がありますから。

 

子宮頸がん治療の後遺症の例を示した図表。リンパ浮腫や流産・早産、性交障害、排泄トラブル、腸閉塞、更年期障害、月経トラブルなどが起こる

 

ある程度がんが進行して子宮や腟、リンパ節なども切除する「広汎子宮全摘出術」では、リンパ浮腫、排尿障害などが残ることがあります。それよりも切除範囲の小さい「円錐切除術」でも、月経血が出にくくなったりします。

 

治療後の後遺症がどのくらいの割合、どの程度の重さで起こるかは、ステージや切除範囲、体質や生活スタイルなどで変わってくるので一概に言えませんが、多かれ少なかれ後遺症はあるものと考えていいと思います。

 

編集B

私、子宮頸がんについて詳しく知る前は「子どもが産めなくなる」以外の影響があるとは想像すらしていなかったんですよね。

 

実際に手術を受けた方々から、

 

セックスがつらくなって、パートナーとの関係が変わってしまった

 

「発熱やだるさ、足のむくみがひどくて仕事を休みがちになり、会社にいづらくなって退職。再就職もできず、経済的に苦労することになった」

 

「これから先、自分は恋愛も結婚もあきらめなくてはいけないと絶望して、死のうとした」

 

というお話を聞いたことがあって。

後遺症がこんなに人生に影響あるなんてショックでした。

 

宮城先生

HPVワクチンを接種する・しないを考える上で、子宮頸がんという病気を単純に生存率だけでとらえては正しく判断できません。ワクチンを選択しない場合のリスクも知っておいてほしいと思います。

 

編集B

一部には「子宮頸がんは検診で防げる」のような声もありますが、前がん病変でも治療は必要となるし、ノーリスクというわけじゃないんですね。QOLへの影響も大きい。

 

宮城先生

それともう一つ、子宮頸がん検診が100%確実ではないということも理解してもらいたいです。

 

毎年、子宮頸がん検診を受けていたのに、見つかったときには既に進行していた」というケースは、残念ながら珍しくありません。

 

日本の子宮頸がん検診は、子宮の入り口部分(頸部)から細胞をこすり取って調べる細胞診が一般的ですが、細胞の採り方が不十分だったりすると、必ずしも正しい結果が出ないことがあるんですね。

 

それに、子宮頸がんには「扁平上皮がん」と「腺がん」の2種類があるんですが、腺がんは細胞診で引っかかりにくいんです。

 

できる場所が子宮の奥側で、形も正常な細胞と似ていて見つかりにくい上に、転移が起こりやすかったり、放射線や抗がん剤が効きにくかったりして治療が難しい。あまり知られていませんが、こういう見つかりにくいタイプの子宮頸がんが増えています

 

編集A

えーっと、そうすると、子宮頸がんは早期に発見できれば治療できて生存率も高いけど、

 

  • 子宮を摘出するため、妊娠・出産ができなくなる(子宮を残せても流産が増える)
  • リンパ浮腫や排尿・排便障害といった後遺症がある
  • 検診をまめに受けていても100%早期に発見できるわけじゃない

 

ということでしょうか。合ってますか?

 

宮城先生

はい、その通りです。

一方で、同じようにHPVワクチンも100%予防できるわけじゃない。

なので「検診とワクチンの両方で予防することが必要ですよ」と、私たち医療者は訴えています。

 

編集B

そもそも日本の子宮頸がん検診の受診率って低いですしね。えっと、40%くらいでしたか。20代はさらに低くて約20%、10人に2人しか検診を受けていない状況です。

 

OECD加盟各国の子宮頸がん検診の受診率を示した棒グラフ。最も高い米国が84.5%、OECD平均は61.6%。それに対して日本は42.1%とワースト5位

(データ出典:OECD,Health at Glance 2015

 

宮城先生

検診の受診率を高めたいと、自治体が無料クーポンを配ったり、わたしたち医師も広報したりといろいろやってるんですが、なかなか…。

 

でも、1次予防としてのHPVワクチン、2次予防としての子宮頸がん検診が世界の子宮頸がん予防の基本です! もしHPVワクチンを打っていても、20歳をすぎたら検診を定期的に受けてくださいね。

 

編集A

「子宮頸がんは、HPVワクチンを打つよりも、定期的な検診と早期の治療でリスクを軽減した方が安心」と思ってましたが、考えていたよりもリスクが大きいんだなということがわかりました!

 

でも、じゃあHPVワクチンを打てば、本当に子宮頸がんのリスクを回避できるんでしょうか…?

 

 

宮城先生

ということで、次回は「HPVワクチンの効果」についてモヤモヤを解消していきましょう。

 

今回のまとめ

子宮頸がんとHPV編のまとめ図表。1)HPVは子宮頸がんの原因ウイルス、2)子宮頸がんにかかる女性は76人に1人、3)早期発見・治療で生存率は高いが、つらい後遺症もある、4)検診で見つかりにくい子宮頸がんもある

 

注:国立がん研究センターの最新がん統計(2018年9月15日更新)では、生涯で子宮頸がんになる割合は「78人に1人」。

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

(参考)

子宮頸がん 治療の選択(国立がん研究センターがん情報サービス)

人口動態統計によるがん死亡データおよび地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(国立がんセンターがん情報サービス)

最新がん統計(国立がん研究センターがん情報サービス)

日本産科婦人科学会 子宮頸がん

YOKOHAMA HPV PROJECT

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

子宮頸がんワクチン、打つ意味あるの?|私たちが知りたいHPVワクチンのこと(2)

この10年間で子宮頸がん患者が半減!?日本では副反応が問題になっているワクチンの成果とは

子宮頸がんワクチンは安全なの?危ないの?結局どっちなの|私たちが知りたいHPVワクチンのこと(3)

 

この連載

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1206
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1129
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1100
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1008
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
879
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
432
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者263

広範囲熱傷の患者さんに起こる潰瘍を何というでしょうか?

  • 1.クッシング潰瘍
  • 2.シーリング潰瘍
  • 3.ボーリング潰瘍
  • 4.カーリング潰瘍
今日のクイズに挑戦!