1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 身体拘束をする病棟・しない病棟のケアはどう違う?|看護現場の身体拘束(3)

2018年08月28日

身体拘束をする病棟・しない病棟のケアはどう違う?|看護現場の身体拘束(3)

「最初は本当に不安で不安で、患者さんのそばから離れられませんでした」-。

 

身体拘束ゼロの方針を掲げる医療社団法人充会 多摩平の森の病院(東京・日野市)で働き始めたころ、回復期リハビリテーション病棟看護師長の前田るり子さんは、そんなふうに思っていたと当時を振り返ります。

 

同院の前身は、1986年から高齢者医療で「縛らない看護」を始めたことで知られる上川病院。2017年7月、病院の移転に伴い回復期リハビリテーション病棟を開設しましたが、これまでと同じ方針を貫き、身体拘束を一切行っていません。

 

身体拘束をする病棟とはどのようにケアが違うのか、総師長の井口昭子さんと前田さんにお話をうかがいました。

 

医療社団法人充会多摩平の森の病院外観

「身体拘束ゼロ」に挑戦し続ける医療社団法人充会 多摩平の森の病院

 

【目次】
新しいスタッフは「縛らない看護」の未経験者がほとんど
患者さんの意思を尊重し「動きを妨げないケア」
縛らない代わりに行う、さまざまな「代替ケア」
業務に合わせるのではなく、患者さんに合わせる
抑制をする・しないで変わる「患者さんの顔」

 

 

新しいスタッフは「縛らない看護」の未経験者がほとんど

医療社団法人充会多摩平の森の病院の総師長と看護師長

お話をうかがった総師長の井口昭子さん(左)と看護師長の前田るり子さん

 

移転前の話し合いで、回復期リハビリテーション病棟でも身体拘束をしない方針が決まったとき、「抑制をしないという気持ちはもちろん持っていましたが、これまで経験したことのない状況で、どうやってこれまでの看護を継続していくかは課題でした」と井口さんは話します。

 

また、新しいスタッフへの教育も気がかりだったと言います。

 

というのも、新しく加わる看護師やリハビリスタッフが30名ほどいましたが、ほとんどが「縛らない看護」の未経験者だったからです。前田さんもその一人でした。

 

まずは、病棟見学や入職後のオリエンテーションで、老人性認知症疾患療養病棟でのケアを見せることから始めたそうです。

 

 

患者さんの意思を尊重し「動きを妨げないケア」

車いすの安全ベルトをしないなんて考えられなかった(前田るり子さん)

前田さんが見た、老人性認知症疾患療養病棟での「縛らない看護」は驚きの連続だったと言います。

 

申し送りの仕方から違っていたそうです。それは、見守りが必要な患者さんに付いて回って、看護師があちこち移動しながら行うスタイル。

 

「申し送りは周囲に聞こえないようにナースステーションでするもの」、そう思っていた前田さんは衝撃を受けたと言います。

 

同院では食事を取る時間がばらばらであることにも驚いたそうです。

 

病院では決まった時間に患者さんに食事を取ってもらうのが一般的ですが、「食欲がまだない」「昨夜、眠れなかった」、そういった患者さんの状況に合わせてこまめに配膳時間を調整していたのです。

 

また、患者さんが立ち上がると、看護師がその後を付いて行って、一緒に椅子に腰掛けて話をしたり、お茶を飲んだりする様子も、前田さんには新鮮に映りました。

 

「患者さんの意思を尊重し、動きを妨げないケアだと感じました。すごいなと思った反面、この流れを回復期リハビリテーション病棟でも受け継いでいけるのだろうかと不安に思いました」(前田さん)

 

 

縛らない代わりに行う、さまざまな「代替ケア」

抑制をしないためにはどうすればよいか。その前提で考えます(井口昭子さん)

長年、縛らない看護を経験してきた井口さんは、「一番大切なのはアセスメントです。その患者さんの動きがどういう動きかを把握する必要があります」と言います。

 

そのため、入院して来られてからしばらくは患者さんの動きを、観察を含めて見守るそうです。その上で、患者さんの状態に応じた代替ケアを考えていきます。

 

たとえば、こんなふうに対応します。

 

抑制をしないための代替ケア例/ベッドから転落する可能性がある→①ベッドの高さを調整し、歩行される可能性があれば転ばないための動線をつくる。②低床ベッドや衝撃吸収マットを用意し、転落しても大丈夫にする。/いすから立ち上がる際、動きが不安定で転倒の危険性がある→①立ち上がりを制止するのではなく、手の届く範囲で見守り、動きを観  察し、まずは動いていただき満足感を持っていただく。②排泄パターンに応じたトイレ誘導をする。/ナースコールが押せない→①ナースステーションから近い病室や見える位置にし、離床センサーの使用を検討する。②部屋の前を通る時は意識的に様子を見る。/帰宅願望が強い→①帰宅したくなる時間に合わせた活動や個別アプローチを行う。②落ち着ける環境設定を行う(慌ただしい雰囲気をつくらない)。③事務職員・他職種も巻き込んで見守りケアを行う。


井口さんは、「抑制をしていると安全が守られているという意識になって、定期的に見れば大丈夫となってしまい、患者さんの変化が見えません。ですが、ずっと見守っていると、その患者さんがどういうリズムで過ごしているのかがわかってきます」と言います。

 

 

業務に合わせるのではなく、患者さんに合わせる

身体拘束をしないための代替ケアも大切ですが、「縛らない看護」のために必要になってくるのは、やはりマンパワーです。

 

ただ、多摩平の森の病院の看護配置は手厚いかというと、特別、看護師の人数が多いわけではないと井口さんは言います。

 

その代わり、どの時間帯に一番ケアが必要かを考え、早番や遅番の人数をこまめに調整してシフトを組むそうです。

 

「たとえば、どうしても落ち着かない高次機能障害や認知機能障害があり、トラブルや事故のリスクの高い患者さんがいる場合、その時間はマンツーマン体制を組んで個別の対応ができるように、業務に合わせるのではなく、必要なケアに合わせて人員を配置しています」(井口さん)

 

そうした緊急事態が続くとスタッフが疲弊しそうですが、「最初は、そういう状態がずっと続くのかと思っていましたが、そうではありません」と前田さん。

 

集中的にかかわり、家族の協力も得ることで、だんだん嘘のように落ち着いて、院内生活が送れるようになるのを目の当たりにして、「諦めちゃいけないんだなと思いました」と前田さんは言います。

 

 

抑制をする・しないで変わる「患者さんの顔」

前田さんは、「以前は急性期病院で働いていましたので、一般病床ではどうしても抑制が必要な場面があるとは思っています」と言います。

 

たとえば、脳神経外科の術後、抜いたら命に直結してしまう脳室ドレーンなどに無意識で手が入ってしまう患者さんで、どうしてもそばに看護師がいられない場合などです。

 

「ただ、それは期間限定で行うこと」と前田さん。

 

多摩平の森の病院で縛らない看護を経験する中で、命にかかわる状況ではない限り、抑制はするべきではないと前田さんは考えるようになったそうです。

 

そして、こう言います。

 

「抑制をされている患者さんとされていない患者さんとでは、本当に顔つきが違います。抑制しているときの患者さんは険しい顔ですが、この病院の患者さんは笑顔があふれています」

 

* * *

 

看護現場の身体拘束について取り上げた本シリーズ、いかがでしたでしょうか?
今回は、超急性期、急性期、回復期の病床について取材しましたが、療養や精神の病床などではまた違った状況があると思います。
引き続き、看護現場の身体拘束の取材を進め、情報を発信していきますので、こちらから、ぜひあなたのご意見や情報をお寄せください。

 

 

看護roo!編集部 坂本朝子(@st_kangoroo

 

 

 

看護現場の身体拘束シリーズ

身体拘束はせざるを得ない!?

「絶対に身体拘束をするな」とは言わない

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

身体拘束中に急変し、亡くなった患者は“特別な人”?

Q&Aでわかる これって身体拘束? 身体拘束にあたる基準とは

身体拘束は限定的な行為! 切迫性・非代替性・一時性を満たすことが条件

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

  • 身体拘束はせざるを得ない!?|看護現場の身体拘束(1) [08/28up]

    ベッドの四点柵、車いすの安全ベルト、ミトン型の手袋-。 こうした、患者さんの安全を守るために身体の動きを抑制する「身体拘束」のあり方が、社会的な関心の高まりを受け、看護師の間でも改めて注目されています。   ... [ 記事を読む ]

  • 「絶対に身体拘束をするな」とは言わない|看護現場の身体拘束(2) [08/28up]

    「縛らないに越したことはありません。でも、縛らないと危ない時もあります。大切なのは必要か必要じゃないか、その見極めです」   そう話すのは、川崎市立井田病院の宮崎奈々さん。   宮崎さんが看護師長を務める内科... [ 記事を読む ]

  • 鎮痛管理のポイントは?|人工呼吸ケア [05/29up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮痛管理」に関するQ&Aです。 鎮痛管理のポイントは? 「患者は常に痛みを感じている」という前提に立ち、先制鎮痛を行うことが重要です。 ... [ 記事を読む ]

  • 衛生的手洗いを行うのはなぜ? [07/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いに関するQ&Aです。 衛生的手洗いを行うのはなぜ? 医療従事者の手指を介した交差感染から患者を守るためです。 〈目次〉 手洗い... [ 記事を読む ]

  • 感染経路別予防策 [08/18up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は感染経路別予防策について解説します。 〈目次〉 接触感染 飛沫感染 空気感染 感染経路別予防策 感染予防を行うためには、微生物(病原体)の感染... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1246
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
952
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
468
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者164

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!