1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌>
  4. 妻が風邪でダウン。その時、夫は…?|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(34)

2018年05月29日

妻が風邪でダウン。その時、夫は…?|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(34)

(これまでの話は▶コチラ
陰湿なイジメ師長との戦いを終えたもも子。これでひと安心、と思いきや…

青木師長と共に浜田師長を告発し、無事に外来に平安が…そう簡単にくるわけもなく浜田師長の後任は、使えないと有名な師長が就いたのでした。

「外来の後任は、また誰かが告発するんじゃないかって皆渋ったみたい」と尾田さんにも嫌味を言われたもも子は、『私だってしたくて告発したわけじゃない…。できれば穏やかに過ごしたかったのに…。』と項垂れます。息子のかず君にもゴハンと催促されますが、その日、もも子はだるくて何もやる気になれませんでした。

もも子は、疲れがどっと出たように感じつつ、何とか夕飯の準備を始めますが、シバリングや倦怠感もあり、『私…コレ風邪じゃない?』疑い始めました。体調が悪く、ぼーっとしているともも子の夫が帰ってきました。

夫は帰って早々食卓を見るなり、「何だ、また今日も手抜きかー。まぁ忙しいなら仕方ないけど…。」と愚痴をこぼしました。その後、もも子の顔をみて、「てかもも子。顔色悪いぞ、大丈夫?」と心配する夫にもも子は、「…風邪っぽくて、熱あるかも。」と打ち明けます。

「また手抜き」と夫にさり気なくヒドイことを言われ、『くやしい…ケンカして言い返してやりたい』と思いますが、今はその気力がありません。頭も痛いし、だるいため、いつもの風邪と違う気もしながら、夫に言われるがまま、布団に横になりました。

もも子は、『絶対に浜田師長のせいだ…あいつとの戦いに精根つき果てて、疲れがどっと出たんだ…』と苦しんでいます。うなされるように「なんであたしばっか…。喉が乾いた…水」と目を覚ましましたが、近くにはなく、『水分は病人の基本だろー』と夫を心の中で責めながら、水を飲むため布団から辛い体を動かしました。

もも子は、『私がいつも看病する時は、こうセッティングするのに…あいつは何でやってくれないのか…』と心の中で文句を言いながら、壁を伝うようにリビングに行くと、そこにはビールを持った夫の姿が。

まさかの光景に「ハ…ハァ!?」と大きな声を出してしまいました。その状況で、「あれ?起きて大丈夫なの?」とのほほんとしている夫にもも子の我慢も限界。「大丈夫じゃなーい!!」と涙が溢れて止まらないもも子なのでした。

 


【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での連載に、「ブランク16年の私が看護師に復帰した話」「おうちで死にたい~訪問看護の現場から~」「モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~」。
 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(10)

10匿名2018年06月19日 17時37分

あれ、師長を告発して最終回じゃなかったんですね‼️

9匿名2018年05月30日 19時37分

告発で退職転職の危機が去る→円満離婚

8匿名2018年05月29日 22時14分

相変わらずの2さんw

7ハルカへ2018年05月29日 22時03分

優しいの基準がやばいwww

6ハルカ2018年05月29日 20時28分

枕元に水筒なんて置いたことない。夕食がパックのままの納豆なんて手抜き以前のわびしすぎるシロモノでも仕方ないなと言ってくれる旦那じゅうぶん優しいと思う

5匿名2018年05月29日 15時27分

何気にかず君が成長している。

4匿名2018年05月29日 12時24分

告発する側ではなく告発されるような事をしてる方が悪い。
それに使えない上司でも人間としてまともな人の方が上司として良い。

3タミフル2018年05月29日 10時59分

使えない旦那w
こーゆーのとは結婚したくないなぁ。
人には色々求めるくせに、
自分は何もできてない男とか1番嫌い。

2匿名2018年05月29日 09時22分

「私が」って書いてあるんだからあなたとは違うんでしょ?夫腹立つなぁ

1匿名2018年05月29日 06時57分

そんなちゃんとセッティングとかする??
医療従事者ほど身内の病気には厳しい印象だけど。「うつさないでねー」で隔離されて終了みたいな

関連記事

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1236
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1152
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1046
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1085
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
802
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
415
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者223

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!