1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日経メディカルAナーシング>
  4. いまだに減らない「いきなりAIDS」|厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告

2018年05月07日

いまだに減らない「いきなりAIDS」|厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告

【日経メディカルAナーシング Pick up!】

 

本吉 葵=日経メディカル

 

厚生労働省の厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会で4月17日、2017年度のHIV・後天性免疫不全症候群AIDS)速報値が報告された。

 

2017年度における新規HIV感染者(AIDS未発症者)の報告数は昨年の1011件から微減の992件、感染に気が付かないままAIDSを発症した患者の報告数も昨年の437件から微減の415件で、いずれもこの10年では最も少ない報告数となった。

 

一方、新規HIV感染者およびAIDS患者の合計数のうち、新規AIDS患者の占める割合は「いきなりAIDS」と呼ばれるが、この値の2017年度の速報値は29.5%と、この10年横ばいのまま。

 

これまでもHIV感染者の早期発見の重要性が強調されてきたが、いまだに多くが見逃されている現状が明らかになった。

 

発生動向報告に加え、本委員会では今年1月に改定された「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」についても報告された。

 

改定指針では、HIV感染の早期発見のためにも医療従事者は、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒、淋菌感染症、B型肝炎、アメーバ赤痢等の性感染症の罹患が疑われる者に対して、積極的にHIV検査を実施する必要があることが追記された。

 

また委員会では、発生動向の調査および分析の強化案として、2019年1月から発生届の届出事項にCD4値を追加することが了承された。

 

CD4値は、HIV陽性者の免疫力を反映する指標で、CD4値は感染者のほとんどでHIV感染症の進行とともに減少していく。

 

診断時のCD4値を国内全体で収集し継続的に変化を追うことで、国内におけるHIV感染症の早期診断の推進度合いを把握できる可能性がある。

 

 

<掲載元>

日経メディカルAナーシング

Aナーシングは、医学メディアとして40年の歴史を持つ「日経メディカル」がプロデュースする看護師向け情報サイト。会員登録(無料)すると、臨床からキャリアまで、多くのニュースやコラムをご覧いただけます。Aナーシングサイトはこちら

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

  • 咽頭結膜熱(プール熱)【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【14】 [07/27up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? [07/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要がある... [ 記事を読む ]

  • 要チェック!!薬剤耐性菌の新リスト [08/19up]

    諸外国に比べて抗微生物薬(抗生物質)の使用頻度が高いといわれる日本。そのため、薬剤耐性菌の問題は決して他人事ではありません。   今回は、世界保健機関(WHO)がまとめた新規抗菌薬が緊急に必要とされる薬剤耐性菌のリストに... [ 記事を読む ]

  • 発熱時の血液培養は本当に必要? [03/18up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時の血液培養」に関するQ&Aです。 白野倫徳 大阪市立総合医療センター感染症内科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 耐性菌とは [11/27up]

    (『キャラ勉!抗菌薬データ』より転載) 抗菌薬に対して感受性が低く、高濃度の抗菌薬が存在しても生育できる菌のことを耐性菌といいます。 不適正な抗菌薬の使用により、耐性菌が増加することがあります。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3118
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1219
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1128
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1070
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
941
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
579
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7041

◆救急看護の問題◆過換気症候群の対応で誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.紙袋を口に当て、いったん吐いた息を再度吸わせる。
  • 2.ゆっくり呼吸することを勧める。
  • 3.抗不安薬を投与する。
  • 4.腹式呼吸を促す。
今日のクイズに挑戦!