1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の本音アンケート>
  4. ぜひこれにつけてほしい「◯◯手当」あなたは何を希望する?|看護師の本音アンケート

2018年04月19日

ぜひこれにつけてほしい「◯◯手当」あなたは何を希望する?|看護師の本音アンケート

「看護師の給与は高い」というのが世間一般のイメージですが、実はそう一概にはいえないことが最新のデータで明らかになっています。

お給料が看護師の仕事に見合った内容になるように、「もっとこんな手当てがあればいいのに!」とみんなが思う手当について、アンケートの結果をみていきましょう。

【ライター:ますだかおる(看護師)】

 

ぜひこれにつけてほしい「◯◯手当」 あなたは何を希望する?

ぜひこれにつけてほしい「◯◯手当」あなたは何を希望する?ランキングを表す図表 1位休憩が取れなかった時の無休憩手当 2位急変対応手当 3位その他 4位先輩同僚からの八つ当たり手当 5位後輩同僚の尻拭い手当

看護roo!アンケート「ぜひこれにつけてほしい「◯◯手当」あなたは何を希望する?

 

 

1位 休憩が取れなかった時の無休憩手当

休憩室を前にいき倒れる看護師のイラスト

 

  • 休憩なしが当たり前。つらい。(みぃさん)
  • まともに1時間休憩が取れることなんて年に数回しかないかも。(猫矢さん)
  • 休憩が取れない時間は残業手当で支給してほしい。(カーコさん)
  • 休憩は大事だから。(かほさん) 

 

1位は、「休憩が取れなかった時の無休憩手当」。

圧倒的な得票数ですね。

休憩時間にも業務をしている人がいかに多いかがわかります。


私が病棟で働いていたときも、水を飲む時間やトイレに行く時間さえもとれないことがよくありました。

このアンケート結果は、「きちんと休憩がとれる職場づくりを」という声として捉えられるかもしれません。


 

2位 急変対応手当

急変した患者さんに対応する看護師のイラスト

 

2位は「急変対応手当」。

私が病棟で働いていた頃、一番神経をすり減らした瞬間は、急変対応でした。

 

肉体的にも精神的にも、ドッと疲れて…、普段の何倍も働いたような感覚になったものです。

それが、月末の給料に反映されれば、これだけ頑張ったのかと思えるのかも。

 

でも、急変は事前にある程度予測できる場合もあります。

もしこの手当が実現してしまったら、観察眼やアセスメント力が衰えてしまうかもしれませんね。

 

 

3位 その他(ナースコールに出た数、など)

ナースコールと応援連絡の音におわれるナースのイラスト

 

3位は「その他」。

たくさんの意見が寄せられました。

 

  • ナースコールに出た数。(Lisaさん)
  • 委員会2つ掛け持ちしてるから、委員会の手当が欲しい。通常業務と同じくらい、委員会の仕事がどっさりあるから。(坂木さん)
  • ほかの部署への応援手当。(ジャスタウェイさん) 
  • 緊急入院受け入れ手当。(えりかさん、他) 
  • チームリーダーなどに任命された時には、リーダー手当つけて欲しかったです。(まーちんさん、他) 
  • クレーム対応手当。(とっきーさん、他)    
  • ベッド稼働率高いね手当!(さゆりさん) 
  • 「準→日→深」手当。(はっさくさん) 

 

仕事を効率的にこなせる看護師ほど、他の人がやらない仕事に手が回って、委員会や後輩指導、緊急入院を担当したり。

ほかの人よりもたくさんの業務をこなしていても、お給料は同じ。

 

この不公平感を減らすために、日本看護協会では能力と役割に応じて賃金を決定する給与制度を推奨しています。

しかし、普及するにはまだまだ時間がかかりそうです。

(関連記事:ナースのお給料、算出方法が変わる!?|日本看護協会「看護職の賃金モデル」推進事業会議レポート)

 

 

4位 先輩同僚からの八つ当たり手当

先輩看護師からの嫌味を受けて耐える後輩看護師のイラスト

 

先輩や同僚からの八つ当たりや理不尽な仕打ちは、日々の業務においてモチベーションを下げてしまうもの。

個人的には、病院側からの支払いではなく、八つ当たりした先輩同僚から天引きしてほしいです。

 

職場に不利益をもたらす人から天引きされるのは、まっとうなのでは…?などと、つい妄想してしまいます。

 

 

5位 後輩同僚の尻拭い手当

後輩の失敗を尻拭いして患者に怒られる看護師のイラスト

 

  • 尻拭いして定時に帰れなくなるのが1番嫌(ニモコさん)

 

中堅看護師としては、自分の仕事をしつつ、後輩のフォローにも入り、なおかつ仕事上でミスが起きたときには一緒になってカバーしなければいけません。

 

もしも、後輩の成長のために自分が犠牲になっていると感じるなら…、手当が必要と感じることもあるのかも。

個人的には、後輩が失敗できる環境をつくるのも、先輩の仕事だとは思うのですが。

 

 

おわりに―どこまでが看護師の仕事?

今回は「その他」にたくさんのアイデアが寄せられました。

前残業や、休日の勉強会への参加など、現場にいると“当たり前”とされていることでも、冷静に振り返ってみると「ここまでやらなきゃいけないの?」と思う業務も多いのではないでしょうか。

 

でも、自分の休憩よりも患者さんを優先しなきゃいけないこともある。

そんななかで頑張っている看護師が少しでも報われますように…。

【ライター:ますだかおる(看護師)】

【イラスト:オゼキイサム(HP)】

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

看護師の平均年収478万円!給料データを大調査【2018年版】

看護師のイメージ「給料が良い」は実際と違う|看護師の本音アンケート

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3みみみ2018年04月26日 18時54分

肥満看護手当。わがまま対応手当。言葉の暴力危険手当。医者の面倒見手当。委員会時間外活動手当。病棟外搬送手当。

2ななし2018年04月21日 21時46分

勉強会、研修、委員会かなー

1匿名2018年04月19日 17時55分

〉急変は事前にある程度予測できる場合もあります。もしこの手当が実現してしまったら、観察眼やアセスメント力が衰えてしまうかも
手当欲しさに急変があっても良いや、と思うようになるということでしょうか?

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者166

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!