1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 医療ドラマあるある!間違い探し>
  4. 医療ドラマあるある!間違い探し【2】~術後患者編~

2018年03月09日

医療ドラマあるある!間違い探し【2】~術後患者編~

毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか?

そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました!楽しんでみてください!

【ライター:白石弓夏(看護師)】

 

~初級編~2つの間違いを探せ!

頭部術後、気管挿管で人工呼吸器を使用しているシーンです。

間違いを2つ探してください。

 

★画像タップで正解がわかる★

※スクロール注意!解説あり※

 

 

 

~初級編~解説

【赤◯】

気管内チューブが垂直になっていることが、ひとつめの間違いです。

一般的な気管内チューブは、元々ゆるくカーブがかかっています。

そのため、口から垂直には出てこず、カーブを描いて首元に沿うようになるはず。

 

垂直にしてはいけないのにも理由があります。

気管内チューブと人工呼吸器の接続部が高い位置になると、人工呼吸器で加温・加湿している水蒸気がチューブ内に溜まり、水滴がそのまま口元に落ちてしまうのです。

 

それを避けるため、首元に沿い、自然にチューブを横たえて固定するのが一般的です。

 

【黄○】

2つめの間違いは「枕」です。

多くの全身麻酔手術後の患者さんでは、このような一般的な枕を使用することはまずありません。

枕を使用すると、麻酔後の舌根沈下のリスクが高まるためです。

※挿管されたままの場合では、頭部が後屈するように、肩枕や専用の枕を使用することはあります。

 

頭部に創がある場合には、汚染・感染を予防するためにも、枕ではなくパット(下図)で対応することも多いです。

 

 

 

他にも気になる点はある…?現場からのコメント

 

★Aさん(看護師10年目、脳外科経験3年)

【緑◯】

・挿管チューブの下にバイドブロックがあるように見えますが、歯で噛んでしまいそう…。本来は横にくるように固定すると思います。

 

【黄◯】

・いつも医療ドラマで「あれ?」と思うのは、頭の手術や怪我で顎まで包帯ぐるぐる巻きにしていたり、タオルのようなものを巻いていたりすること。

術直後は、「ガーゼにテープ固定」プラス「包帯保護またはネット」とシンプルなことが多いです。ドラマでは見た目で重症感を出したいからぐるぐるにするんでしょうけど…。

 

★Bさん(看護師10年目、手術室経験5年)

【緑◯】

・挿管チューブのテープ固定が短いような気がします。挿管チューブが子ども用じゃない?というくらい細いですね。

 

★Cさん(看護師5年目、ICU3年目)

【赤◯】

・一般的なタイプの挿管チューブの角度が垂直はまずありえないですね。VAP(人工呼吸器関連肺炎)の発症リスクが高まります。

 

・ただ、呼吸器の回路や挿管チューブの種類によって固定の仕方が違うものもあります。患者の気道に腫瘍などがある場合には、やむをえずチューブの角度を垂直にするケースもありました。

 

***

挿管チューブについては、固定具の種類が多様化しています。

種類や病院によってやり方が違うことも多いようです。

疾患による例外などもあるので、一概には言えませんが、まずは基本形を知っておくことも必要です。

 

看護roo!にも関連記事が掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

参考記事

▷『全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない?

▷『気管チューブの固定|気管挿管の介助(4)』(動画でわかる!看護技術)

▷『人工呼吸ケアのすべてがわかる』記事一覧

 

~番外編~

ここまで見てきて、そのほかにも間違いがあると気づいた方もいるのではないでしょうか。

「ここもおかしい!」と発見したら、ぜひコメント欄で盛り上がりましょう~!

 

次回の舞台は、オペ室!

“中級編”をお届けします。

(イラスト)明(みん)

この連載

  • 【4】オペ室編その2 [04/05up]

    前回同様、舞台はオペ室です。 あなたは何個、間違いをみつけられるでしょうか? ※記事の最後におまけの問題つき! 【ライター:白石弓夏(看護師)】   ~上級編~3カ所の間違いを探せ!   ★... [ 記事を読む ]

  • 【3】オペ室編その1 [03/23up]

    毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか? そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました! 【ライター:白石弓夏(看護師... [ 記事を読む ]

  • 【2】術後患者編 [03/09up]

    毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか? そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました!楽しんでみてください! 【ライ...

  • 【1】救急編 [12/01up]

    社会現象になるほど人気の医療ドラマ。 医師の監修が入り、よりリアルに表現されているな~と感心することも多いです。   とはいえ看護師のみなさんは、「いやいや現実はこんなんじゃ…」とツッコミを入れて楽しんでいませんか... [ 記事を読む ]

  • 医療ドラマあるある!間違い探し【全記事まとめ】|看護roo![カンゴルー] [12/08up]

    医療ドラマあるある!間違い探し【1】~救急編~ 医療ドラマあるある!間違い探し【2】~術後患者編~ 医療ドラマあるある!間違い探し【3】~オペ編~ 医療ドラマあるある!間違い探し【4】~オペ編その2~ ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 抗菌薬は、どのタイミングで投与するの?|術前・術後ケア  [02/04up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「抗菌薬投与のタイミング」に関するQ&Aです。 抗菌薬は、どのタイミングで投与するの? 原則として抗菌薬は執刀前60分以内に投与されるこ... [ 記事を読む ]

  • リウエル|整形外科手術器械(2) [04/11up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、整形外科の手術で使用される『リウエル』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の... [ 記事を読む ]

  • くも膜下出血の手術 [11/17up]

    『BRAIN』2013年第1号<脳神経外科手術の合併症と術後ケア>より抜粋。 くも膜下出血の手術について解説します。 Point 術前は再出血予防,術後は脳血管攣縮対策が治療の要です。 脳血管攣縮が起きる... [ 記事を読む ]

  • マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)|脳神経外科手術器械(1) [06/29up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆... [ 記事を読む ]

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
850
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
784
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
646
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3544

診療報酬と介護報酬とが同時改定になるのは、何年に1度でしょうか?

  • 1.4年
  • 2.6年
  • 3.8年
  • 4.10年
今日のクイズに挑戦!