1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌>
  4. 師長の家族関係、闇深すぎ…|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(22)

2018年03月06日

師長の家族関係、闇深すぎ…|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(22)

(これまでの話は▶コチラ
子どもの結婚式に呼ばれなかったことに涙する師長。師長の家庭は複雑なようで…

もも子に背を向けながら、師長はとつとつと語った師長の身の上話を話し始めました。28歳で結婚、同じ時期に病院が拡大して病棟を増やしたため、主任に昇格し少し不安ながらも嬉しくて張り切っていた師長でした。

そして、師長にラッキーは続き、なんと妊娠もしました。師長のお腹に耳を当てながら、子どもの性別はなんだろうとはしゃぐ旦那に対して、「心音はまだ聞こえないわよ。」と師長も嬉しいそうに笑います。姑は『女性は家を守るべき』という思想の持ち主で、「妊娠したのなら、仕事を辞めなさい。」とここぞとばかり辞めろとせがんできました。「赤ちゃんになにかあったらどうするの?」という姑に「大丈夫ですよ。皆やっていることですし」と説得しました。

病棟増設と慣れない主任業務でくたくただったけれど、同僚たちからの「あなたが働くママの代表になって、女は働いても子育てと両立できると、証明してみて。」という励ましに、『皆のためにもがんばろう。赤ちゃんもがんばってね。』と思いますが、当時主任クラスで結婚している人は少なく、人が足りなければ、師長が夜勤に出て、主任業務もこなしていました。そして…

ある時、気がついたら出血し、ふくらはぎまで出血している事に驚き、診察を受けると、「残念ですが、心音がしません…」と赤ちゃんを流産してしまいました。ショックを受けた師長は、その出来事に信じられずにいると、家でわけを話すと姑に「だから言ったでしょ!?あれだけ辞めろって!!」とひどく怒鳴られました。

さらに「人殺し!!自分の子どもを殺すほど、仕事が好きなのかい!?」とひどく責められ、何も言えずうつむく師長。その様子を側で聞いていた師長の旦那が、「もういいよ母さん…。」と止めました。そして「コイツなじったところで、もう赤ちゃんは戻ってこないんだから、もういいよ…。」と新聞に目を向けながら、言い放つのでした。

静かに師長の身の上話を聞いていたもも子も、「…ひどい…ですね旦那さん。」と師長に共感しました。すると師長は、「若い頃はそんなもんよ…一時期は仕事も辞めようと思ったけど、家にいると赤ちゃんのことを思い出して辛くて、逆にどんどん仕事にのめり込んだの…。」「それが更なる不幸の前ぶれで…」とつぶやきました。師長の言葉に、『まだ何かあるの?師長!!』と青ざめるもも子なのでした。


【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(6)

6匿名2018年03月08日 22時17分

同時進行しているもう一つの話と重なるな。なぜ師長がママイビリに走ったのか。こういう背景があったんだ。…だからってイビリはだめ。

5匿名2018年03月08日 14時59分

だからといってママナースをいじめていいの?

4匿名2018年03月07日 20時12分

どの職業でもそうだけど、「自分がやられたこと」を、まんま後輩に流す人が大半でしょ。意識的にしろ無意識的にしろ。自分でその流れを止められる人は貴重。それほどいない。

3匿名2018年03月06日 18時26分

そっか…辛かったんだね。師長さん。

2匿名2018年03月06日 17時49分

普通は自分のような辛い思いをしてほしくなくて奔走するのにね。

1匿名2018年03月06日 07時23分

だからと言って、今の若いママナースにパワハラして良い理由にはならない(`Δ´)

関連記事

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1036
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1035
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1090
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
960
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
899
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
610
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者603

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!