1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 今からでも間に合う!暗記キーワード厳選20!|特集・第107回看護師国家試験

2018年02月13日

今からでも間に合う!暗記キーワード厳選20!|特集・第107回看護師国家試験

コツコツ過去問攻略!4000問以上収録・模試付きの国試アプリ 【看護roo!国試】

 

看護師国家試験まであと数日。

看護roo!では、これまで科目別に「第107回(2018年)看護師国家試験 出題基準変更点」を連載してきました。

そのなかから、これだけは覚えてほしい!という20キーワードをご紹介します。

最後のダメ押しとしてお役に立てば幸いです。

 

 

今からでも間に合う!暗記キーワード厳選20!

必修問題

1.エンパワメント
⇒自らの力で問題解決能力を獲得していくこと。


出題基準の変更点を確認する

 

人体の構造と機能

2.減数分裂
⇒生殖細胞が成熟する過程で分裂を繰り返し遺伝子の量を半分にすること。

 

出題基準の変更点を確認する

 

疾病の成り立ちと回復の促進

3.感染性心内膜炎
⇒先天性心疾患などによって弁膜や奇形部位に細菌が付着して感染を起こす疾患。入院して大量の抗菌薬の投与が必要となる。


出題基準の変更点を確認する

 

健康支援と社会保障制度

4.フォーマルサポート、インフォーマルサポート
⇒公的機関や専門職が援助を行うのがフォーマルサポート。地域やボランティアなどが行う非公式の援助がインフォーマルサポート。


5.マイナンバー制度
⇒日本に住民票がある全ての人が持つ12桁の番号。社会保障、税、災害対策分野で、同一の人物であることを確認するために活用される。


6.ポピュレーションアプローチ、ハイリスクアプローチ
⇒対象を限定せず集団全体へアプローチをすることでリスクを下げるのがポピュレーションアプローチ。疾患を発生しやすい高リスクの人を対象とする方法がハイリスクアプローチ。


出題基準の変更点を確認する

 

基礎看護学

7.輸液・輸血管理
⇒取り扱いや管理方法だけでなく副作用(有害事象)も復習を。輸液の計算問題は国試でも頻出。


出題基準の変更点を確認する

 

成人看護学

8.集学的治療
⇒がんの種類や進行度に応じて、さまざまな治療法を組み合わせること。

 

出題基準の変更点を確認する


9.小線源治療
⇒がん内部に放射線を直接埋め込むため、手術に比べて侵襲性が低く、患者のQOLに与える影響も少ない。


出題基準の変更点を確認する

 

老年看護学

10.リロケーション
⇒在宅から医療施設、医療施設から介護保険施設などへの移動。


11.フレイル
⇒加齢により心身の脆弱性が出現した状態。


出題基準の変更点を確認する

 

小児看護学

12.プレパレーション
⇒子どもの不安や恐怖をやわらげ心の準備を支援すること。


出題基準の変更点を確認する

 

母性看護学

13.リプロダクティブ・ヘルス
⇒性と生殖に関する健康とその権利。


14.ウェルネス
⇒健康を維持し、より積極的に発展させようとする生活態度や行動。


15.ヘルスプロモーション
⇒人々が自分の健康をコントロールし改善できるようにするプロセス。


出題基準の変更点を確認する

 

精神看護学

16.リエゾン精神看護
⇒精神看護領域の専門的技術を持ち、他診療科と連携して質の高い看護ケアを提供すること。

 

17.レジリエンス
⇒ストレスに対する自発的な防御力や回復力。

 

18.公認心理師
⇒心理に関する支援を要する者の観察、相談、教育などを行う。公認心理師法に基づく。


出題基準の変更点を確認する

 

在宅看護論

19.地域包括ケアシステム
⇒団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステム。


出題基準の変更点を確認する

 

看護の統合と実践

20.特定行為に係る看護師の研修制度
⇒在宅医療等の推進のため、医師や歯科医師の判断を待たずに手順書により一定の診療の補助を行う看護師を要請するために創設された制度。保健師助産師看護師法に基づく。


出題基準の変更点を確認する

 

 

 

ここまできたら、あとは自分を信じるのみ!

看護roo!は受験生の皆さんを応援しています!

 

参考文献:医学書院『系統看護学講座』、照林社『プチナース』、メヂカルフレンド社『看護展望7月臨時増刊号』など

 


 

【看護roo!編集部】

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

国試直前!『国民衛生の動向』を1日で復習する!

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1184
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1220
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1134
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1023
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1059
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
746
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者353

肝臓部分切除術を受けた55歳男性。術中に出血が1,600mLあり、RBC-LR4単位の輸血が投与されました。既往歴は高血圧。術後5時間後、急に呼吸困難を訴えました。バイタルサインは下図のとおりです。この症例で最も疑うべき輸血の副作用は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • 2.輸血関連循環過負荷(TACO)
  • 3.アレルギー反応
  • 4.発熱性非溶血性輸血副作用
今日のクイズに挑戦!