1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 外国人看護師と共に働く現場から>
  4. EPA看護師と働くとはどういうことか?【最終回】良い影響を与え合うパートナーとして

2018年06月06日

EPA看護師と働くとはどういうことか?【最終回】良い影響を与え合うパートナーとして

私が勤務している病院では、2010年よりEPA外国人看護師の受け入れを開始し、2018年5月現在、8名のEPA外国人看護師が働いています。

 

この連載では、私がEPA外国人看護師と協働して感じたことやそのエピソードをお伝えし、読者の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

【文:小林ゆう(看護師)】

 

外国人看護師と共に働く現場から

【最終回】良い影響を与え合うパートナーとして

 

 

 

EPA看護師仲間が帰国するときには…

私は現在、急性期病棟でマリアとホセ、2人のフィリピン人看護師と協働しています。

病院全体では8名のEPA看護師が在籍している中で、ほかの病棟から1人、帰国が決まりました。

 

母国で結婚するための帰国なので、おめでたいことではあるのですが…。

 

仲間が減るのは寂しいもので、マリアやホセの精神面には少なからず影響があります。

なんとなく覇気がなく、笑顔がぎこちなくなったりします。

 

結婚のため母国に帰る事になった同僚の外国人看護師に対して、仲間がいなくなる寂しさと母国に帰れる羨ましさで複雑な表情をとるマリアとホセ。

 

仲間がいなくなる寂しさと、母国に帰れる羨ましさが混在した複雑な感情になるようです。

2人とも、自ら口に出すことはありませんがその思いは伝わってきます。

 

 

落ち込むEPA看護師に周囲ができるケア

そのため、EPA看護師の退職者(帰国者)が出るときには、マリアとホセへのケアが必要になります。

 

主には師長がその役割をするのですが、私たちも時間があるときには声をかけます。

 

具体的には、まず心にためたモヤモヤを吐き出させることです。

何を感じて、どう思っているのか、自分(マリアやホセ)はどうしたいのか、など可能なかぎり聞いていきます。

 

…といっても、私たちにできることはそれくらいしかないのです。

 

 

フィリピンに恋人がいるマリア

帰国が決まった退職者はいわゆる寿退職なので、同じく母国の彼と結婚を考えているマリアにとっては相当なダメージだったようです(マリアの将来設計や来日した経緯について詳しくは「EPA外国人看護師が日本にやってくる本当の理由」)。

 

周囲の看護師ができるだけマリアに声をかけ、フォローをしたのですが、落ち込んだままなかなか気持ちが上向きません。

 

夜、眠れないとこぼすようにもなりました。

睡眠不足で仕事に集中できていないのがわかります。

勤務中も単純なミスをするようになりました。

 

そのため、師長の計らいでマリアは10日ほど休暇を取れることに。

リフレッシュのために帰国できることになったのです。

マリアにとって1年半ぶりの帰国となりました。

 

リフレッシュ休暇で母国に帰る事が決まり喜ぶマリアとその待遇に驚くホセ

 

帰国できることが決まったマリアは、落ち込んでいたことが嘘のように元気に。

休暇は1カ月先でしたが、それでも楽しみができたため完全復活です。

 

ひどく落ち込んだ時には、周囲のサポートも必要ではあるのですが、祖国へ帰ることが何よりの薬なのかもしれません。

 

 

マリアの姿を見たホセは…

しかし今度はホセに問題が発生。

 

ホセは、退職者(帰国者)が出たときにはマリアほど落ち込むこともなく、短期間で普段通りに戻っていました。

 

ところが、マリアのリフレッシュ休暇の話を聞いて、また落ち込んでしまいました。

「自分も帰りたい」と言い出したのです。

 

その様子を見た病棟師長としても、片方はリフレッシュの名目で帰国できるのに、もう片方は何もなし、というわけにもいきません。

 

結局、マリアと交代にはなりますが、ホセも休みをもらって帰国することになりました。

 

 

EPA看護師は日本人看護師より優遇されている?

そういった意味では、EPA看護師は非常に優遇されているな、と感じるのは私だけでしょうか。

 

確かに家族と遠く離れた見知らぬ土地でその国の言語を取得しながら仕事をする、というのは大変なことだと思います。

しかし彼らは皆、自ら望んで来日しているはずです。

 

精神的に落ち込むことがあると夏休みでもないのに、10連休(有休)がもらえるのです。

羨ましい限りです。

 

…私も申請したら10連休がもらえるのか、試してみようかしら。

(夏休みでもない時期に、10連休を取るって言ったらたぶんあちこちから反感を買うこと間違いなしですが)

 

 

マリアとホセの成長

協働している身としては、こんなふうに複雑な心境になることも多々あります。

しかしもちろん、彼らは共に働く職場にたくさんの恩恵を与えてくれます(参考記事:「人員増」だけではない。EPA外国人看護師がもたらす恩恵)。

 

最近では、仕事に慣れてきたマリアとホセが業務上のフォローをしてくれることも。

彼らは、平日の日勤業務のみなので、日中行われる検査などの動きをよく把握してくれています。

 

ある日、薬剤が変更になっていた患者さんの情報がうまく伝わっていないことがありました。

なぜそうなったのか知っている人はいないかと探っていたところ、マリアが「ソレ!造影の検査デカワッタ!」と一言。

一同、納得。

「おー!マリア、ありがとう」の瞬間でした。

 

日本人看護師の小林さんと外国人看護師のマリアとホセが肩を組み、笑顔をこちらにむけている

 

そしてまた別の日。

ホセが医師と話をしている姿がありました。

医師は何やら考え込んでいるような雰囲気です。

サポートが必要かな、と近づくと、ホセいわく「患者さんがどうしても水が飲みたいと訴えている」とのこと。

 

その患者さんは肺炎の疑いがあるため禁飲食になっていました。

結論から言えば、次の検査の結果が出るまでは禁飲食で、という指示は変わらなかったのですが、

「口を湿らす程度なら良いでしょう」と新たな指示をもらうことができました。

 

ホセは満足そうな表情をしていました。

受け身であることが多かったホセでしたが、自ら医師に打診していた姿には成長を感じることができた瞬間でした。

 

 

お互いに良い影響を与え合うパートナーとして

彼らはスタッフとして、日々健闘しています。

何よりも、少しずつ成長している姿を見ているととてもうれしく思います。

ホームシックに苛まれたりと、つらいことも多々ある中で頑張っている姿を見ることは私たちの励みになります。

 

うまくいかないと「もう辞めたい」と言ったりすることは今でも変わりませんが、何とか彼らが頑張れるように、私たち周囲のスタッフもできるケアをしていくまでです。

 

そして今年(2018年)の夏、新しいEPA看護師が数名入職してきます。

マリアとホセが先輩になることによって、さらなる成長がみられることが今から楽しみです。

 

 

フィリピンとのEPA(経済連携協定)開始から10年という節目に

フィリピンとのEPA(経済連携協定)が開始され、今年(2018年)で10年という区切りを迎えます。

まだまだ私たちも手探りで協働を進めており、EPA看護師と共に頑張っている途中です。

 

お国柄の違いや文化・宗教的な違い、言葉の壁や時間感覚の違い、そして周りの偏見など簡単には超えられない問題が山積みです。

 

こういった現状を多くの人に知ってもらうためには、現場の看護師が声を上げていくしかないと思います。

 

この連載は、今回で最終回になります。

今まで外国人看護師に関して知らなかったという方、今現在、外国人看護師と共に働いている仲間、そしてこれから働くことになるかもしれない方々に今回の連載が少しでもお役に立てば幸いです。

 

(参考)

インドネシア、フィリピン及びベトナムからの外国人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて(厚生労働省)

公益社団法人 国際厚生事業団

 


【ライター】小林 ゆう(看護師)

関東在住。総合病院で勤務する傍ら、看護師ライターとして執筆活動をしている。子育てに奮闘しながらも趣味のライブやダイビングに熱を注ぐ40代。

 

【イラスト】明(みん)

看護師・漫画家。沖縄県出身。大学卒業後、看護師の仕事の傍らマンガを描き始める。異世界の医療をファンタジックに描いたマンガ『LICHT-リヒト』1~3巻(小学館クリエイティブ)が好評発売中。趣味は合気道。

 

この連載

  • 【最終回】良い影響を与え合うパートナーとして [06/06up]

    私が勤務している病院では、2010年よりEPA外国人看護師の受け入れを開始し、2018年5月現在、8名のEPA外国人看護師が働いています。   この連載では、私がEPA外国人看護師と協働して感じたことやそのエピソードをお...

  • EPA外国人看護師を受け入れているのは悪い職場?良い職場? [05/16up]

    私が勤務している病院では、2010年よりEPA外国人看護師の受け入れを開始し、2018年5月現在、8名のEPA外国人看護師が働いています。   この連載では、私がEPA外国人看護師と協働して感じたことやそのエピソードをお... [ 記事を読む ]

  • 【8】時間にルーズなのはどっち? [05/10up]

    私が勤務している病院では、2010年よりEPA外国人看護師の受け入れを開始し、2018年5月現在、8名のEPA外国人看護師が働いています。   この連載では、私がEPA外国人看護師と協働して感じたことやそのエピソードをお... [ 記事を読む ]

  • 【7】「百聞は“一験”に如かず」 [05/03up]

    私が勤務している病院では、2010年よりEPA外国人看護師の受け入れを開始し、2018年4月現在、8名のEPA外国人看護師が働いています。   この連載では、私がEPA外国人看護師と協働して感じたことやそのエピソ... [ 記事を読む ]

  • 【6】「人員増」だけではない。EPA外国人看護師がもたらす恩恵 [09/29up]

    EPA外国人看護師が職場にもたらしてくれる恩恵は「人員増」だけではありません。 2017年10月現在、8人のEPA外国人看護師と協働している病院から、彼らがもたらしてくれる恩恵をお伝えします。 【文:小林ゆう(看護師)】... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

気管挿管

挿管介助の方法を詳しく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
965
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
689
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
645
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
693
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
605
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者198

小児救急医療におけるトリアージについて、PAT(Pediatric Assessment Triangle)での評価と、母親からの問診の結果、以下のうち、対応の優先順位が一番高いと思われる児はどれでしょうか?

  • 1.生後2週間の男児。嘔吐はあるが機嫌よく過ごしている。呼吸数32回/分、排尿あり。
  • 2.3日前より発熱がある1カ月の男児。体温38.5℃、母親の声掛けに反応あり。
  • 3.生後2週間の女児。おくるみに包まれているが、顔面蒼白、母親の声掛けに反応あり。
  • 4.生後3週間の女児。腹部膨満軽度、繰り返す嘔吐、排ガス頻回あり。開眼はしっかりと行えており、声掛けに反応あり。
今日のクイズに挑戦!