1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師は気づいていた!?医師の違いで医療費は大きく異なる

2017年12月12日

看護師は気づいていた!?医師の違いで医療費は大きく異なる

「同じ疾患に対する治療において、請求される医療費は病院の違いよりも、医師の違いによるものが大きい」という研究結果が明らかになりました。

米国ハーバード大学の研究チームが今年(2017年)発表したものです。

看護師として臨床にいると、納得する部分も多いのではないでしょうか?

 

 

病院の違いによるばらつきは6.2%、医師の違いによるばらつきは10.5%

この研究では、米国の病院(約3,000)を対象に約80万の入院データが解析に用いられました。

そして、入院医療費のばらつきについて、「患者要因」「医師要因」「病院要因」のそれぞれで説明できる割合を計算しています。

 

その結果、病院の違いによるばらつきが6.2%であったのに対し、(同じ病院内の)医師の違いによるばらつきが10.5%と高いことがわかりました。

 

 

医療費が高くても良質な治療とはかぎらない

また、同研究では「医療費の違い」と「再入院率・死亡率」とは関係がないことも明らかになりました。

 

つまり、「医療費が高い=良質な治療を受けることができる(再入院しない・死亡しない)」というわけではないということです。

 

 

一度は会ったことのある「“やさしい”医師」「“心配性な”医師」

それでは、なぜ医師の違いで医療費が高くなるのでしょう?

察しの良い看護師なら、もうお気づきかもしれません。

 

看護師として臨床にいると、こんな医師を見かけたことはありませんか?

やさしい対応が評判の医師で、患者さんから「あの薬を飲んでいると調子がいいから、出してください」とお願いされると、問題点を確認せずに処方する医師。

 

「その検査、必要かな?」と思うような場面で検査をオーダーする心配性な医師。

 

このような場面に遭遇したことのある看護師であれば、医師の違いで医療費が変わることは想像に難くないと思います。

 

このような過剰診療については、患者さんの医療費の支払いが高くなるだけでなく、国に対しても経済的な負担を強いることになるのです。

 

 

高額な医療費をとっている医師は悪い医師?

このような研究がもし日本で行われ、医師同士で明らかに医療費に違いがあることが分かったとしたら、あまり考えずに「高額な医療費をとっている医師は悪い医師だ」と、レッテルを貼る人もいるでしょう。

 

しかし、患者さんのためを思っているからこそ希望に沿いたいと思ったり、慎重にさまざまな検査をする医師の気持ちは、共感できるところもあるのではないでしょうか。

 

「医療の質を保ち、患者の健康を守りながら医療費を抑えるためには何が必要なのか?」を考え続けることが必要になりそうです。

この研究結果について、あなたはどう思いますか?

【看護roo!編集部】

(参考)

Yusuke Tsugawa, et al:Variation in Physician Spending and Association With Patient Outcomes.JAMA Intern Med. 2017;177(5):675-682. 

どの医師に診てもらうかで、かかる医療費が大きく異なることが最新の研究で明らかに(津川友介)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2017年12月14日 23時55分

医師により医療費違いますね。私は難病ですが、どう計算しても公費内に納まらず、自分で計算すると担当医師は公費外で薬の処方をしてました。毎回間違えるので毎回訂正してもらってます。

関連記事

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
854
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
782
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
768
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
709
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
566
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
451
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
565
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4142

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!