1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. タンザニアの妊産婦を救いたい!国際医療の現場に生きる助産師・マガフ範子さん【3】

2013年10月04日

タンザニアの妊産婦を救いたい!国際医療の現場に生きる助産師・マガフ範子さん【3】

前回まで

助産師として、アフリカ大陸の国、タンザニアの十分な医療が行き渡らない地域・タボラのイプリ保健センターに派遣されたマガフ範子(なおこ)さん。

「1,000人のうち5~6人の妊婦さんが亡くなる」タンザニアにおいて、妊産婦死亡を防ぐため、約3年間の任期の間、保健センターや集落で妊婦健診や産後ケアなどの母子保健活動を行いました。

 

保健センターでの妊婦健診や各施設を訪問しながら、タンザニアの妊婦さんの実際の生活に触れていくマガフさん。その中で、多くの妊婦さんが抱えている鉄分不足がとても深刻なことに気づきます。

【第2回】妊産婦死亡阻止ための2つの活動

 

第3回:野菜作りで妊婦さんの鉄分補給!?

 

鉄分を補う野菜づくり「キッチンガーデン」

マガフさんの宿舎の自家菜園

 

タンザニアの妊婦さんの鉄分不足は深刻で、日本の基準であれば、すぐに鉄剤を内服してもらわなければならない程の貧血症状でした。

 

「タンザニア政府が鉄剤を無料配布していたのですが、タボラまでは届いていない状況で。でも、嘆いても政府から物資がまわってくるわけではなくて・・・ならば今、現状でもできること、つまり、村にある物での栄養改善・貧血改善が必要だと感じました」

 

そこで行ったのが、「キッチンガーデン」と呼ばれる活動。一体、どういったものなのでしょうか。

 

「妊婦健診に来てくれた妊婦さんに、『ムチチャ』と呼ばれる、鉄分を多く含んだ野菜の種を渡したんです。各家庭で育てて、そして食べてもらうことを目指しました」

 

「ムチチャ」は、土に埋めてから2週間で実をつける野菜。ムチチャを選んだ理由は、その育てやすさにありました。

 

「鉄剤が政府から配布されてない以上、継続的に野菜で鉄分を補う必要があったのですが、野菜を育てることが負担になると、結局育ててもらえません。だから、畑も、家の庭に作ってもらって、水も、貴重な雨季に貯めたものではなく、生活排水でも十分に育つことを伝えました。その上で、野菜作りを楽しんでもらえるように、訪問の度にしっかりと話を聞いて、モチベーションを保ってもらえるようにしました」

 

また、タボラには元々、野菜を食べる習慣がありませんでした。どうやったら食べてもらえるか・・・よりよい方法を探すために、実際に妊婦さんの自宅に伺い、話を聞いたり、キッチンを見せてもらうなど、何度もリサーチを重ねたマガフさん。その結果、育てた野菜は油炒めにして食べてもらうように提案することにしました。

 

「村の人々の食生活を変えることは難しいので、だんだんと野菜を食べてもらえるようになったり、『種をください!』と言ってくれる妊婦さんが増えてきたのは嬉しかったですね」

 

タンザニアの教会の神父やシスターの食事

 

他にも、こんな変化が。最初はマガフさんだけが教えていた野菜作りでしたが、時間が経つにつれ、村の人々の中にも野菜作りが得意な人が現れるようになり、自主的に野菜作りをほかの村の人々に伝えていく自然な流れができてきたそう。

 

「『これは将来の子どものためになる』と言って、野菜作りに取り組んでくれた人もいました。

もちろん、ここの野菜だけで不足している鉄分が補えるわけではありませんが、持続可能な活動が広がっていくことは嬉しかったです。私たちのような海外派遣ナースがその土地を去った後にも、野菜を食べる習慣が続いていくことが大切なので」

 

【第4回に続く】活動中の給料や休日、今後の目標

 

【看護roo!編集部】


【目次】

(1)妊産婦を救えない厳しい現実

(2)妊産婦死亡阻止ための2つの活動

(3)野菜作りで妊婦さんの鉄分補給!?

(4)活動中の給料や休日、今後の目標

 

【マガフ範子(なおこ)さん】

助産師。大学卒業後、3年半の病院での臨床経験、さらに大学院での2年間を経て、JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)に入職。2007年9月から海外派遣ナースとして、アフリカ大陸にある、タンザニア・タボラ州にあるイプリ保健センターに赴任。妊産婦死亡率を下げるために、妊産婦への検診活動や産褥ケアなどの母子保健活動を行った。約3年間の任期を終え、2010年11月に帰国し、JOCSを退職。その後結婚をし、現在はボツアナ共和国在住で、2児の母。

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(20)

20匿名2014年07月20日 01時27分

尊敬します

19匿名2014年07月20日 01時25分

おいしそう

18匿名2014年04月01日 08時20分

クチコミが広がるのは嬉しいてすね

17匿名2014年01月04日 23時51分

行動力と思考力、尊敬します

16匿名2013年12月15日 00時19分

尊敬します。

15匿名2013年12月14日 13時50分

帰ったあとにも、現地の方ができることを考える。なるほどです!

14匿名2013年10月18日 12時05分

すごい

13匿名2013年10月08日 18時19分

凄い

12えり2013年10月07日 12時00分

アイディアがすごいいいですね!

11のろみ2013年10月07日 11時37分

すばらしい志に。尊敬します。

10匿名2013年10月06日 22時42分

野菜が妊婦さんを助ける。ってスゴいですね。

9匿名2013年10月06日 14時09分

カッコ良すぎ

8匿名2013年10月06日 13時30分

素敵すぎる。
自分も頑張らなきゃ

7匿名2013年10月06日 02時36分

すごいよなぁ、尊敬する

6匿名2013年10月05日 22時27分

本当に素敵ですね。自分にはできなけれど、
憧れます。

5匿名ありですか?2013年10月05日 21時51分

応援したい活動です。安心して赤ちゃんいっぱい産んでもらいたい!

4匿名2013年10月04日 22時59分

頑張ってください。

3匿名2013年10月04日 17時25分

こういう志の高い人の活動をみてがんばろうと思えます

2匿名2013年10月04日 13時23分

これからも頑張って下さい。

1匿名2013年10月04日 09時36分

すごいです

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1298
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1292
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1221
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1103
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
956
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
896
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
110
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者581

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!