1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 『第18回日本糖尿病教育・看護学会学術集会』に行ってきた

2013年09月28日

『第18回日本糖尿病教育・看護学会学術集会』に行ってきた

どうも、かんごるーです。

 

気づけば9月も下旬。

だんだんと過ごしやすい、秋らしい気候になってきましたね。

秋は、食欲の秋、運動の秋、などとも言いますが、看護系の学会が多く開催される季節でもあるんです。

 

と、いうわけで。

9月22日~23日に、パシフィコ横浜で開催された、『第18回 日本糖尿病教育・看護学会学術集会』に行ってきました。

 

やってきました、横浜・みなとみらい。

 

ここ、パシフィコ横浜に、全国から糖尿病認定看護師や糖尿病ケアに関わる看護師、訪問看護師など、3,000名近くの看護師が集結していたそう。す、すごい人数です。

 

どんなことが話題になっていたの?

今回の学会では、「災害時の糖尿病看護について」や「フットケアの現状と課題」など、2日間で170以上の発表がありました。

 

発表は、大ホールで1,000人単位で聴講するものから、数人でのグループディスカッションまで、様々なスタイルで行われていました。

 

ところで、学会には毎回、核となるテーマが定められています。

18回目にあたる今回のテーマは、「次世代社会に向けた糖尿病看護」

 

本年度会長の照沼則子氏(順天堂大学医学部付属順天堂病院 看護部長)は、会長講演において、糖尿病看護のあり方や、看護師の役割を、次のように提示しました。

 

「15年後に日本は、次世代社会、つまり超高齢化社会を迎えます。それにより、糖尿病患者の増加も予想されますが、とは言え、単純に糖尿病ケアに関わる看護師を増やすことは現実的に難しいでしょう。

 

そこで今後は、今以上に、医師・コメディカルを巻き込んだ他職種との連携を強化する必要があります。その中で看護師は、チーム医療のコーディネーターの役割を担うことが求められると思います」

 

学会ならでは! 在宅・病棟看護師の交流

学会では、発表だけでなく「交流集会」も行われています。

 

テーマは「糖尿病患者の支援」について。

参加していたのは、訪問など在宅看護を行う看護師と、病棟で勤務する看護師。

お互い忙しく、普段はなかなか同じテーブルを囲む機会はありませんが、グループディスカッションを通じて、それぞれの立場が抱える問題点を共有し、よい支援のための情報を交換していました。

 

ディスカッションの中で、問題として多くの声が上がっていたのが、「病棟からの患者さんへのサマリーが、ケアマネージャーには共有されるが、訪問看護師にまで降りてこない」などの、情報共有に関する問題。

 

糖尿病患者は、退院後も引き続き看護を必要とするケースが多く、在宅看護のニーズが多い疾患です。

 

そのため、退院する際に詳細な情報交換や引き継ぎを行えることが、看護の質の向上のための重要な鍵となるそう。

 

ディスカッションが進んでいくにつれて、会場は参加者同士が自然と質問を行い合う雰囲気に。

 

このような交流が、よい看護を生み出していくきっかけになっていくんですね。

 

学会に出張本屋さん!? 担当者に売れ筋TOP5を聞いてみた

学会の会場には、参加する看護師に向けたブースが設置されます。

最新医療機器を紹介するブースや、開催地のお土産を販売するブースまで、バラエティに富んでいます。

 

多くのブースの中で、一際目を引くのが、複数の書店により展開されている「書籍販売ブース」。

 

その学会に関連する書籍や、現在売れ筋の看護書などがずらっと揃っており、すべて手にとってじっくりと読み比べをすることができます。

 

今回は、「紀伊國屋書店」と、医学専門書店の「志学書店」の担当者に、売れ筋TOP5を教えてもらっちゃいました。

「糖尿病」について詳しくなりたい方、ぜひご参考あれ。

 

 

■第5位 『糖尿病看護フットケア技術 第3版

一般社団法人 日本糖尿病教育・看護学会編/日本看護協会出版会

糖尿病ケアには欠かせないフットケアについてわかりやすくまとめられた入門的1冊。

 

■第4位 『糖尿病ケア2013年10月号

メディカ出版

雑誌なので、書籍よりもさらっと読めます。学会中に購入しても、カバンがかさばらないことも○

 

■第3位 『健診・健康管理専門職のための新セミナー生活習慣病

田中逸著/日本医事新報社

糖尿病の大きな原因となる生活習慣病を、医療スタッフ向けに編集した実践的な1冊です。

 

■第2位 『糖尿病療養指導ガイドブック2013

一般社団法人日本糖尿病療養指導士認定機構編著/メディカルレビュー社

最新の糖尿病療養指導のエッセンスがまとまっており、糖尿病療養指導士を目指す方にぴったり。

 

■第1位  『糖尿病患者のための注射手技マニュアル―スタッフのよりよい指導を目指して

朝倉俊成・木下久美子・清水一紀・柳澤克之・和田幹子編著/南江堂

2013年7月発売の新刊。糖尿病の最新注射手技をビジュアルでわかりやすく解説してあります。

 

学会に参加した際は、ぜひ、出張本屋さんで足を止めてみてください。

(タイトルから飛べるリンク先でも、本を買うことができますよ)

 

取材後記

まだまだ学会の秋は、はじまったばかり。

かんごるーさん、気になる学会には、どんどん参加してみようと思っている模様。

今後も、かんごるーさんの学会レポートに、ゆるっとご期待ください。

 

【看護roo!編集部】

 


【かんごるーさん、学会へ行く】

『第18回日本糖尿病看護・看護学会学術集会』に行ってきた

『第54回日本母性衛生学会総会・学術集会』に行ってきた

『第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会』に行ってきた

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(25)

25匿名2014年07月20日 01時59分

フットケア勉強したいです

24匿名2014年01月04日 23時43分

患者さんへの指導もフットケアも、しっかり勉強したいです

23匿名2013年10月08日 16時07分

フットケア勉強しよう

22匿名2013年10月07日 11時50分

行きたい。近くでやってくれないかなあ?

21匿名2013年10月03日 20時36分

隠れ糖尿病かも知れない・・・甘いもの止められない

20匿名2013年10月03日 01時53分

いきたかったー( >_<)

19匿名2013年10月01日 14時36分

本ほしいかも。役に立ちそう。

18匿名希望2013年10月01日 12時39分

DMの学会、近くであれば、是非いきたい~(*´∀`)〓

17匿名2013年09月30日 09時04分

日々勉強ですね。

16匿名2013年09月29日 21時36分

勉強会・・・

15匿名2013年09月29日 20時56分

遠すぎていけない。近場なら行くのに

14sakurako2013年09月29日 19時33分

渋谷や新宿、池袋などでも開いて欲しいです。行きたいですがチョット遠すぎました。

13石川2013年09月29日 14時03分

すごいな

12えみ2013年09月29日 14時01分

こういう感じなんですね

11匿名2013年09月29日 10時33分

本の紹介がありよい企画です。
どの医学書買おうか迷いますから。しかも高いので。

10匿名2013年09月29日 08時55分

こういう学会、近くでもやってほしいです。

9匿名2013年09月29日 07時07分

最近行ってない

8りり2013年09月28日 23時56分

本があんなに売ってるとは知らなかった

7匿名2013年09月28日 22時45分

興味があるやつなら行ってみたい。DMいってみたいなー。

6といけ2013年09月28日 22時21分

学会行ったことないから参考になりました

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1332
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1256
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1153
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1167
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
894
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
624
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1060

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!