1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. 私のトンちゃん~ストーマケアをめぐる愛の物語|マンガ・ぴんとこなーす【80】

2017年10月28日

私のトンちゃん~ストーマケアをめぐる愛の物語|マンガ・ぴんとこなーす【80】

ストーマは患者さんのライフスタイルを大きく変えるもの。
だからこそ、ナスさんにはこだわりがあるのです。
 

タイトル:私のトンちゃん~ストーマケアをめぐる愛の物語

「トンちゃん家ではとってもいい子だったわよ。外来のモトヤマさんもトンちゃんのことうんとほめてくださって…」と話し始める患者さん・Mさん。そして、「最初は大変でしたよね。今はもうすっかり慣れてMさんの方が詳しいと思います。」と応えるナスさん。Mさんは、「今はもうなんだか可愛くて可愛くて…私のトンちゃん…」と言っています。2人が話している”トンちゃん”とは、実はストーマのこと。ストーマに名前をつける方は結構います。

 

Mさんは五十代女性。交通外傷による腸管損傷に対して、半年程前に人工肛門の造設手術を行いました。半年前……Mさんのオペ入室まで20分しか時間がなく、「サイトマーキング舐めてんのか!」と声を荒げるナスさんと、「いや緊急だから救命優先でしょ。」と言うワカさん。Mさんの元へ向かいます。サイトマーキングとは、お腹のどこにストーマ(人工肛門)を造るか決める作業のことです。本来、ストーマ造設の際には、患者さんの趣味や仕事、普段の服装に至るまで情報収集を行い、様々な体位で腹壁の変化を観察します。それは、ストーマが患者さんの生活に深く関わるから。だからこそ、ケアを行う病棟の看護師がマーキングを行います。

 

ですが、緊急手術の場合、十分な説明や体位の変化による観察が行えないことが多いので、まずは患者さんやご家族にストーマに対する理解を頂くことが、術後の受け入れのためにも重要になってきます。ナスさんとワカさんが、Mさんとご主人に人工肛門について説明をはじめると、「先生からお話は伺ったんですが、急なことで動転していてあまり理解できていなくて…人工肛門って機械をつけるんですよね…」」と不安そうなMさんのご主人。「

 

人工肛門という言葉から、『ウィーン、ガシャーン』とメカニックな音がする感じの装置を想像する方が多いが、違うのだとご主人に説明するワカさん。人工肛門(ストーマ)は、ご本人の腸を使って造りるもので、ざっくりと言えば腸を直接お腹に出してしまいます。今回Mさんは、腸が破けてしまった場所に、腸が治るまで便を通したくないのでストーマを造り、ストーマから便を出すようになります。お腹に出したストーマは触っても痛くありません。術後はしっかりと洗って清潔を保つことが大切になります。ストーマをあげる場所は、医師からは右上優先と言われていますが、お腹の様子や手術の具合によって変更になる可能性があります。…と話し、ストーマの模擬品をご主人に触ってみてもらいます。

 

ストーマの模擬品を触って「あ…ぷにぷにしてる」と言うMさんのご主人。ワカさんは、ストーマは機械じゃないんですと説明を続けます。一方、「痛みはだいじょうぶですか?」とMさんに話しかけるナスさん。Mさんは、お腹から便が出るようになるってことですよね…と不安な様子です。ナスさんは、「大丈夫ですよー」とMさんに説明します。お尻にある肛門は便を我慢していきんで出すことができますが、ストーマはそれができず、便が流れてくると出てしまいます。そこで…

 

ナスさんが出したのは、ストーマ用装具。お腹に貼って、袋で便を受け止めてくれます。Mさんが今まで排便の後にしていた「便をした後におしりを拭く」作業の代わりに「ストーマ用装具の袋から便を出して捨てる」という作業をしてもらうようになります。自宅のトイレでも出来る作業なので安心してくださいね。とナスさん。

 

「…漏れたり匂いが出たりはしないんですか?」と質問するMさん。ナスさんが、そこが私達の腕の見せ所です。沢山の製品の中からMさんのお腹に合ったものをしっかりと選ばせてもらいます。と答えると、Mさんの目に涙が。Mさんは、急にこんなことになって、人工肛門なんて想像したこともなくて、今までの生活全部失うと思って怖かった。でも、なんとかなりそうだと思ったら少し安心して…と語り、「すみません…よろしくお願いします」と言います。

 

「…大丈夫ですよ。うちの病院の医師は腕がいいので、手術は安心して受けてください。急に言われて怖かったですよね。説明が充分に伝わらないことがあったら、なんでも聞いてくださいね。装具の張り替えはご主人の協力も必要になるので一緒に頑張りましょう」とMさんに語りかけたナスさん。ワカさんとマーキングの確認をします。右上優先、という話になったところで執刀医の先生がやってきます。

 

執刀医の先生に、マーキング位置は右上と確認。これから手術室へ行くMさんに、ナスさんは、かけ足の説明で申し訳ありませんでした。分からないことはなんでも聞いてください。足りない分は術後一緒に頑張りましょう。と声をかけます。「病棟でお待ちしていますね」とMさんを送るナスさん。

 

Mさんは手術室へ。ワカさんが「旦那さんが理解良さそうで良かったわね」と言い、ナスさんも「ほんとに術後はスムーズにいかせてあげなきゃ」と話します。そして、「いやーあとは任せてくださいよ」という執刀医の先生に、ワカさんが『ぐるんっ』と振り向いて…「いいストーマあげてこなかったら呪ってやる…」と発言。目が怖いです。執刀医の先生は、呪われるのかぁ…頑張るけどさぁ…と、プレッシャーを受けつつ手術に向かいます。---ストーマ、それは患者さんのライフスタイルが大きく変わる症例の一つ。だからこそナースの力が必要なのです。

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(13)

13匿名2017年11月03日 13時49分

いいストーマあげてこなかったら、呪ってやる

笑った。うん、そう、まじで!!

12かお2017年11月02日 22時45分

ナスさんはさらっとマーキングしてるけど誰でもできることじゃない。ストーマサイトマーキングまで出来るナスさん万能だなぁ

112017年10月30日 23時45分

ストーマってシリコンとかの人工物を蓋にして
作るものだと思ってました。
昔みた漫画でも、作った後の
ケアの話しか出てなかったし……。
自分の腸でつくるんですねー。

10むむ2017年10月29日 09時02分

なかなかストマ増設時に関わる機会がないので、今回のお話大変、興味深かったです!いつもありがとうごさいます

92017年10月29日 01時15分

なすさんみたいに親身になって説明してくれる看護師さんがいたら、本当に心強いだろうなあと感じます!看護師さんってすごい!

8看護roo!編集部2017年10月28日 22時54分

蘭さま、れべっかさま
81話の更新についてご迷惑をおかけして申し訳ございません。
おっしゃる通り、来週更新予定でありまとめページの表記に誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。

7れべっか2017年10月28日 13時35分

私も81話見れないです…『お探しのページが見つかりません。URLが間違っている、もしくは削除された可能性があります。』と表示されます。
もしかして81話は来週更新予定だったのかしら?

6あおいはっぱ2017年10月28日 12時57分

長編嬉しいです!私は人工肛門増設した方々しか見たことないので、勉強になりました。
後、81話が見れないのですが...どうやったらみる事ができますか?

5匿名2017年10月28日 11時43分

マーキングって病棟ナースなんだ!!無理な場所の指定はドクターで、決定はナース、ってなるのすごい腑に落ちた。
長編1つの週も嬉しいですよ〜!!

4みすず2017年10月28日 11時39分

ますます、ストマーケアの大切さ学べました。これからも、気持ちの良いケアを実施します。ありがとう??

3どんぐり2017年10月28日 09時04分

今日は長編だから一話じゃないかな。むしろ長編はボーナスだと思われ。

22017年10月28日 08時19分

ストーマの位置は医師が決めるもんだと思ってた…。
外科は経験ないから勉強になりました(^^)

ところで次のお話が読めないのは何故だろう…

1匿名2017年10月28日 07時52分

話が長過ぎ…文字小さいし…

関連記事

いちおし記事

全国初!「訪問看護師コース」が大学に誕生

新連載・ナースのためのニュース解説!おさえておきたい話題をわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
1216
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1134
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
996
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
997
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1045
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
904
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
793
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
94
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者604

風疹の予防接種に関する説明のうち、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.現在、風疹ワクチンの定期接種は、生後12~90カ月未満の小児が1度受けることとなっている。
  • 2.成人男性であれば風疹の予防接種は必要ない。
  • 3.妊婦は風疹の予防接種を受けることができない。
  • 4.麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンは、いかなる場合でも同時に接種することはできない。
今日のクイズに挑戦!