1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師の本音アンケート>
  4. 看護師のお給料。不満のトップは「残業代がつかない」こと

2017年10月12日

看護師のお給料。不満のトップは「残業代がつかない」こと

仕事をするうえで大事なポイントといえば、お給料。

看護師として毎日ストレスにさらされ、体を酷使して頑張ってるんだから給料くらいは満足いくものにしたい!と思っている人が多いはず。

でも、現実はそうもいかないようです…。

看護師のお給料に対する不満を看護roo!のアンケート結果からランキング形式で紹介します。

【ライター:ますだかおる(看護師)】

 

お給料に対して、何を不満に思う?

アンケート結果1~4位の棒グラフ。1位:残業代がつかない、2位:勤続しても給料があがらない、3位:休日に勤務してもインセンティブがつかない、4位:夜勤があるのに会社員の友だちより少ない。

アンケート「お給料に対して、何を不満に思う?

 

1位 残業代がつかない

真っ黒い病院を見て、「あれ?ウチの病院ってあんなに黒かったかな?」と思う看護師の画像。『サービス残業』の矢印がグサグサ刺さり、疲れきった様子。

 

  • 情報収集も立派な仕事なので勤務時間に入れてほしい。(ゆきさん)
  • 一月に、◯十時間も残業していても、サービス残業と言われたことが辛かった。(北国のナスさん)
  • 勤務前の情報収集も仕事だと思う。毎日30分は早く行くのが当たり前になっている。(たんぽぽさん)
  • 前残ありきがおかしい。皆声をあげよう(うんちゃんさん)
  • 始業前30分前から仕事しても仕事が終らず、残業してもほとんど残業がつけられず、サービス残業。(はなさん)
  • 勤務開始と同時に行動開始。前残業を前提とした業務を作成してる。そして、前残業代は決して払われない。(ツノメガワさん)
  • 絶対に残業しなければこなせない仕事量で毎日、3〜4時間残業してつけれないのは悲しい(ますさん)

 

残業の中でも、「前残業」に対する不満が大きいようです。

出勤してから、着替えや準備、受け持ち患者の情報をとるのに30分~40分はかかるのではないでしょうか。

前残業も勤務とみなす動きが広まっていますが、まだ十分とはいえません。

(参考:前残業や研修会も「勤務時間」とみなすガイドラインが発表に

 

「後残業」の負担も決して軽くなく、看護記録やサマリーの記載、書類の提出などで残ることも多いでしょう。

 

私が経験した中では、残業代は1時間1,500円くらいが相場でした。

その金額で計算すると、毎回2時間の残業を月に15日行った場合、45,000円の支払いになります。

この金額、もらえるともらえないでは大きな違いになります。

 

 

2位 勤続しても給料が上がらない

一般企業の会社員と看護師の昇給イメージ画像。5000円ずつステップアップする一般企業に対し、看護師の上がり幅は1000円ずつ。「何なのこの差!」と怒る看護師。

 

  • 基本給上がらなすぎ(あさん)

看護師の昇給額が他職種と比べて低いことは、かねてから指摘されていました。

(参考:新卒時トップの看護師の給料が、他の医療職に追い抜かれるワケとは?

 

看護師の昇給の幅は狭く、少ない場合には1,000円という病院も経験したことがあります。

 

一般企業でいうところの係長や課長、部長などの役職が少ないことも、昇給額が増えていかない原因だそうです。

 

それにしても、昇給額1,000円(1年ごと)の場合であれば、たとえ10年勤続していてもプラス1万円にしかならないということ。

 

病院によっては、勤続による昇給額が多い場合もあるので、就職や転職の際には要チェックです。

 

 

3位 休日に勤務してもインセンティブがつかない

正月に出勤し、ポチ袋に入った手当をもらう看護師の画像。中身は500円で呆然。

 

一般企業ならば、土日出勤の場合には振替休日があったり、休日手当がついたりする場合が多いと思います。

 

看護師の職場でそのようなインセンティブがつくところはあるのでしょうか…?

 

大規模病院の場合には、制度があるのかもしれませんが、私が今まで経験した中では存在しませんでした。

 

大晦日やお正月に出勤した場合のインセンティブも、決して多いとはいえない印象でした。

もし、手当てが充実するならば、勤務に立候補する人が出てくる可能性もあると思います。

そのように看護師のモチベーションを高める制度になることを願います。

 

 

4位 夜勤があるのに会社員の友だちより少ない

会社員の友だちが、ウチの会社は手取りがたったの30万だと愚痴を言うのを聞いて驚く看護師の画像。「夜勤している私より高いじゃん!と」衝撃を受けている。

 

  • 重い責任と肉体労働に見合う給料ではない。(mimi3さん)
  • こなしている仕事量にたいして給料が見合ってない(みんみんさん)

夜勤をしたり、土日などの休日も働いているのに、給料が友だちより低いと知ったときは本当にショックでした。

 

20代前半の若い頃はあまり気にならないかもしれませんが、看護師は昇給額が少ないので、30代になると会社勤めしている友達の方が年収が高いことが増えてきます。

 

それぞれの仕事において、大変さには違いがあると思いますが、それでも看護師の過酷な仕事に関しての給与にしては、安すぎると大勢の人が感じているようです。

***

 

看護師のお給料に関する一番の不満は、「残業代がつかないこと」でした。

看護助手を増やして看護師の負担を減らしたり、申し送りの時間を減らすなど、業務改善を積極的に行っているところもあると聞きます。

 

それでも、まずは現状に対して看護師の納得いく対価が支払われることが望まれます。

【イラスト:オゼキイサム(HP)】

この連載

  • 看護師のお給料。不満のトップは「残業代がつかない」こと [10/12up]

    仕事をするうえで大事なポイントといえば、お給料。 看護師として毎日ストレスにさらされ、体を酷使して頑張ってるんだから給料くらいは満足いくものにしたい!と思っている人が多いはず。 でも、現実はそうもいかないようです…。 ...

  • 看護師のダイエット「糖質制限」は人気がないワケ [10/06up]

    看護師に人気のダイエット、巷で人気の「炭水化物抜き」は5位。1位は「有酸素運動」という結果に。 その理由を読み解いていきます。 【ライター:ますだかおる(看護師)】 チャレンジしたことある「ダイエット」は? ... [ 記事を読む ]

  • 看護師が「これが欲しい」と切実に願う“力”とは?|看護師の本音アンケート [08/30up]

    ドラマやアニメをみていると「私にもこんな力があったらな~」と、ふと思うことがある。 では、「看護師として働くうえで切実に欲しい!」と願う力はどのようなものだろうか?   看護roo!の「これが欲しい!」と切実に思う... [ 記事を読む ]

  • 看護師のイメージ「給料が良い」は実際と違う|看護師の本音アンケート [08/24up]

    「白衣の天使」に代表される看護師のイメージ。 実際はどうなのだろうか? 看護roo!の「よく言われるけど実際とは違うナースのイメージは?」というアンケートから、看護師のリアルが見えてきた。   アンケートの結... [ 記事を読む ]

  • 【2】新人看護師、一番ツラいのは「知識が足りないこと」 [08/10up]

    「看護師1年目」は誰もが通った道。 中堅・ベテラン看護師の人たちも、1年目はつらかっただろうし、印象に残る出来事も多いだろう。 今回は、看護roo!の「1年目、何がツラい?」というアンケートを紹介。 今まさに新人看... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

1年ぶりの育休復帰は問題山積み!

同僚は歓迎ムードでも、師長の反応は厳しく…。 [ 記事を読む ]

国立感染症研究所が広域で麻しん患者発生の注意喚起を発表しました。

きちんと麻しん患者さんの対応法を知っておきましょう。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ドラマの決めゼリフ、言ってみたいのはどれ?

投票数:
725
実施期間:
2017年09月26日 2017年10月17日

仕事での調べ物、何が一番多い?

投票数:
774
実施期間:
2017年09月29日 2017年10月20日

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
567
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
655
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
430
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
122
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1979

78歳女性、頭痛を訴えて来院しました。急激な頭痛で、前頭部の痛みと嘔気があります。バイタルサインは血圧190/110mmHg、脈拍80回/分、体温36.2℃、SpO298%、呼吸回数25回/分です。あなたはどのような疾患を考えて、どのように対応しますか?以下の中から、対応に誤りのあるものを選んでください。

  • 1.脳血管障害を考えて、すぐに医師に頭部CT検査を行うかを確認し、降圧薬の指示をもらう。
  • 2.急性緑内障発作を考えて、散瞳の有無を確認する。
  • 3.急性副鼻腔炎を考えて、鼻汁・鼻閉の有無を確認する。
  • 4.帯状疱疹を考えて、周りの患者さんに感染させないように、人目につかない個室へ案内する。
今日のクイズに挑戦!