1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道>
  4. 叱らない理由・叱れない理由|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【37】

2017年11月05日

叱らない理由・叱れない理由|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【37】

これまでのお話

後輩を育てるためには、ときには厳しく接することも必要…?

タイトル:叱らない理由。後輩をきびしく叱ることができないみちよ。先輩看護師から、「なんでもっとキツく言わないの?ああいう時はガツンと言わなきゃ。あんたたちだって、怒鳴られて育ってきたでしょ?」と言われます…!!でも…「自分がされてイヤだったことを後輩にしたくない」とみちよは同期にグチります。「だよね…」うんうん、と同期もうなずきます。

 

 

タイトル:叱れない理由。「でもね…私が後輩を叱れない理由って、単なるきれい事かもしれなくて…」と言うみちよ。本当はただ自分に、人を叱れるだけの自信がないだけかもしれない…。叱ることで後輩に嫌われたらどうしようと思っているだけかもしれない…。「私はずるいのかもしれない」悩むみちよと、「気持ちはわかるかもしれない」一緒に悩むみちよの同期。

 


【著者プロフィール】

にわみちよ

埼玉県出身。高校の衛生看護科、看護専攻科を経て20歳で正看護師免許を取得、地元の総合病院に就職する。外科のほかに産科や企業看護師、産後ベビーシッターなども経験。妊産婦新生児向けのリフレクソロジーも行っている。H19年にマンガ家としてデビュー

 

『ナースになったらピュアな心がなくなりました。』 (バンブーエッセイセレクション) 好評発売中!

 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5みみみ2017年11月07日 20時54分

時代は変わるので昔のやり方を続けてる人は成長できない。キツく言ってできるならそれでもいいけど、そうじゃないし。怒らなければ叱るのはいいと思うな

4匿名2017年11月07日 08時43分

人間誰しも失敗から学ぶのにね。何度も同じ失敗するなら厳しくするのも仕方ないと思うけど、基本同じ失敗ってあまりしないし、失敗した本人が1番分かってるだろうし。次はこうしていこう!って声かけてるけどなあ。

3匿名2017年11月06日 01時32分

わかる‥!
自分も4年目でまだまだだしなぁ、そんなに厳しい句調では言いにくいなぁ、、と句調を柔らかく注意していたら同期の様な接し方でこられるようになりました。
注意、育てるって難しいです。

2しゃんさん2017年11月05日 22時12分

まだ4年目ですが、自分達は叱られて怒られて育ったのに、今は優しく怒らず新人を育てなさいと言われるので正直複雑な気持ちです。こんなに優しく注意できません…

1匿名2017年11月05日 10時55分

できた3年目!

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2402
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1224
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1134
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
976
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
888
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
476
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2049

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!